電池、モーター、インバーターから車載充電器まで、
電動車両のサプライチェーンが明らかに

中国EV市場調査技術動向・サプライヤー分析

部品の調達方針と設計トレンド/主要プレーヤーと相関図、
シェア/中国の政策・規制・技術ロードマップ

誌面サンプル読めます

イノベーションの中心地、中国EV市場の全体像が掴めます。

 自動車業界に100 年に1度といわれる、大変革が進んでいます。その中心にいるのは間違いなく中国でしょう。中国は、世界最大の自動車市場であると同時に、日米欧のこれまでの常識にはない、新しいものづくりが始まる場所です。加えて、中国政府は、自動車の電動化を機に、自動車技術において、世界の最先端に躍り出ようという野心を持っています。自動車産業に関わる企業あるいは、新たに参入したい企業にとって、中国は動向を注視せざるを得ない市場と言えるでしょう。そこでお役立ていただきたいのが本レポートです。

 本レポートは、日産自動車で電気自動車(EV)「リーフ」や、ハイブリッドシステム「e-POWER」などの開発の中心にいた技術者らが立ち上げた「ブルースカイテクノロジー」が、中国のE V市場を分析・執筆しました。中国市場でのコンサルティングや技術指導の経験から得た、中国メーカーならではのEV部品に関する考え方も開示しています。

 中国EV市場の全体像を知りたいが、まずは何を調べればよいか。そんなニーズに応える一冊となっています。是非、ご活用ください。

続きを読む閉じる

特長1主要プレーヤーと相関図、シェア

中国OEMとサプライヤー、
その関係を豊富なデータで明らかに

水平分業が進む中国の電動車両業界は、どのような生態系となっているのか。中国政府・業界団体・各企業からの資料や展示会情報などをベースに、シェアや関係性を調査。主要部品のOEMとサプライヤーの相関を明らかにしました。

部品サプライヤーの中国市場シェア

4つの主要部品、EV駆動用電池、モーター、インバーター、車載充電器それぞれについて、NEV向け出荷台数シェア上位のサプライヤーを公開

  • ◉モーター、インバーター、車載充電器サプライヤーのシェアトップ10企業
  • ◉車載用リチウムイオン電池出荷量の中国電池メーカーシェア
  • ◉原材料の「リチウム原料」「コバルト原料」の産出国別生産量シェア

●モーターサプライヤー:EDRIVE、XPT、JJE、SHUANGLIN、VWなど

●インバーターサプライヤー:Tesla、BYD、Inovance、UAES、XPTなど

●車載充電器サプライヤー:VMAX、SANMINA-SCI、EV-TECH、LiHuaなど

中国市場でのNEV向けモーター出荷台数

部品サプライヤーの企業・製品情報

  • ◉モーター/インバーター主要サプライヤー
    13社の企業情報と製品ラインナップを提示

掲載企業:XPT、HYCET、BYD、日本電産、Enpower、FDM、JEE、JJE、Greatland Electrics、BROAD-OCEAN、Inovance、HASCO E-DRIVE、UAES

  • ◉注目の車載充電器メーカー
    6社の企業情報と製品を提示

掲載企業:BYD/弗迪動力(FinDreams Powertrain)、威邁斯(VMAX)、鉄城科技(TC Charger)、新鋭科技(SHINRY)、台達電子(DELTA)、麦格米特(MEGMEET)

サプライチェーン相関図

  • ◉モーターサプライヤーと中国OEMの相関を図解
    外資、国内資本、合弁と入り乱れた状態にある駆動モーターのOEMへの供給を図式化

中国市場でのNEV向け駆動モーター供給相関図

  • ◉電池メーカーと自動車OEMの相関を図解
    最大手のCATLとほか中国電池メーカー6社とOEMの相関を図式化

2021年上半期中国電池供給相関図

  • ◉2大電池メーカー、CATL、BYDのサプライチェーン解説

特長2電動部品の調達方針と設計トレンド

中国独自の調達や開発の考え方を解説

「国が決めた安全基準をクリアすれば独自の試験をしなくてもよい」など、中国には、調達や製造において、日米欧とは異なる判断基準があります。中国の商習慣を熟知する筆者が、部品調達の考え方や電池開発の設計思想を解説します。

