トヨタの2大戦略技術「燃料電池」と
「Advanced Drive」がこの1冊でわかる!

トヨタ自動車「新型MIRAI(Advanced Drive)」徹底分解

誌面サンプル読めます

「新型MIRAI(Advanced Drive)」の徹底分解・調査で
戦略技術の実装方法、設計思想から、トヨタの開発方針を明らかに。

2021年4月、トヨタ自動車が戦略的な車両を発表しました。Advanced Drive付きの新型「MIRAI」です。
この車両は、2つの点で注目に値します。まず、トヨタが心血を注いで開発した新型の燃料電池(FC)を搭載したこと。先代MIRAIのFCよりも、単位体積当たりの出力電力を3.1kW/Lから5.4kW/Lと71%高密度化したほか、最高出力を114kWから128kWに向上させるなど、大幅に進化させました。また、トヨタとしては、このFCシステムを乗用車のみならず、トラックなどの大型車、船舶、電車などに積極的に提供していく計画です。今後の脱炭素時代を見据えた戦略的な部品なのです。

もう1つは、レベル2+相当の自動運転機能であるAdvanced Driveです。同機能は、トヨタとして初めて遠隔からのソフトウエアアップデート機能(OTA)を持たせました。現時点では自動車専用道路での自動運転や、自動追い越しなどの機能しか持ちませんが、今後のアップデートによって機能強化がされていくと見られています。さらに、現在はAdvanced Drive用にレーザレーダ(LiDAR)を前方方向に1個しか搭載しませんが、今後、左右フェンダ部分と後部にも無償追加を行い、機能向上させていく予定です。

本レポートではこのAdvanced Drive付き新型MIRAIを分解することで、FCとAdvanced Driveを中心に、電動システムやシャーシ、ヒューマンマシンインタフェースなど、その全体像を徹底調査。FCパートでは、FCセルの材料分析も行っています。さらに、FCスタックで約300Vで発電された電力を650Vに昇圧するSiC MOSFETを用いた昇圧コンバータの構造にも踏み込んで解説。Advanced Driveでは、同機能を実現するECUをICレベルで分析したほか、接続ネットワークやバックアップ電源についても調査しました。

今後のトヨタの戦略技術の実装方法や開発方針、設計思想を知る上で、基本となる内容を豊富に掲載した、自信の1冊です。ぜひ、活用ください。

続きを読む閉じる

特長1新型燃料電池(FC)システム
構成や工夫、部品の詳細が分かる

「燃料電池システム」の構成部品と、
その接続形態を徹底分析

先代のMIRAIから大幅に小型化したFCシステムを部品レベル、配管の接続形態まで踏み込んで丹念に調べました。
以下のようなことを理解できます。

FCスタックがどのように構成されているのか?

FCセルの構造は?

FCセルの材料は?

水素はどのように流れ、どのように回生されるのか?

酸素(空気)過給システムは?

水素タンクはどのようにつながっているのか?

水素の減圧機構は?

冷却(加温)の仕組みと、その配管の構成は?

FCシステムはどのように組み上げているのか?

Liイオン2次電池や駆動システムと
 どのように連係して動作するのか?

FCシステムはどのようなECUで制御されているのか?

FCシステムだけで、100ページ超を割いて詳しく解説

FCスタックやセルの外観、内部構造、配管の状況、水素タンクの搭載方法に加え、走査電子顕微鏡(SEM)による燃料電池セルの断面観察画像も掲載。また、エネルギー分散型X線分析(EDX)による元素分布解析も実施しました。豊富な写真によって、視覚的に理解できます。

特長2高度運転支援技術「Advanced Drive」
実現した部品群を丸裸に

カメラ、ライダ(LiDAR)、自動運転向けコンピュータなど、
Advanced Driveを構成する部品の接続形態、搭載ICなどを調査。

Advanced Driveを実現するために、トヨタ自動車としては初めて、無線通信を通じたオンラインアップデートによる機能拡張を実現したECU群を搭載しました。本レポートでは、Advanced Driveを構成する下記の主要ECUの機能詳細と、筐体の構造、冷却方法、基板に搭載されているICを調査。ICはパッケージングのラベルから、メーカーとその機能を可能な限り調べました。また、Advanced Driveと共に搭載される先進運転支援機能である「Toyota Safety Sense」のECUについても調査しました。

