SDGs達成に貢献する有望技術を組み込み、
持続可能な事業戦略を描く

「望ましい未来」をつくるSDGsテック未来戦略

知財3500万件と17ゴールを相関分析
課題解決に貢献する36技術と有望企業170

誌面サンプル読めます

特許3500万件×SDGsの17ゴール、相関分析で選出した
有望技術の全貌と知財保有企業を一冊に!

近年、国連が推進する「SDGs(持続可能な開発目標)」への関心が高まりを見せ、企業は、自社の活動がSDGsの目標にどのように貢献しているのか、ステークホルダーに説明することを求められています。自社のすべての活動が対象となりますが、本書が注目しているのは企業が保有する「技術」です。SDGsに必要なのは、現状を大きく変えるイノベーションです。イノベーションにおいて大きな役割を果たすのは「技術」であるからこそ、本書は技術に注目しているのです。世界中の技術知財情報を集め、SDGsの目標達成に貢献できる技術を分析し、特に注目すべき技術「SDGsテック」を選定しました。また、有望技術の知財を多く保有する企業、有望技術が創り出す「望ましい未来」、有望技術の中で特に注目したい知財を、それぞれ深掘りしています。
有望技術でイノベーションを創出し、SDGs達成に貢献する事業戦略を策定するために、ぜひ本書をお役立てください。

特長1【調査】「SDGsテック」を選定

3500万件の特許×17のゴールを相関分析

約3500万件の特許情報(年間350万件以上の出願×10年分)から、PwCコンサルティングが保有する知財分析ツール 「Intelligent Business Analytics」を用いて、SDGs達成に貢献する技術を「技術クラスター」として抽出。さらに、市場性とゴールとの親和性の観点から絞り込み、36個の「SDGsテック」を選定しました。

約3500万件の特許情報から「SDGsテック」を選定するステップ

STEP1 母集団の作成

検索式を用いて、評価対象となる特許情報および財務情報の母集団を作成

STEP2 バリューチェーン分析

各ゴールの母集団を形成した後、類似性の高い特許群をバリューチェーン上にクラスタリング

→17のゴール全体で約4700件の技術クラスターを抽出

STEP3 主要技術クラスターの選定

「市場性(偏差値)」と「ゴールとの親和性(偏差値)」の2つの観点で「主要技術クラスター」を絞り込み

→約1000件の主要技術クラスターを選定

STEP4 SDGsテックの選定

主要技術クラスターを、SDGsゴールごとに「市場性」をy値、「ゴールとの親和性」をx値として2次元座標にプロットし、原点からの距離が遠い上位2つを特に注目の技術クラスターとして抽出

→36個の「SDGsテック」を選定

■SDGsに関わる技術開発評価を行うツールとプロセスの概要
出所:PwCコンサルティング

選定されたSDGsテック36個の技術分野

  • ゴール1銀行業務に関するデータ処理・方法
    公共事業、社会福祉事業に特に適合したシステムまたは方法
  • ゴール2農業用テクノロジー、農業のデジタル化
    非アルコール飲料用乾燥組成物や凝縮物
  • ゴール3医療診断テクノロジー
    医療診断・医療データに適合したICT
  • ゴール4学習用デジタルコンテンツ
    教育用デジタルテクノロジ一
  • ゴール5高速・大容量のデータ通信技術
    多視点空間画像信号の発送、遠隔コントロール
  • ゴール6電解・照射による多段式水処理
    溶解物質除去を行う水処理
  • ゴール7太陽光発電のモジュール構造
    水カ・風力発電の原動機
  • ゴール8支払処理における認証テクノロジー
    管理・経営の予測・最適化と資源、ワークフローなどの管理
  • ゴール9交通インフラヘの衝撃防止・緩和の措置や技術
    小電力の無線通償システム
  • ゴール10金融、保険、税戦略、法人税または所得税の処理
    支払い処理における機器・装置
  • ゴール11建物の床の構造や材質、バネルの固定
    機械式駐車場の製造
  • ゴール12好気性水処理プロセス
    分離工程を用いた水処理
  • ゴール13廃棄物の無害化処理、再生原材料の回収
    EV用を中心としたエネルギー貯蔵装置、エネルギー管理
  • ゴール14プラスチック成形材の物理的処理
    プラスチックと他の材料の分離
  • ゴール15温室栽培の技術
    水耕栽培の技術
  • ゴール16公共事業または観光業に関するシステム(政府または公共事業)
    公共事業または観光業に関するシステム(法律業務)
  • ゴール17殺生物剤、害虫忌避剤・誘引剤、または植物生長調整剤(ハロゲン含有)肉類や魚介類の加工製品 太陽光発電 架空送電