部品の調達方針

内製するのか、外部調達するのか中国OEM各社の調達方針を主要電動部品別に分析

  • ◉e-アクスル:主要5社の今後の計画、内外性製造拠点を比較 掲載企業:吉利汽車、上海汽車、長城汽車、長安汽車、上海蔚来汽車
  • ◉モーター/インバーターの調達方針:モーターは外部の1次部品メーカー(Tier1)からの調達と、内製化の2極化に
  • ◉車載充電器の調達方針:選定の基準はサイズとコスト

電池設計トレンド

日本や欧米の半分と言われている中国OEMの開発期間その設計思想や開発プロセスを解説

  • ◉中国電池関連法規
    中国国家標準規格として追加された3つの規格を解説
    1)電気自動車安全要求
    2)電動バス安全要求
    3)電気自動車用動力電池安全要求
  • ◉電池パック開発の設計プロセス
    設計、試作、評価の3点での日米欧との考え方の違いを解説
  • ◉リコールに対する考え方
    不具合は許容されるか?

特長3販売動向と市場需要予測

新エネ車の販売実態と2035年までの市場規模を予測

中国では、掲げた目標に必達すべくあらゆる政策が動員されます。今の販売実態を明らかにするとともに、政府方針と業界団体の資料から、2035年までの市場需要予測を割り出しました。

新エネ車の販売動向

  • ◉中国市場における乗用車販売台数と新エネ車の比率
  • ◉EV販売台数のメーカー別比較-2019年と2020年で順位が激変
  • ◉中国EV販売台数(2020年)ランキング

発売年、2020年販売台数、車両価格、電池容量が比較できる

市場需要予測-2025年、2030年、2035年

販売量はどれだけ増えて、新エネ車の比率はどうなるのか、排出標準はいつ・どのように変わるのか、2035年までの市場需要と製品応用を予測

  • ■自動車生産量および販売量
  • ■乗用車(新エネ含む)新車の平均燃費
  • ■排出基準
  • ■新エネ車の販売比率、パワートレーン別総需要予測 ほか

中国自動車自主ブランドの販売現況

特長4自動車技術ロードマップと政策・規制

政府のビジョンと業界団体が掲げる中長期計画を解説

100年に1度の大変化であるCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)の波に乗り、中国は一気に自動車製造大国になろうとしています。日米欧を2035年に凌駕する計画の中身とは。その技術ロードマップを解説します。

自動車技術ロードマップ-2035年までの目標値

中国汽車工業協会が発表した「省エネ車・新エネルギー車技術」「モーターシステム技術」「電池技術」の3つのロードマップが示す計画を解説

新エネ車への
転換と燃費目標
  • ■ICE車の販売におけるHEVの割合を2025年年に50%に。2030年、2035年は…
  • ■ICE車両全体の企業平均燃費をWLTC(世界統一試験サイクル)モードで2025年に5.6L/100kmに ほか
モーター、インバーター
技術の開発目標
  • ■2025年に出力密度を5.0kW/kg、80%を超える高出力区域の効率は90%に
  • ■目標達成のために進む技術導入は?コストダウンするインバーターは? ほか
電池
技術の開発目標
  • ■エネルギー密度の目標は、2035年には500Wh/kgに
  • ■エネルギー型×普及型ではLFPを軸に各社の開発が進行 ほか

中国の燃費規制

自動車メーカーに課せられた2つの規制「NEV規制」「CAFC(義業平均燃費)規制」を解説。

  • ●デュアルクレジット規制の「規制当局」、「目的」、「対象企業」、「管理項目」
  • ●2021年1月施行の新NEV規制のポイント
  • ●要点解説:NEVクレジットの要求比率、算出方法、ベースクレジット、効率計数ほか

NEVクレジット算出方法

目次

本書の目次

第1章中国EV関連の政府規制と市場動向

1-1. 技術ロードマップ
  • 1-1-1. 中国の自動車技術ロードマップ(1) ハイブリッド車への転換
  • 1-1-2. 中国の自動車技術ロードマップ(2) 企業平均燃費
  • 1-1-3. モーターシステム技術ロードマップ
  • 1-1-4. 電池技術ロードマップ
1-2. 燃費規制
  • 1-2-1. デュアルクレジット規制
  • 1-2-2. 新NEV規制
  • 1-2-3. NEVクレジット要求比率
  • 1-2-4. NEVクレジットの算出方法
  • 1-2-5. NEVクレジットのベースクレジット
  • 1-2-6. NEVクレジットの効率係数
  • 1-2-7. NEVクレジットの航続距離係数/電池エネルギー密度係数
  • 1-2-8. 新カテゴリー「低燃費車」の追加
  • 1-2-9. デュアルクレジット規制達成状況
  • 1-2-10. NEV補助金
1-3. NEV車販売動向
  • 1-3-1. 増加するNEV車販売
  • 1-3-2. EV販売台数のメーカー別比較(2019年対2020年)
  • 1-3-3. 2020年中国EV販売台数トップ12 比較
  • 1-3-4. 中国自動車市場の将来の市場需要予測
  • 1-3-5. 中国自動車自主ブランドの販売現況

