女性活躍サーベイ

CGC改訂後、プライム市場を目指す
上場企業の実態と課題分析

誌面サンプル読めます

コーポレートガバナンス・コード改訂後、
プライム市場の新設で、待ったなし。
「D&I推進」と「情報開示戦略」の策定に必要な情報がここに

 世界の投資家は「女性活躍度」によって投資先企業を選別する時代になっています。日本では、2021年6月のコーポレートガバナンス・コード(CGC)改訂、22年4月のプライム市場新設により、大手企業を中心に女性活躍の本気度が問われています。人材育成を軽んじた結果の女性管理職比率の低さや、数合わせの社外女性取締役の登用など、投資家の厳しいチェックは免れません。

 本書では女性活躍の本質を明らかにし、企業がやるべきことの指針を示します。内容は大きく、(1)2021年企業の女性活用度調査 (2)上場企業全3823社の「女性取締役」人名録 (3)CGC改訂後の女性活躍展望・先進企業の統合報告書戦略事例 (4)キャリア女性の実態調査 の4部で構成。業種別の女性活用の違いや、女性の社内取締役比率の実態をつまびらかにします。一方で、独自調査と先進企業・有識者への徹底取材により、実態・課題をあぶり出し、女性活躍で成果を上げるための具体策を究明します。

 女性活躍でビジネスの成果を上げることは経営の責務です。自社で取り組むダイバーシティ推進の立ち位置を把握し、今後の強化策を練るためにも、本書は経営者・リーダークラス必見の1冊です。

続きを読む閉じる

特長1大手105社・女性活用度調査

2021年「女性活用度調査」参加企業105社の
女性活用の成果と課題が分かる

対社内施策としてだけでなく、企業価値向上策として喫緊の課題となるダイバーシティ推進。
どういった点が対外的に評価されるのか、自社に足りない施策は何か。
独自調査「女性活用度調査」参加企業522社のうち105社を並列比較できるようスコア化し詳解します。

各社の具体的な施策は? ― 4つの指標で偏差値開示

  • ■管理職登用度
    業種別の役職への登用比率、生え抜き比率など
  • ■ワークライフバランス度
    総労働時間と残業時間削減、働き方多様化促進のための施策、男女育休取得率
  • ■女性活躍推進度
    促進組織の有無から取り組み具体策を数値化
  • ■ダイバーシティ推進度
    業種別に正社員の女性比率、勤続年数、LGBT理解促進度

分析例:「2021年 企業の女性活用度調査」
1位 アクセンチュア より

1位から422位まで! 「女性活用度調査」回答企業522社のうち105社を徹底分析

アクセンチュア(1位)/日本IBM(2位)/りそなホールディングス(3位)/アフラック生命保険(4位)/資生堂(5位)/千葉銀行(6位)/花王グループ(7位)/髙島屋(8位)/大和証券グループ(9位)/パソナグループ(10位)/損害保険ジャパン(11位)/第一生命ホールディングス(12位)/東京海上日動火災保険(15位)/JTB(16位)/イオン(17位)/日立製作所(18位)/全日本空輸(19位)/日本生命保険(20位)/ゆうちょ銀行(21位)/三菱UFJ銀行(23位)/三井住友海上火災保険(24位)/アクサ生命保険(25位)/富士フイルムホールディングス(27位)/中外製薬(28位)/ファーストリテイリング(29位)/メットライフ生命保険(31位)/太陽生命保険(32位)/日本航空(33位)/あいおいニッセイ同和損害保険(34位)/シミックホールディングス(35位)/クレディセゾン(37位)/明治安田生命保険(38位)/SMBC日興証券(39位)/ファンケル(42位)/丸井グループ(44位)/三越伊勢丹(45位)/グラクソ・スミスクライン(46位)/大丸松坂屋百貨店(47位)/日本年金機構(49位)/富士通(51位)/朝日生命保険(52位)/MRKホールディングス(53位)/ニチイ学館(54位)/日本ユニシス(55位)/関西みらいフィナンシャルグループ(56位)/KDDI (57位)/小松製作所(59位)/大日本印刷(60位)/ソラスト(61位)/NEC(63位)/大同生命保険(65位)/シーボン(66位)/ライオン(67位)/キリンホールディングス(69位)/帝人(70位)/ライク(73位)/新生銀行(74位)/三菱商事(76位)/大日本住友製薬(77位)/横浜銀行(79位)/東日本旅客鉄道(80位)/コニカミノルタ(81位)/パナソニック(82位)/SCSK(84位)/日本メドトロニック(89位)/アクサ損害保険(91位)/ティーガイア(93位)/TIS(94位)/オリエントコーポレーション(95位)/日本オラクル(98位)/日本たばこ産業(99位)/アステラス製薬(100位)/ENEOS(101位)/ルネサンス(104位)/トレンドマイクロ(109位)/コネクシオ(113位)/リコーリース(114位)/NECソリューションイノベータ(118位)/大林組(124位)/コーセー(135位)/クボタ(143位)/アサヒビール(145位)/三菱HCキャピタル(154位)/堀場製作所(157位)/サンゲツ(174位)/総合メディカル(176位)/凸版印刷(183位)/日本特殊陶業(188位)/森永製菓(201位)/京葉銀行(208位)/AGC(209位)/住友電気工業(212位)/日清製粉グループ(225位)/昭和電工(238位)/三洋化成工業(250位)/双日(259位)/ミネベアミツミ(275位)/東北新社(284位)/KIMOTO(286位)/ジェイテクト(298位)/クレハ(341位)/アウトソーシング(343位)/住友ゴム工業(344位)/ハウスコム(404位)/村田機械(422位)