本レポートで調査分析した、主な運転支援技術向けECUやセンサ

アドバンストドライブコンピュータ

アドバンストドライブエクステンションコンピュータ

スペイシャルインフォメーションサービスコンピュータ

ミリメータウェーブレーダセンサ

ライダアドバンストドライブセンサ

ドライビングサポートコンピュータ

クリアランスウォーニングコンピュータ

イーサネットスイッチングハブコンピュータ

アドバンストドライブカメラ

オブジェクトレコグニションカメラ

ドライバモニタカメラ/ドライバモニタコンピュータ

フロントサイドレーダセンサ

マルチパワーコントロール コンピュータ/
 サブバッテリシステム

将来拡張予定のライダ(LiDAR)搭載場所を分析

リアバンパのライダは2021年8月時点では使用されておらず、「将来簡単に取り付けられるように配線をしてある」(トヨタ自動車)としていますが、一体、どのように準備がなされているのかを分析しています。

本格的に採用した車載イーサネットについても調査

次世代の車載ネットワークでの活用が期待される車載イーサネットの搭載状況について、車載ネットワークのトポロジーから調査しました。

特長3初採用のSiC MOSFETを活用した
DC-DC昇圧コンバータを分析

DC-DC昇圧コンバータの部品配置や
冷却などの内部構造、回路を調査・分析

高耐圧、高効率という特長から次世代のパワー半導体として注目を浴びるSiC。今回、新型MIRAIでは、トヨタ自動車として初めてFC昇圧コンバータにSiC MOSFETを搭載しました。本レポートでは、このFC昇圧コンバータの全体的な構造、SiCパワーモジュールの冷却機構を調査しました。
※日経クロステック調べ

インバータ、モータ、電池、シャーシ、
車体、内装部品、電装品、ECUなど、
500点超の写真と図表を掲載し、分かりやすく解説します。

001002003004005006007008009010011012013014015016

目次

本書の目次

第1章新型MIRAI概要

  • 1-1. 新型MIRAIの位置付け
  • 1-1-1. 車両
  • 1-1-2. 安全機能
  • 1-2 燃料電池(FC)システム
  • 1-2-1. FCシステムの概要
  • 1-2-2. FCシステムの動作
  • 1-3. 車両分解
  • 1-3-1. 分解場所と時期

第2章燃料電池(FC)システム

  • 2-1. 燃料電池部
  • 2-1-1. 燃料電池部概要
  • 2-1-2. FCスタック
  • 2-1-3. FCセル
  • 2-1-4. コンバータASSY
  • 2-1-5. FCスタックボルテージセンサ
  • 2-1-6. FCスタックフレーム
  • 2-2. 水素供給系
  • 2-2-1. 水素タンク
  • 2-2-2. タンクバルブASSY
  • 2-2-3. タンクステー
  • 2-2-4. 水素配管
  • 2-2-5. ハイドロジェンインレットレセプタクルASSY
  • 2-2-6. チューブジョイント/ハイドロジェンタンクプレッシャセンサ
  • 2-2-7. ハイドロジェンサプライレギュレータ
  • 2-2-8. フューエルインジェクタASSY
  • 2-2-9. ハイドロジェンリサーキュレーションポンプASSY
  • 2-2-10. ハイドロジェンリサーキュレーションセパレータASSY
  • 2-2-11. ハイドロジェンディテクタ
  • 2-2-12. 水素配管
  • 2-3. 吸排気系
  • 2-3-1. エアクリーナASSY
  • 2-3-2. エアコンプレッサ
  • 2-3-3. インタクーラ
  • 2-3-4. FCエアプレッシャレギュレータASSY
  • 2-3-5. 排気管
  • 2-4. 冷却系
  • 2-4-1. FC冷却システム概要
  • 2-4-2. ウォータポンプ
  • 2-4-3. ラジエータ
  • 2-4-4. ロータリバルブ
  • 2-4-5. FCクーリングイオンエクスチェンジャASSY
  • 2-4-6. ウォータテンパラチャセンサ

第3章電動駆動システム

  • 3-1. 電動駆動システム概要
  • 3-1-1. 電動駆動システム構成要素
  • 3-2. EVサプライバッテリASSY
  • 3-2-1. 搭載位置
  • 3-2-2. バッテリセルとスタック
  • 3-2-3. ボルテージセンサとBMS
  • 3-3. パワーコントロールユニット(インバータ)
  • 3-3-1. 全体像
  • 3-3-2. 650V系ユニット
  • 3-3-3. 310.8V系ユニット
  • 3-4. トランスアクスル
  • 3-4-1. 全体像
  • 3-4-2. 減速機
  • 3-4-3. パーキングロック機構
  • 3-4-4. オイルポンプ
  • 3-4-5. ドライブシャフト
  • 3-4-6. 駆動モータ
  • 3-5. 降圧DC/DCコンバータ
  • 3-5-1. 降圧DC/DCコンバータ搭載位置と外観
  • 3-6. 駆動系冷却システム
  • 3-6-1. 冷却経路
  • 3-7. 駆動系高圧ハーネス
  • 3-7-1. ハーネスの配置