第2章EVコンポーネントの技術とサプライチェーン

2-1. モーター/インバーターおよびe-アクスル
  • 2-1-1. 中国OEM各社のe-アクスル調達方針
  • 2-1-2. モーター概況(1) 中国OEM各社の調達方針
  • 2-1-3. モーター概況(2) 完成品と部品のサプライヤー動向
  • 2-1-4. インバーター概況 中国OEM各社の調達方針
  • 2-1-5. モーターサプライヤーの中国市場シェア
  • 2-1-6. インバーターサプライヤーの中国市場シェア
  • 2-1-7. 電動車用モーターサプライヤーと中国OEMの相関(中国市場)
2-2. モーター/インバーター主要サプライヤー
  • 2-2-1. 蔚然動力(XPT)
  • 2-2-2. 蜂巣易創(HYCET)
  • 2-2-3. 比亜迪(BYD)
  • 2-2-4. 日本電産(Nidec)
  • 2-2-5. 英博尓(Enpower)
  • 2-2-6. 方正電機(FDM)
  • 2-2-7. 巨一科技(JEE)
  • 2-2-8. 精進電動(JJE)
  • 2-2-9. 大地和(Greatland Electrics)
  • 2-2-10. 大洋電機(BROAD-OCEAN)
  • 2-2-11. 匯川技術(Inovance)
  • 2-2-12. 華域電動(HASCO E-DRIVE)
  • 2-2-13. 聯合電子(UAES)
  • 2-2-14. レゾルバー
2-3. 車載充電器(OBC)の技術とサプライチェーン
  • 2-3-1. 中国OEM各社のOBC(車載充電器)調達方針
  • 2-3-2. OBCサプライヤーの中国市場シェア(出荷台数の推移)
  • 2-3-3. BYD/弗迪動力(FinDreams Powertrain)
  • 2-3-4. 威邁斯(VMAX)
  • 2-3-5. 鉄城科技(TC Charger)
  • 2-3-6. 新鋭科技(SHINRY)
  • 2-3-7. 台達電子(DELTA)
  • 2-3-8. 麦格米特(MEGMEET)
  • 2-3-9. OBC将来技術の方向性
  • 2-3-10. 注目動向(1) Continental Allcharge System
  • 2-3-11. 注目動向(2) VMAX Integrated OBC+DC/DC

第3章中国の電池技術と市場動向

3-1. 中国自動車メーカーの電池調達
  • 3-1-1. 2021年上半期中国電池市場概要
  • 3-1-2. 2021年上半期中国EV駆動用電池メーカーおよび自動車OEM動向
  • 3-1-3. 2021年上半期中国電池供給相関
3-2. 中国自動車メーカーの電池設計トレンド
  • 3-2-1. 中国電池関連法規
  • 3-2-2. GB18384-2020 電気自動車安全要求
  • 3-2-3. GB38032-2020 電動バス安全要求
  • 3-2-4. GB38031-2020 電気自動車用動力電池安全要求
3-3. 中国市場における設計思想
  • 3-3-1. 一般的な自動車開発の流れ
  • 3-3-2. 中国OEM開発事例(BYDブレードバッテリー)
  • 3-3-3. 中国における電池パック開発の設計プロセス
  • 3-3-4. 中国における電池パック評価の考え方の違い
  • 3-3-5. リコールに対する考え方の違い
  • 3-3-6. 中国方式のメリットとデメリット
3-4. 電池実装の比較
  • 3-4-1. バッテリーモジュールの実装
  • 3-4-2. バッテリーパックの実装
  • 3-4-3. サービスプラグの実装