SDGsテックがつくり出す、より「望ましい未来」のシナリオ

  • おそらく起こる未来
    SDGsテックが次々に実装され、2030年ごろにSDGsが達成に近づいていると感じる未来
  • 「望ましい未来」
    SDGsテックの実装が加速度的にイノベーションを引き起こし、より望ましい方向に変化するシナリオ
  • 「12の未来シナリオ」にどのSDGsテックが貢献するかを図解(※1)

12の未来シナリオ

①人間拡張の未来 ②都市とモビリティーの未来 ③循環型経済の未来 ④ものづくりの未来 ⑤エネルギーの未来 ⑥フードエコシステムの未来 ⑦ヘルスケアの未来 ⑧死の未来 ⑨メディアとエンターテインメントの未来 ⑩信頼の未来 ⑪イノベーションエコシステムの未来 ⑫ウィズ・アフターコロナの未来

(※1)関連レポート
「望ましい未来」をつくる技術戦略(2020年12月発行)で描かれた12の未来シナリオとSDGsテックの相関がわかります

特長2「SDGsテック」36個の全貌を明らかに

SDGsへの貢献/技術・研究開発・関連特許の動向

各SDGsテックの重要性を「関連する社会課題」「関連産業の現状と未来像」「関連する技術の活用状況」を踏まえて解説。技術進展によってどのような社会課題の解決、産官学によるエコシステム創出が可能なのか、といった視点で技術動向や研究開発動向を提示し、SDGsとの関連性も解説。さらに、各国の特許出願状況から日本の技術やサービスの特徴や強みを分析します。

SDGsテックごとに「技術の全貌と研究開発動向」を解説

①技術俯瞰と社会課題解決との関係性
出願された特許の頻出キーワードを挙げ、特徴や技術動向、社会課題の解決にどのような役割を果たすかを解説
②ステークホルダー
③直近の技術動向
④研究開発動向
⑤関連する特許の動向

■「水力・風力発電の原動機」の掲載例

SDGsとの関係性、貢献を解説

  • 当該技術がひも付くSDGsの達成にどのように寄与し得るか
  • 当該技術が他の複数のゴールにどのように寄与し得るか
  • 企業における技術の導入や推進状況、SDGsへの貢献に関しての対外的な訴求事例
    (統合報告書などで、どのようにその技術の貢献性を訴求し、実績提示をしているか)

特長3SDGsテック関連知財を保有する有望企業170

技術クラスターとの関係性/特許の取得情報/アライアンス活動

SDGsテックごとに知財を保有する企業ファイルを掲載

各ゴール達成への寄与度が高く、比較的新興と位置づけられる企業(スタートアップを含む)を中心に、以下の項目に整理し掲載。

●保有する特許の区分 ●親和性のある技術テーマ ●技術動向 ●投資・買収動向など ●親和性の高いSDGsゴール ●企業概要 ●事業概要

SDGsテック「好気性水処理プロセス」の知財保有企業

Fujian Aonong Biological Technology Group Co., Ltd.(中国)、Gold&Green Foods Oy(フィンランド)、EliquoStulz GmbH(ドイツ)、Sunfed(ニュージーランド)、Pangang Group Xichang Steel and Vanadium Co., Ltd.(中国)

■「好気性水処理プロセス」の掲載例

国(地域)ごとに、SDGsテック知財保有企業を一覧に整理

●日本 ●中国(香港除く)●韓国 ●米国 ●欧州 ●香港・台湾・インド・シンガポール・カナダ・ニュージーランド

次なるSDGsテック「主要技術クラスター1000」全掲載

SDGsテック選定の過程で抽出した約1000件の主要技術クラスターを、17ゴールごとにバリューチェーンの各段階「技術開発」「部品の製造」「製品の製造」「物流」「サービス」「その他」に分類し、全て掲載。

こんな方にお勧めです!