第4章シャーシ

  • 4-1. シャーシ概略
  • 4-1-1. シャーシ諸元
  • 4-2. フロントアクスル
  • 4-2-1. フロントアクスル概要
  • 4-2-2. フロントアクスルメカニズム
  • 4-3. リアアクスル
  • 4-3-1. リアアクスル概要
  • 4-3-2. リアアクスルメカニズム
  • 4-4. ステアリング
  • 4-4-1. ステアリング概要
  • 4-4-2. ステアリングメカニズム
  • 4-5. ブレーキシステム
  • 4-5-1. ブレーキシステム概要
  • 4-5-2. フロントブレーキ
  • 4-5-3. リヤブレーキ
  • 4-6. ペダル
  • 4-6-1. ペダル概要
  • 4-6-2. ペダルメカニズム
  • 4-7. タイヤ/ホイール
  • 4-7-1. タイヤ/ホイール概要

第5章車体

  • 5-1. 車体全体像
  • 5-1-1. 車体概要
  • 5-2. プラットフォーム
  • 5-2-1. プラットフォーム概要
  • 5-2-2. プラットフォームの構造
  • 5-3. フロントドア
  • 5-3-1. フロントドア概要
  • 5-4. リヤドア
  • 5-4-1. リヤドア概要
  • 5-5. フロントフード
  • 5-5-1. フロントフード概要
  • 5-6. ラゲッジドア
  • 5-6-1. ラゲッジドア概要
  • 5-7. フロントバンパ
  • 5-7-1. フロントバンパ概要
  • 5-7-2. フロントバンパメカニズム
  • 5-8. リアバンパ
  • 5-8-1. リアバンパ概要
  • 5-9. アンダカバー
  • 5-9-1. アンダカバー概要

第6章内装部品

  • 6-1. インテリア
  • 6-1-1. インテリア概要
  • 6-2. インストルメントパネル
  • 6-2-1. インストルメントパネル概要
  • 6-3. センタコンソール
  • 6-3-1. センタコンソール概要
  • 6-4. ステアリング周辺
  • 6-4-1. ステアリング周辺概要
  • 6-5. ルーフヘッドライニング
  • 6-5-1. ルーフヘッドライニング概要
  • 6-6. シート
  • 6-6-1. シート概要
  • 6-6-2. ドライバシート
  • 6-6-3. 助手席シート
  • 6-6-4. リヤシート
  • 6-7. ステアリングメンバ
  • 6-7-1. ステアリングメンバ概要
  • 6-7-2. ステアリングメンバメカニズム
  • 6-8. 防音・制振・異音対策
  • 6-8-1. 防音・制振・異音対策概要
  • 6-8-2. FC吸排気
  • 6-8-3. 車体制振
  • 6-8-4. 車内騒音対策

第7章EVコントロール

  • 7-1. EVコントロール全体像
  • 7-1-1. EV起動メカニズム
  • 7-1-2. EV駆動高電圧ネットワークとEVコントロールコンピュータ
  • 7-2. EVコントロール用主要ECU
  • 7-2-1. EVコントロールコンピュータ
  • 7-2-2. シフトコントロールコンピュータ
  • 7-2-3. FCコントロールコンピュータ
  • 7-2-4. ハイドロジェンフューエルコントロールコンピュータ

第8章Advanced Drive/先進安全運転支援

  • 8-1. 先進運転支援全体像
  • 8-1-1. 先進運転支援機能概要
  • 8-1-2. 先進運転支援用ECU/部品構成
  • 8-1-3. ミリ波/準ミリ波レーダ
  • 8-1-4. 環境認識カメラ
  • 8-1-5. ライダ
  • 8-1-6. 自車運動情報提供/自己位置推定ECU
  • 8-1-7. 認知判断ECU
  • 8-2. 安全運転支援用ECU/部品詳細
  • 8-2-1. アドバンストドライブコンピュータ
  • 8-2-2. アドバンストドライブエクステンションコンピュータ
  • 8-2-3. スペイシャルインフォメーションサービスコンピュータ
  • 8-2-4. アドバンストドライブカメラ
  • 8-2-5. オブジェクトレコグニションカメラ
  • 8-2-6. ライダアドバンストドライブセンサ FR/ライダアドバンストドライブコンピュータ
  • 8-2-7. ドライバモニタカメラ/ドライバモニタコンピュータ
  • 8-2-8. パーキングアシストコンピュータ/クリアランスウォーニングコンピュータ
  • 8-2-9. ドライビングサポートコンピュータ
  • 8-2-10. ミリメータウェーブレーダセンサ
  • 8-2-11. イーサネットスイッチングハブコンピュータ
  • 8-2-12. サブバッテリシステム