第4章中国の電池材料サプライヤー

4-1. 国際競争状況
  • 4-1-1. 車載用リチウムイオン電池出荷量の電池メーカー国別シェア(2020年)
  • 4-1-2. リチウムイオン電池主要4部材の出荷量(数量)の材料メーカー国別シェア(2020年)
4-2. 中国電池メーカー競争状況
  • 4-2-1. 車載用リチウムイオン電池出荷量(MWh)の中国電池メーカーシェア(2020年)
  • 4-2-2. CATLのサプライチェーン
  • 4-2-3. BYDのサプライチェーン
  • 4-2-4. 中国メーカーの正極活物質出荷量(2020年)
  • 4-2-5. 中国メーカー製車載用リチウムイオン電池の正極活物質タイプ別割合(2020年)
  • 4-2-6. 中国メーカーの負極活物質出荷量(2020年)
  • 4-2-7. 中国メーカー製車載用リチウムイオン電池の負極活物質タイプ別割合(2020年)
  • 4-2-8. 中国メーカーの電解液出荷量(2020年)のシェア
  • 4-2-9. 中国メーカーのセパレーター出荷量(2020年)シェア
4-3. リチウムイオン電池原材料
  • 4-3-1. リチウム原料の産出国別生産量(2020年)
  • 4-3-2. コバルト原料の産出国別生産量(2020年)

編集者からのメッセージ

 現在、自動車業界では100年に1度といわれる大変革が進んでいます。変革の時期は、既存の事業を失う危機が訪れる一方で、新しい分野に進出するチャンスでもあります。

 電気自動車化の流れに乗って何か新しい事業をつくりたいのであれば、世界最大の市場であり、新しいものづくりのやり方が生まれる場所である中国市場を知らなければなりません。

 本レポートを手に取り、中国EV市場の全体像を学んでいただければ幸いです。

編集責任者中道理

日経BP
日経クロステック副編集長、日経エレクトロニクス編集長

<経歴>『日経バイト』『日経コミュニケーション』『日経エレクトロニクス』で技術系専門記者として活動。2017年からオープンイノベーションを実践する『リアル開発会議』の編集長を務めた後、2020年1月より現職。「日産自動車『リーフ』徹底分解」シリーズや「テスラ『モデル3/モデルS』徹底分解」シリーズで主要メンバーとして分解・調査、編集・執筆、フォルクスワーゲンの電気自動車「ID.3」の分解・調査においても主導的な立場で関わり、日経クロステックの特集記事「VW本気のEV『ID.3』徹底分解」では記事を執筆したほか、責任者を務めた。近著は「トヨタ自動車『新型MIRAI(Advanced Drive)』徹底分解」の執筆・編集・監修。

誌面サンプル読めます /

【収録内容】
◉第1章 「中国EV関連の政府規制と市場動向」より「1-1. 技術ロードマップ」の一部
◉第2章 「EVコンポーネントの技術とサプライチェーン」より「2-1. モーター/インバーターおよびe-アクスル」の一部
◉第3章 「中国の電池技術と市場動向」より「3-4. 電池実装の比較」の一部
◉第4章 「中国の電池材料サプライヤー」より「4-2. 中国電池メーカー競争状況」の一部

「オンラインサービス」なら、
検索も図表のダウンロードもできる!

※ご利用にはオンラインサービスセットのご購入が必要です。

テキスト検索
レポート閲覧
がすぐできる

入力したキーワードと関連するテキスト情報を瞬時に検索し、一覧表示。また、目次に沿ってレポートを閲覧することもできます。

入力した検索ワードの関連キーワード
関連企業
が分かる

日経BP独自の機械学習エンジンで、入力した検索ワードに関連する「キーワード」や「企業」の検索結果を表示します。

図表の解説文を分析図表だけ
探せる

入力したキーワードと関連する図表だけをサムネイルで一覧表示。図表をクリックして、詳細情報にアクセスできます。

出典や説明文も一緒にボタン一つ
パワポに出力

検索したテキスト情報や図表などのコンテンツは、ボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。

  • ※オンラインサービスセットご購入の場合は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。
  • ※ご利用開始に際してはお手続きは不要です。ご購入時にご連絡いただいたメールアドレス宛に、サービス登録完了のご案内を電子メールにてお送りします。
    ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。
  • ※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。nbpm.jp/osiからお問い合わせください。
  • ※コンテンツご利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。
  • ※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
    例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など
  • ※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。

中国EV市場調査
技術動向・
サプライヤー分析

  • ■著者:ブルースカイテクノロジー 企画・編集:日経クロステック
  • ■価格:書籍のみ:330,000円(10%税込)
       書籍+オンラインサービス:495,000円(10%税込)
  • ■発行日:2022年2月7日
  • ■仕様:A4判、108ページ
  • ■発行:日経BP

セット購入の方は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

商品の購入に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。

※本フォームは法人のお客様専用です。個人でご希望の方はこちらからお問い合わせください。

技術関連レポートのご案内