  • 経営企画部門、CSR部門の方
    SDGsに対応した自社の事業計画の立案に
  • 研究開発部門の方
    SDGsへの貢献を見据えた技術の研究、開発に
  • 新規事業・製品開発部門の方
    社会課題の解決を組み込んだ、SDGs達成につながる製品・サービスの開発に

目次

本書の目次

第1章世界の知財情報から導く「SDGsテック」

1-1 プロローグ
  • 1-1-1 本書の背景と目的
1-2 調査方法と結果
  • 1-2-1 調査方法
  • 1-2-2 選定結果
  • 1-2-3 本書を活用する際の留意点

第2章技術と未来

2-1 「望ましい未来」
  • 2-1-1 SDGsテックがつくり出す「Future of Sustainability / サステナビリティの未来」
  • 2-1-2 既に描かれている「望ましい未来」と「SDGsテック」の関係性

第3章詳説SDGsテック

3-1 [G1-1] 銀行業務に関するデータ処理・方法
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-2 [G1-2] 公共事業、社会福祉事業に特に適合したシステムまたは方法
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-3 [G2-1] 農業用テクノロジー、農業のデジタル化
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-4 [G2-2] 非アルコール飲料用乾燥組成物や凝縮物
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-5 [G3-1] 医療診断テクノロジー
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-6 [G3-2] 医療診断・医療データに適合したICT
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-7 [G4-1] 学習用デジタルコンテンツ
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-8 [G4-2] 教育用デジタルテクノロジー
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-9 [G5-1] 高速・大容量のデータ通信技術
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-10 [G5-2] 多視点空間画像信号の発送、遠隔コントロール
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-11 [G6-1] 電解・照射による多段式水処理
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-12 [G6-2] 溶解物質除去を行う水処理
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
  • 知財保有企業
3-13 [G7-1] 太陽光発電のモジュール
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • 知財保有企業
3-14 [G7-2] 水力・風力発電の原動機
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-15 [G8-1] 支払処理における認証テクノロジー/[G10-2] 支払い処理における機器・装置
  • 技術の全貌と研究開発動向
3-16 [G8-2] 管理・経営の予測・最適化と資源、ワークフローなどの管理
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-17 [G9-1] 交通インフラへの衝撃防止・緩和の措置や技術
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-18 [G9-2] 小電力の無線通信システム
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-19 [G10-1] 金融、保険、税戦略、法人税または所得税の処理
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-20 [G11-1] 建物の床の構造や材質、パネルの固定
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-21 [G11-2] 機械式駐車場の製造
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-22 [G12-1] 好気性水処理プロセス
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-23 [G12-2] 分離工程を用いた水処理
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-24 [G13-1] 廃棄物の無害化処理、再生原材料の回収
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-25 [G13-2] EV用を中心としたエネルギー貯蔵装置、エネルギー管理
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-26 [G14-1] プラスチック成形材の物理的処理/[G14-2] プラスチックと他の材料の分離
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-27 [G15-1] 温室栽培の技術/[G15-2] 水耕栽培の技術
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-28 [G16-1] 公益事業または観光業に関するシステム(政府または公共事業)
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-29 [G16-2] 公益事業または観光業に関するシステム(法律業務)
  • 技術の全貌と研究開発動向
  • SDGsへの貢献
3-30 ゴール17のSDGsテック
  • ゴール17のSDGsテックの考え方