第9章車載情報システム

  • 9-1. 車載情報システム全体像
  • 9-1-1. 情報提示システム
  • 9-1-2. 構成ECU
  • 9-2. 車載情報システム用主要ECU
  • 9-2-1. コンビネーションメータ
  • 9-2-2. メータミラー
  • 9-2-3. マルチディスプレイ
  • 9-2-4. インテグレーションコントロール
  • 9-2-5. ラジオレシーバ
  • 9-2-6. ナビゲーションコンピュータ
  • 9-2-7. テレマティクストランシーバ

図表一覧 500点以上の図表や写真を収録。
「オンラインサービス」セットをご購入の場合、ダウンロードして企画書などにご利用いただけます。

【第1章】
  • 図表1-1-1-1 トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(2020)」
  • 図表1-1-1-2 MIRAI(2020)の水素タンク
  • 図表1-1-1-3 MIRAI(2020)の燃料電池FCシステム
  • 図表1-1-1-4 ひと回り大きくなったMIRAI(2020)
  • 図表1-1-1-5 MIRAI(2020)とMIRAI(2014)の比較
  • 図表1-1-2-1 MIRAI(2020)の自動駐車機能の概要
  • 図表1-1-2-2 MIRAI(2020)に搭載したADASの概要
  • 図表1-1-2-3 MIRAI(2020)に搭載されたAdvanced Driveの動作
  • 図表1-1-2-4 MIRAI(2020)では前方LiDARを搭載
  • 図表1-2-1-1 MIRAI(2020)の部品構成
  • 図表1-2-1-2 MIRAI(2020)の駆動用モータ
  • 図表1-2-1-3 FCスタックと一体化したMIRAI(2020)のFC昇圧コンバータ
  • 図表1-2-1-4 出力密度を世界最高水準の5.4kW/Lに
  • 図表1-2-1-5 FCシステムの部品配置を刷新
  • 図表1-2-2-1 MIRAIの動作モード
  • 図表1-3-1-1 千葉県自動車大学校の外観
  • 図表1-3-1-2 MIRAI(2020)の分解を行った千葉県自動車大学校の教員と日経クロステックのスタッフ
  • 図表1-3-1-3 MIRAI(2020)をリフトに運ぶところ
【第2章】
  • 図表2-1-1-1 FCパワーユニットの取り外し
  • 図表2-1-1-2 FCパワーユニット全体
  • 図表2-1-1-3 FCシステム全体図
  • 図表2-1-1-4 FCシステム機能構成
  • 図表2-1-1-5 車両から下ろした状態のMIRAI(2020)のFCパワーユニット(後ろから)
  • 図表2-1-1-6 車両から下ろした状態のMIRAI(2020)のFCパワーユニット(左後方から)
  • 図表2-1-1-7 車両から下ろした状態のMIRAI(2020)のFCパワーユニット(左前から)
  • 図表2-1-1-8 車両から下ろした状態のMIRAI(2020)のFCパワーユニット(前正面から)
  • 図表2-1-1-9 車両から下ろした状態のMIRAI(2020)のFCパワーユニット(右前から)
  • 図表2-1-1-10 車両から下ろした状態のMIRAI(2020)のFCパワーユニットの重量測定
  • 図表2-1-2-1 MIRAI(2020)のFCユニット本体
  • 図表2-1-2-2 MIRAI(2020)のFCユニット下段と中上段の分割
  • 図表2-1-2-3 MIRAI(2020)のFCスタックの分解
  • 図表2-1-2-4 MIRAI(2020)のFCスタックの構成
  • 図表2-1-2-5 MIRAI(2020)のFCスタック本体
  • 図表2-1-2-6 MIRAI(2020)のFCセルの相違
  • 図表2-1-2-7 MIRAI(2020)の正極板(セル側面)
  • 図表2-1-2-8 MIRAI(2020)の正極板(筐体側面)
  • 図表2-1-2-9 MIRAI(2020)の正極側単板スペーサ(セル酸素側接触面)
  • 図表2-1-2-10 MIRAI(2020)の正極側単板スペーサ(正極板側)
  • 図表2-1-2-11 MIRAI(2020)の正極側セルの違い
  • 図表2-1-2-12 MIRAI(2020)の最も正極板に近いセル