特長2コーポレートガバナンス・コード改訂後の企業評価

先進企業の統合報告書戦略を事例に学ぶ

投資家は女性活躍推進企業の何を評価するのか。
11人の識者が「CGC(コーポレートガバナンス・コード)改訂後の企業評価」「ESG投資」「日本株女性活躍指数」「女性活躍応援ファンド」などをテーマに寄稿。効果的な「統合報告書」の書き方も解説します。

コーポレートガバナンス・コード改訂後の企業評価

三菱UFJ信託銀行 アセットマネジメント事業部 責任投資推進室 責任投資スペシャリスト 領家広晴

  • ■CGCの変遷と足元の動き
  • ■非財務情報を重視する投資家の視点
  • ■日本の厳しい現状と、3つの外部環境の変化
  • ■投資家が女性活躍情報を活用する背景
なぜ、機関投資家はESG投資をするのか

日本投資顧問業協会 ESG 室長 徳田展子

  • ■GPIFが女性活躍分野の投資を行う理由
  • ■「ESG 投資における女性活躍推進の取組に関する調査」 ほか
ESG側面からの企業・事業評価と女性活躍

日本総合研究所 シニアマネジャー 橋爪麻紀子

  • ■ESG投資残高は2021年に約514兆円
  • ■注目されるジェンダーレンズ投資 ほか
「なでしこ銘柄」の株式パフォーマンス

ニッセイアセットマネジメント 投資工学開発センター長 兼 投資工学開発部部長 吉野貴晶

  • ■経産省選定前後の株式パフォーマンスを検証
  • ■なでしこ銘柄が高いリターンを実現する理由
  • ■なでしこ銘柄のROE改善、外国人保有率の上昇
ESG投資先進国、英国事情から展望する 日本の女性活躍の近未来

三菱UFJ モルガン・スタンレー証券 インベストメントリサーチ部
シニアESG ストラテジスト 黒田一賢

MSCI 日本株女性活躍指数[WIN]の現状と課題

MSCI ESG リサーチ シニアESG アナリスト 柴野幸恵

「女性活躍応援ファンド(愛称:椿)」の現状と未来

大和アセットマネジメント シニア・ファンドマネージャー 椎名諒

「女性活躍の施策」の効果を可視化し、企業の非財務活動と企業価値の相関性を導き出す方法

アビームコンサルティング デジタルプロセスビジネスユニットFMCセクター シニアマネージャー 今野愛美

特長3上場企業3823社・女性取締役総覧

3823社の女性取締役調査データから読み解く
日本の上場企業の実相

日本の上場企業3823社(2021年12月時点)を対象に女性取締役の実態調査を実施。調査対象企業は東証1部、2部をはじめマザーズなどの新興市場、名古屋、福岡、札幌といった地方の株式市場も含みます。各社の有価証券報告書、またはホームページの情報を基に女性取締役を洗い出し、ダイバーシティに対する取り組みを明らかにしました。

登用状況から多様性の取り組みを分析

  • 女性取締役がいる上場企業数と社外取締役の割合
  • 女性取締役3人以上、かつ女性取締役の比率が30%以上の企業は?
  • 2021年12月時点で女性取締役がいない「多様性ゼロ企業」を、時価総額ランキング順に上位100社公開 ほか
日本初!