第4章知財保有企業と主要技術クラスター

4-1 SDGsテック別知財保有企業
  • [G1-1] 銀行業務に関するデータ処理・方法
  • [G1-2] 公共事業、社会福祉事業に特に適合したシステムまたは方法
  • [G2-1] 農業用テクノロジー、農業のデジタル化
  • [G2-2] 非アルコール飲料用乾燥組成物や凝縮物
  • [G3-1] 医療診断テクノロジー
  • [G3-2] 医療診断・医療データに適合したICT
  • [G4-1] 学習用デジタルコンテンツ
  • [G4-2] 教育用デジタルテクノロジー
  • [G5-1] 高速・大容量のデータ通信技術
  • [G5-2] 多視点空間画像信号の発送、遠隔コントロール
  • [G6-1] 電解・照射による多段式水処理
  • [G6-2] 溶解物質除去を行う水処理
  • [G7-1] 太陽光発電のモジュール
  • [G7-2] 水力・風力発電の原動機
  • [G8-1] 支払処理における認証テクノロジー
  • [G8-2] 管理・経営の予測・最適化と資源、ワークフローなどの管理
  • [G9-1] 交通インフラへの衝撃防止・緩和の措置や技術
  • [G9-2] 小電力の無線通信システム
  • [G10-1] 金融、保険、税戦略、法人税または所得税の処理
  • [G10-2] 支払い処理における機器・装置
  • [G11-1] 建物の床の構造や材質、パネルの固定
  • [G11-2] 機械式駐車場の製造
  • [G12-1] 好気性水処理プロセス
  • [G12-2] 分離工程を用いた水処理
  • [G13-1] 廃棄物の無害化処理、再生原材料の回収
  • [G13-2] EV用を中心としたエネルギー貯蔵装置、エネルギー管理
  • [G14-1] プラスチック成形材の物理的処理
  • [G14-2] プラスチックと他の材料の分離
  • [G15-1] 温室栽培の技術
  • [G15-2] 水耕栽培の技術
  • [G16-1] 公益事業または観光業に関するシステム(政府または公共事業)
  • [G16-2] 公益事業または観光業に関するシステム(法律業務)
  • [G17-G2-1] 生物剤、害虫忌避剤・誘引剤、または植物生長調節剤(ハロゲン含有)
  • [G17-G2-2] 肉類や魚介類の加工製品
  • [G17-G7-1] 太陽光発電
  • [G17-G7-2] 架空送電
4-2 国別のSDGsテック知財保有企業
  • 日本
  • 中国(香港除く)
  • 韓国
  • 米国
  • 欧州
  • 香港・台湾・インド・シンガポール・カナダ・ニュージーランド
4-3 主要技術クラスター1000
  • ゴール1の主要技術クラスター
  • ゴール2の主要技術クラスター
  • ゴール3の主要技術クラスター
  • ゴール4の主要技術クラスター
  • ゴール5の主要技術クラスター
  • ゴール6の主要技術クラスター
  • ゴール7の主要技術クラスター
  • ゴール8の主要技術クラスター
  • ゴール9の主要技術クラスター
  • ゴール10の主要技術クラスター
  • ゴール11の主要技術クラスター
  • ゴール12の主要技術クラスター
  • ゴール13の主要技術クラスター
  • ゴール14の主要技術クラスター
  • ゴール15の主要技術クラスター
  • ゴール16の主要技術クラスター
  • ゴール17の主要技術クラスター