  • 図表2-1-2-13 MIRAI(2020)の正極板から2番目のセル
  • 図表2-1-2-14 MIRAI(2020)の正極板から3番目のセル
  • 図表2-1-2-15 MIRAI(2020)のその他同形状のセル
  • 図表2-1-2-16 MIRAI(2020)のFCセル積層時のズレ止めガイド棒
  • 図表2-1-2-17 MIRAI(2020)のセル酸素回路側形状
  • 図表2-1-2-18 MIRAI(2020)のセルのラミネート引き剥がし作業
  • 図表2-1-2-19 MIRAI(2020)のセルのラミネートを引き剥がしたところ
  • 図表2-1-2-20 MIRAI(2020)のMEA
  • 図表2-1-2-21 MIRAI(2020)の負極板
  • 図表2-1-2-22 MIRAI(2020)の負極板(裏側)
  • 図表2-1-2-23 MIRAI(2020)の負極板のFSW(摩擦拡散接合)
  • 図表2-1-2-24 VWの「ID.3」のインバータボックスのFSW(摩擦拡散接合)
  • 図表2-1-2-25 MIRAI(2020)のFCスタックの圧縮力測定
  • 図表2-1-2-26 MIRAI(2020)のFCスタックの圧縮力測定
  • 図表2-1-2-27 MIRAI(2020)のFCスタックの正極側支持構造部材
  • 図表2-1-2-28 MIRAI(2020)のFCスタックの正極側支持エンドフレーム(側面)
  • 図表2-1-2-29 MIRAI(2020)のFCスタックの筐体内部、正極側支持のための8本のスタッドボルト
  • 図表2-1-2-30 MIRAI(2020)のFCスタックの正極側支持エンドフレーム(底面)
  • 図表2-1-2-31 MIRAI(2020)のFCスタックの負極側固定プレート
  • 図表2-1-2-32 MIRAI(2020)のFCスタックの負極側固定プレート(裏側)
  • 図表2-1-3-1 MIRAI(2020)のFCセルの構造
  • 図表2-1-3-2 MIRAI(2020)のFCセルのセパレータの組成分析(1)
  • 図表2-1-3-3 MIRAI(2020)のFCセルのセパレータの組成分析(2)
  • 図表2-1-3-4 MIRAI(2020)のFCセルのMEAの組成分析(1)
  • 図表2-1-3-5 MIRAI(2020)のFCセルのMEA部のSEM画像
  • 図表2-1-3-6 MIRAI(2020)のFCセルのMEA部のSEM/EDX画像
  • 図表2-1-3-7 MIRAI(2020)のFCセルのMEA部のSEM/EDX画像(拡大)
  • 図表2-1-3-8 MIRAI(2020)のFCセルのMEA部のSEM/EDX画像(拡大2)
  • 図表2-1-3-9 MIRAI(2020)のFCセル触媒におけるPt、Co含有量調査
  • 図表2-1-4-1 MIRAI(2020)のFCスタックユニットのバスバー結合部
  • 図表2-1-4-2 MIRAI(2020)のコンバータASSY(底面)
  • 図表2-1-4-3 MIRAI(2020)のコンバータASSY部分の部品構成
  • 図表2-1-4-4 MIRAI(2020)のコンバータASSY(展開)
  • 図表2-1-4-5 MIRAI(2020)の昇圧コンバータモジュール(バスバー側)
  • 図表2-1-4-6 MIRAI(2020)の昇圧コンバータモジュール基板側
  • 図表2-1-4-7 MIRAI(2020)の昇圧コンバータモジュール内部
  • 図表2-1-4-8 MIRAI(2020)用昇圧コンバータモジュールの熱交換器
  • 図表2-1-4-9 MIRAI(2020)用昇圧コンバータモジュールのパワーモジュール
  • 図表2-1-4-10 MIRAI(2020)用昇圧コンバータモジュールの熱交換器の内部構造
  • 図表2-1-4-11 MIRAI(2020)用昇圧コンバータのSiCパワーMOSFETモジュール断面
  • 図表2-1-4-12 MIRAI(2020)のコンバータASSY最上部の構成
  • 図表2-1-4-13 MIRAI(2020)のコンバータASSY最上部の構成(組立)
  • 図表2-1-5-1 MIRAI(2020)のFCスタックボルテージセンサ
  • 図表2-1-5-2 MIRAI(2020)のFCセルの電圧測定部