時価総額ランキング順1858社の女性取締役2423人人名録を収録

2423人の氏名、企業名から役職、略歴、生年月日までをデータ化!
女性取締役だけを収録した人名録は日本初です。自社の人事戦略の一助に

特長4キャリア女性2482人意識調査

「企業価値」と「人的資本」、現場が求める取り組みとは

日経xwoman読者2482人に聞いた、
女性の「キャリア」と「働き方」に対する意識調査。社内の調査では分からない、赤裸々なキャリア志向と自社への帰属意識などの本音が明らかになりました。企業が取り組むべき、新たな女性活躍施策の検討材料としてご活用ください。

目次

本書の目次

第1章企業の女性活用の現状と課題

1-1 「女性活躍推進」は、なぜ必要か 1-2 「2021年 企業の女性活用度調査」の詳細 1-3 企業の女性活用度を4つの採点基準で分析 1-4 採点基準1「管理職登用度」の分析 1-5 採点基準2「ワークライフバランス度」の分析 1-6 採点基準4「ダイバーシティ推進度」の分析 1-7 女性登用に対する企業の意識調査(帝国データバンク)
1-8 日経WOMAN「女性活用度調査」の効果的活用法 ―アナリスト診断レポートより 1-9 「日経WOMAN」女性活用度調査33年を振り返る 1-10 女性登用に対する企業の意識調査(帝国データバンク) 1-11 女性活躍支援NPOの戦略 ―「J-Win」14年間の実績と未来 1-12 女性活躍支援キャンペーンの実際 ―「30%Club Japan」3年目の成果 1-13 人権デューデリジェンスに「ジェンダー視点」を(Think Impacts)

第2章大手企業105社の女性活用の現状

2-1 2021年企業の女性活用度査
  • アクセンチュア(1位)/日本IBM(2位)/りそなホールディングス(3位)/アフラック生命保険(4位)/資生堂(5位)/千葉銀行(6位)/花王グループ(7位)/髙島屋(8位)/大和証券グループ(9位)/パソナグループ(10位)/損害保険ジャパン(11位)/第一生命ホールディングス(12位)/東京海上日動火災保険(15位)/JTB(16位)/イオン(17位)/日立製作所(18位)/全日本空輸(19位)/日本生命保険(20位)/ゆうちょ銀行(21位)/三菱UFJ銀行(23位)/三井住友海上火災保険(24位)/アクサ生命保険(25位) ほか

第3章コーポレートガバナンス・コード改訂後の女性活躍展望

3-1 コーポレートガバナンス・コード改訂後の企業評価 3-2 なぜ、機関投資家はESG投資をするのか 3-3 ESG側面からの企業・事業評価と女性活躍 3-4 「なでしこ銘柄」の株式パフォーマンス 3-5 ESG投資先進国、英国事情から展望する日本の女性活躍の近未来 3-6 MSCI日本株女性活躍指数(WIN)の現状と課題
3-7 「女性活躍応援ファンド(愛称:椿)」の現状と未来 3-8 「女性活躍の施策」の効果を可視化し企業の非財務活動と企業価値の相関性を導き出す方法 3-9 企業は統合報告書の中で「女性活用」をどう伝えるべきか 3-10 女性活躍先進企業に見る統合報告書の特徴 3-11 女性活躍に関する情報開示とステークホルダーとの対話の在り方について

第4章日本の女性取締役の実像と課題

4-1 「日経xwoman女性取締役ランキング」
  • 多様性の実態は?人材育成不足が浮き彫りに
4-2 3823社の女性取締役調査データから読み解く
  • 日本の上場企業の実相
4-3 女性取締役がいない「多様性ゼロ企業」100社公開 4-4 女性社外取締役の需要過多と、供給過少の実態と解決策 4-5 女性幹部育成の重要性と、効果的育成プログラム
4-6 生え抜き取締役の女性活躍戦略①大日本印刷 宮間三奈子取締役 4-7 生え抜き取締役の女性活躍戦略②ニトリホールディングス 安孫子尋美取締役 4-8 生え抜き取締役の女性活躍戦略③サッポロホールディングス 福原真弓取締役 4-9 生え抜き取締役の女性活躍戦略④セイコーウオッチ 金川宏美取締役・常務執行役員 4-10 新任執行役員の女性活躍戦略 花王 堀田夏実執行役員

第5章上場企業女性取締役 人名録

5-1 2021年日本の上場企業 女性取締役人名録
  • 氏名、社名から略歴まで1858社の女性取締役2423人人名録
  • 略歴、生年月日… 実像が分かる時価総額ランキング順

第6章女性のキャリア、働き方意識調査2022

6-1 日経xwoman読者2482人「女性のキャリア(働き方)調査」サマリー 6-2 女性のキャリア調査から見える、組織の「ダイバーシティ」と働きがいの関係 6-3 女性が管理職になって「よかった」と思う理由と「悪かった」と思う理由

第7章「2021年企業の女性活用度調査」調査票

7-1 2021年調査票 7-2 別紙「ご回答にあたって」

編集者からのメッセージ

「女性活躍」を企業成長の原動力に!
多様性、ジェンダー平等が生む活力を経営に生かす

 2021年6月のコーポレートガバナンス・コード改訂、2022年4月の東京証券取引所による株式市場再編で、企業は「女性活躍」の取り組みに対する“本気度”を市場から厳しく問われるようになりました。国内外の投資家はもちろん、従業員、消費者といった多くのステークホルダーからジャッジされ、ダイバーシティ推進に対して無策では、今後、継続的な発展は望めないと言っても過言ではありません。