編集者からのメッセージ

世界の投資が集まる「SDGsテック」。
企業戦略として注目すべき技術を明らかにしました。

国連が推進する「SDGs」。その目標を事業として捉えれば、極めて難易度が高く、世界中の企業が本気で取り組んで初めて達成できるかどうかというほどの難事業です。現在の延長にSDGsの達成は考えにくく、必要なのは、現状を大きく変えるイノベーションです。イノベーションに深く関わるのは技術ですが、これまで「SDGsの目標に貢献する技術は何か」という観点で語られることはあまりありませんでした。
そこで SDGsと技術の関係を調べたのが、本書です。世界中の技術知財を集め、SDGsの目標と相関分析をすることで、関連性の強い技術クラスターを見いだしています。そうして見つけた技術のうち、特に重要な技術を「SDGsテック」と呼んでいます。SDGsテックを選出する際、知財保有企業への投資額にも注目しています。投資が集まる企業には人材が集まり、技術開発が進み、イノベーションが起こる可能性が高くなります。目標達成には複数企業の協力が必要です。そこにはエコシステムが生まれ、新たなバリューチェーンが作られ、日本企業にも大きな影響を与えます。世界の投資が集まるSDGsテックは、企業戦略として注目すべき技術なのです。
持続可能な社会における、持続可能な事業をどう生み出すか。貴社の戦略策定に、ぜひ本書をお役立てください。

編集責任者松山貴之

日経BP
日経クロステック 編集委員

<経歴>システムエンジニアを経験して日経BP入社。『日経オープンシステム』『日経システム構築』などの専門誌にてIT技術の記者として活動。データベース技術、プログラミング、ストレージ技術、クラウドコンピューティングを中心に多数の記事を執筆する。その後、『日経SYSTEMS』にて編集長を務め、2014年以降は先端技術テーマの書籍を手掛けるほか、AI/IoT/SIビジネスをテーマにした調査リポートをプロデュースする。

誌面サンプル読めます /

【収録内容】
●第1章「世界の知財情報から導く『SDGsテック』」より「本書の背景と目的」「調査方法」の一部
●第2章「技術と未来」より「SDGsテックがつくり出す『Future of Sustainability/サステナビリティの未来』」の一部
●第3章「詳説SDGsテック」より「好気性水処理プロセス」
●第4章「知財保有企業と主要技術クラスター」より「国別のSDGsテック知財保有企業─日本、中国(香港除く)」、「ゴール1の主要技術クラスター」、「ゴール2の主要技術クラスター」の一部
●本レポートの全目次
※誌面サンプルは日経BPの許諾なく無断転載することを禁じます。

「オンラインサービス」なら、
検索も図表のダウンロードもできる!

※ご利用にはオンラインサービスセットのご購入が必要です。

テキスト検索
レポート閲覧
がすぐできる

入力したキーワードと関連するテキスト情報を瞬時に検索し、一覧表示。また、目次に沿ってレポートを閲覧することもできます。

入力した検索ワードの関連キーワード
関連企業
が分かる

日経BP独自の機械学習エンジンで、入力した検索ワードに関連する「キーワード」や「企業」の検索結果を表示します。

図表の解説文を分析図表だけ
探せる

入力したキーワードと関連する図表だけをサムネイルで一覧表示。図表をクリックして、詳細情報にアクセスできます。

出典や説明文も一緒にボタン一つ
パワポに出力

検索したテキスト情報や図表などのコンテンツは、ボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。

  • ※オンラインサービスセットご購入の場合は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。
  • ※ご利用開始に際してはお手続きは不要です。ご購入時にご連絡いただいたメールアドレス宛に、サービス登録完了のご案内を電子メールにてお送りします。
    ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。
  • ※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。nbpm.jp/osiからお問い合わせください。
  • ※コンテンツご利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。
  • ※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
    例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など
  • ※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。

「望ましい未来」をつくる
SDGsテック未来戦略

知財3500万件と17ゴールを相関分析
課題解決に貢献する36技術と有望企業170

  • ■監修・著者:PwCコンサルティング
  • ■価格:書籍のみ:660,000円(10%税込)
    書籍+オンラインサービス:990,000円(10%税込)
  • ■発行日:2022年3月23日
  • ■仕様:A4変型判、424ページ
  • ■発行:日経BP
  • パンフレット(PDF)ダウンロード

セット購入の方は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

商品の購入に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。

※本フォームは法人のお客様専用です。個人でご希望の方はこちらからお問い合わせください。

技術関連レポートのご案内