  • 図表2-1-5-3 MIRAI(2020)のFCセルスタックの電圧測定部
  • 図表2-1-5-4 MIRAI(2020)のFCセルスタックの電圧測定コネクタ
  • 図表2-1-5-5 MIRAI(2020)のFCセルスタックの電圧測定コネクタの接続
  • 図表2-1-5-6 MIRAI(2020)のFCセルスタックの電圧測定基板
  • 図表2-1-5-7 MIRAI(2020)のFCセルスタックの電圧測定基板(裏側)
  • 図表2-1-6-1 MIRAI(2020)のFCスタックASSYの固定状態
  • 図表2-1-6-2 FCセルスタックASSYを固定するベースプレートに補機が”群がる”
  • 図表2-1-6-3 ベースプレートに”群がる”補機類
  • 図表2-1-6-4 MIRAI(2020)のFCセルスタックASSYをベースプレートからの分離したところ
  • 図表2-1-6-5 MIRAI(2020)のベースプレート本体
  • 図表2-1-6-6 MIRAI(2020)のFCスタックボックスフレーム
  • 図表2-1-6-7 MIRAI(2020)のFCスタックボックスフレーム(下面)
  • 図表2-1-6-8 MIRAI(2020)のFCスタックボックスフレーム(左側面)
  • 図表2-1-6-9 MIRAI(2020)のFCスタックボックスフレーム(右側面)
  • 図表2-1-6-10 MIRAI(2020)のFCスタックボックスフレーム(前側面)
  • 図表2-1-6-11 MIRAI(2020)のFCスタックプレート(後側面)
  • 図表2-1-6-12 MIRAI(2020)のFCスタックボックスフレームのケーシング
  • 図表2-1-6-13 MIRAI(2020)のFCスタックボックスフレーム内部
  • 図表2-1-6-14 MIRAI(2020)のFCスタックボックスフレーム内部の高分子フィルム
  • 図表2-1-6-15 MIRAI(2020)のFCスタックのボックスフレーム内部四隅のスタック挿入ダンパ
  • 図表2-2-1-1 MIRAI(2020)の水素タンク(センタタンク)
  • 図表2-2-1-2 MIRAI(2020)の水素タンク(後方中央)
  • 図表2-2-1-3 MIRAI(2020)の水素タンク(最後尾)
  • 図表2-2-1-4 MIRAI(2020)の水素タンクNo.1の銘板
  • 図表2-2-2-1 MIRAI(2020)のタンクバルブASSY
  • 図表2-2-2-2 MIRAI(2020)のタンクバルブASSYの各種弁
  • 図表2-2-2-3 MIRAI(2020)の溶栓弁開放時の噴射方向
  • 図表2-2-3-1 MIRAI(2020)の水素タンクの車載状況
  • 図表2-2-3-2 MIRAI(2020)のセンタタンクの車載ブラケット
  • 図表2-2-3-3 MIRAI(2020)の後部中央タンクの車載ブラケット
  • 図表2-2-3-4 MIRAI(2020)の最後尾タンクの車載ブラケット
  • 図表2-2-4-1 MIRAI(2020)の水素配管回路(再掲)
  • 図表2-2-4-2 MIRAI(2020)の車両の水素配管回路
  • 図表2-2-4-3 MIRAI(2020)の車両の水素配管回路を取り外して再現したところ
  • 図表2-2-5-1 水素ステーション
  • 図表2-2-5-2 MIRAI(2020)の水素チャージ口
  • 図表2-2-5-3 MIRAI(2020)への水素チャージの様子
  • 図表2-2-5-4 MIRAI(2020)のハイドロジェンインレットレセプタクルASSY
  • 図表2-2-6-1 MIRAI(2020)のチューブジョイント
  • 図表2-2-6-2 MIRAI(2020)のタンクプレッシャセンサ
  • 図表2-2-7-1 MIRAI(2020)のハイドロジェンサプライレギュレータ
  • 図表2-2-8-1 MIRAI(2020)のフューエルインジェクタASSY
  • 図表2-2-8-2 MIRAI(2020)のフューエルインジェクタASSYの構造(1)
  • 図表2-2-8-3 MIRAI(2020)のフューエルインジェクタASSYの構造(2)
  • 図表2-2-8-4 MIRAI(2020)のフューエルインジェクタASSYの構造(3)
  • 図表2-2-9-1 MIRAI(2020)のFC ASSY下部の補機類