 今、企業に求められている課題は、中核人材における多様性の確保です。女性の管理職をいつまでに何人確保するのか、具体的な考え方を明示したうえで、測定可能な自主目標を設定しなければなりません。さらに多様性の確保に向けて、どのような人材育成方針や社内環境整備方針があるのか、実施状況と併せて公表する必要があります。

 こうした状況下で、企業はどのような施策を講じればいいのでしょうか。

 本書は、数値で表しにくい非財務情報である「女性活躍」をデータ化し分析した初めての調査レポートです。月刊誌『日経WOMAN』の「企業の女性活用度調査」協力企業105社のデータ詳細を初めて公開。さらに、日本の上場企業3823社を対象に調査・作成した「上場企業女性取締役 人名録」、読者2482人が回答した「女性のキャリア、働き方意識調査」など、独自の調査データを収録しました。

 女性活躍について、日本の企業は具体的にどのような施策で成果を出しているのか。投資家は企業の何を見て、投資の判断材料にしているのか。日本の上場企業には、どのような略歴の女性取締役がいるのか。キャリア志向の女性たちは、会社に対して何を求めているのか。すべての答えを1冊に凝縮しました。

 企業が女性活躍を推進するために何をすべきか。経営企画室、ダイバーシティ推進室の方にとって必ず役に立つ1冊です。ぜひ、ご活用ください。

編集者内田久貴

日経BP
日経xwoman オーディエンスエンゲージメント長

<経歴>1971年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、1993年に日経BP入社。「日経クリック」副編集長、「日経TRENDY」副編集長、「日経PC21」編集長を経て、2018年「日経xwoman」開発長。2020年から現職。

誌面サンプル読めます /

【収録内容】
●1章 「企業の女性活用の現状と課題」より
「日経WOMAN「女性活用度調査」の効果的活用法」「女性登用に対する企業の意識調査(帝国データバンク)」の一部
●2章 「大手企業105社の女性活用の現状」より 事例「アクセンチュア(1位)」
●3章 「コーポレートガバナンス・コード改訂後の女性活躍展望」より
「コーポレートガバナンス・コード改訂後の企業評価」「女性活躍先進企業に見る統合報告書の特徴」などの一部
●4章 「日本の上場企業、女性取締役の実像と課題」より
「3823社の女性取締役調査データから読み解く日本の上場企業の実相」の一部
●5章 「上場企業女性取締役 人名録」の一部
●6章 「女性のキャリア、働き方意識調査 2022」より
「女性のキャリア調査から見える、組織の「ダイバーシティ」と働きがいの関係」の一部 など
●7章 「『2021年 企業の女性活用度調査』調査票」の一部

※誌面サンプルは日経BPの許諾なく無断転載することを禁じます。

「オンラインサービス」なら、
検索も図表のダウンロードもできる!

※ご利用にはオンラインサービスセットのご購入が必要です。

テキスト検索
レポート閲覧
がすぐできる

入力したキーワードと関連するテキスト情報を瞬時に検索し、一覧表示。また、目次に沿ってレポートを閲覧することもできます。

入力した検索ワードの関連キーワード
関連企業
が分かる

日経BP独自の機械学習エンジンで、入力した検索ワードに関連する「キーワード」や「企業」の検索結果を表示します。

図表の解説文を分析図表だけ
探せる

入力したキーワードと関連する図表だけをサムネイルで一覧表示。図表をクリックして、詳細情報にアクセスできます。

出典や説明文も一緒にボタン一つ
パワポに出力

検索したテキスト情報や図表などのコンテンツは、ボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。

  • ※オンラインサービスセットご購入の場合は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。
  • ※ご利用開始に際してはお手続きは不要です。ご購入時にご連絡いただいたメールアドレス宛に、サービス登録完了のご案内を電子メールにてお送りします。
    ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。
  • ※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。nbpm.jp/osiからお問い合わせください。
  • ※コンテンツご利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。
  • ※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
    例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など
  • ※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。

女性活躍サーベイ

CGC改訂後、プライム市場を目指す
上場企業の実態と課題分析

  • ■編集:日経xwoman / 日経BP 総合研究所
  • ■価格:書籍のみ:440,000円(10%税込)
       書籍+オンラインサービス:660,000円(10%税込)
  • ■発行日:2022年3月4日
  • ■仕様:A4版、372ページ
  • ■発行:日経BP

セット購入の方は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

商品の購入に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。

技術関連レポートのご案内