  • 図表2-2-9-2 MIRAI(2020)のハイドロジェンリサーキュレーションポンプユニット(1)
  • 図表2-2-9-3 MIRAI(2020)のハイドロジェンリサーキュレーションポンプユニット(2)
  • 図表2-2-9-4 MIRAI(2020)のハイドロジェンリサーキュレーションポンプユニット駆動部
  • 図表2-2-9-5 MIRAI(2020)のハイドロジェンリサーキュレーションポンプ本体
  • 図表2-2-9-6 MIRAI(2020)のハイドロジェンリサーキュレーションポンプヘッド
  • 図表2-2-9-7 MIRAI(2020)のハイドロジェンリサーキュレーションポンプ駆動モータ
  • 図表2-2-9-8 MIRAI(2020)のハイドロジェンリサーキュレーションポンプ駆動モータステータ
  • 図表2-2-9-9 MIRAI(2020)のハイドロジェンリサーキュレーションポンプ駆動モータのロータ
  • 図表2-2-9-10 MIRAI(2020)のハイドロジェンサーキュレーションポンプのモータ電源ハーネス
  • 図表2-2-10-1 MIRAI(2020)のハイドロジェンリサーキュレーションセパレータ
  • 図表2-2-10-2 MIRAI(2020)のハイドロジェンリサーキュレーションセパレータの内部
  • 図表2-2-10-3 MIRAI(2020)のハイドロジェンリサーキュレーションセパレータ気水分離部
  • 図表2-2-10-4 MIRAI(2020)のハイドロジェンリサーキュレーションセパレータの水排水フィルタ
  • 図表2-2-10-5 MIRAI(2020)のハイドロジェンリサーキュレーションセパレータ排水バルブ
  • 図表2-2-10-6 排水経路
  • 図表2-2-10-7 排水部ウォータージャケット
  • 図表2-2-10-8 MIRAI(2020)のリサーキュレーションセパレータ材質表示
  • 図表2-2-11-1 MIRAI(2020)のハイドロジェンディテクタ
  • 図表2-2-11-2 MIRAI(2020)のハイドロジェンディテクタ(エンジンルーム内)
  • 図表2-2-11-3 MIRAI(2020)のハイドロジェンディテクタ(後部中央タンク部)
  • 図表2-2-11-4 MIRAI(2020)のハイドロジェンディテクタ(最後尾タンク部)
  • 図表2-2-12-1 MIRAI(2020)のハイドロジェンパイプ(高圧~中圧配管レイアウト)
  • 図表2-2-12-2 MIRAI(2020)のハイドロジェンパイプ断面
  • 図表2-2-12-3 MIRAI(2020)のハイドロジェンパイプ(中・低圧配管)
  • 図表2-3-1-1 MIRAI(2020)のFC吸気取り入れ口
  • 図表2-3-1-2 MIRAI(2020)のFC吸気系コンポーネント構成
  • 図表2-3-1-3 MIRAI(2020)のエアクリーナASSY
  • 図表2-3-1-4 MIRAI(2020)のエアクリーナケース内部吸音材
  • 図表2-3-1-5 MIRAI(2020)のエアクリーナケース内部の吸音材
  • 図表2-3-1-6 MIRAI(2020)のエアクリーナフィルタエレメントSUB-ASSY
  • 図表2-3-1-7 MIRAI(2020)のエアクリーナフィルタエレメントSUB-ASSYのフィルタ構成
  • 図表2-3-1-8 MIRAI(2020)のケミカルフィルタ
  • 図表2-3-1-9 MIRAI(2020)のインテークエアフロ―メータ(排出側より)
  • 図表2-3-1-10 MIRAI(2020)のインテークエアフロ―メータ単体
  • 図表2-3-2-1 MIRAI(2020)のFCエアコンプレッサの配置
  • 図表2-3-2-2 MIRA(I 2020)のFCエアコンプレッサ吸入口とコンプレッサタービン
  • 図表2-3-2-3 MIRAI(2020)のFCエアコンプレッサ単体
  • 図表2-3-2-4 MIRAI(2020)のFCエアコンプレッサのコンプレッサ部
  • 図表2-3-2-5 MIRAI(2020)のFCエアコンプレッサの可動ローラ増速機部
  • 図表2-3-2-6 MIRAI(2020)のFCエアコンプレッサのオイルポンプ
  • 図表2-3-2-7 MIRAI(2020)のエアコンプレッサモータのロータ
  • 図表2-3-2-8 MIRAI(2020)のエアコンプレッサモータのステータコイル
  • 図表2-3-2-9 MIRAI(2020)のコンプレッサモータのレゾルバ
  • 図表2-3-3-1 MIRAI(2020)のインタクーラ(上側面)
  • 図表2-3-3-2 MIRAI(2020)のインタクーラ(下側面)
  • 図表2-3-3-3 MIRAI(2020)のインタクーラ周辺機器
  • 図表2-3-3-4 MIRAI(2020)のターボプレッシャセンサ
  • 図表2-3-4-1 MIRAI(2020)のエアプレッシャレギュレータの全体像
  • 図表2-3-4-2 MIRAI(2020)のエアプレッシャレギュレータ(封止バルブ)の構造
  • 図表2-3-4-3 MIRAI(2020)のエアプレッシャレギュレータ(調圧バルブ)の構造
  • 図表2-3-4-4 MIRAI(2020)のバイパスバルブの構造
  • 図表2-3-5-1 MIRAI(2020)のエキゾーストパイプ全体構造
  • 図表2-3-5-2 MIRAI(2020)のFCスタックアウトレットホース
  • 図表2-3-5-3 MIRAI(2020)のFCスタックアウトレットホースを分解したところ
  • 図表2-3-5-4 MIRAI(2020)のFCのマフラ
  • 図表2-3-5-5 MIRAI(2020)のFCのマフラ内吸音材
  • 図表2-3-5-6 MIRAI(2020)のFCのマフラパイプ内径部
  • 図表2-4-1-1 MIRAI(2020)のFC冷却システム概要図(再掲)
  • 図表2-4-1-2 MIRAI(2020)の実機のFC冷却システム(1)
  • 図表2-4-1-3 MIRAI(2020)の実機のFC冷却システム(2)
  • 図表2-4-1-4 MIRAI(2020)の実機のFC冷却システム(3)
  • 図表2-4-1-5 MIRAI(2020)の実機のFC冷却システム(4)
  • 図表2-4-2-1 MIRAI(2020)のLLCポンプ周辺配管(1)
  • 図表2-4-2-2 MIRAI(2020)のLLCポンプ周辺配管(2)
  • 図表2-4-2-3 MIRAI(2020)のLLCポンプを分解したところ
  • 図表2-4-3-1 MIRAI(2020)のラジエータセット
  • 図表2-4-3-2 MIRAI(2020)のラジエータセットを斜め上から見たところ
  • 図表2-4-3-3 MIRAI(2020)のFC専用ラジエータ
  • 図表2-4-3-4 MIRAI (2020)のラジエータクーリングファン
  • 図表2-4-3-5 MIRAI (2020)のラジエータクーリングファンのスリット
  • 図表2-4-4-1 MIRAI(2020)のロータリバルブ周辺配管
  • 図表2-4-4-2 MIRAI(2020)のロータリバルブ本体
  • 図表2-4-4-3 MIRAI(2020)のロータリバルブ内部構造
  • 図表2-4-4-4 MIRAI(2020)のロータリバルブ内部駆動構造
  • 図表2-4-4-5 MIRAI(2020)のロータリバルブのブリーザプラグ
  • 図表2-4-5-1 MIRAI(2020)のイオンエクスチェンジャエレメントの搭載位置
  • 図表2-4-5-2 MIRAI(2020)のイオンエクスチェンジャASSYの構造と流路
  • 図表2-4-5-3 MIRAI(2020)のイオンエクスチェンジャエレメント
  • 図表2-4-5-4 MIRAI(2020)のイオンエクスチェンジャエレメント内部
  • 図表2-4-5-5 MIRAI(2020)のイオンエクスチェンジャエレメント内部詳細
  • 図表2-4-5-6 イオンエクスチェンジャエレメント内処理剤
  • 図表2-4-6-1 ウォータテンパラチャセンサ(FC出口側)
  • 図表2-4-6-2 ウォータテンパラチャセンサ(ラジエータ出口側)
【第3章】
  • 図表3-1-1-1 MIRAI(2020)の高圧系システム概要図
  • 図表3-1-1-2 MIRAI(2020)の高圧系システム概要(実体、側面から)
  • 図表3-1-1-3 MIRAI(2020)の高圧系システム概要(実体、前方から)
  • 図表3-1-1-4 MIRAI(2020)の高圧系システム概要(実体、後方から)
  • 図表3-2-1-1 MIRAI(2020)のサービスプラグ
  • 図表3-2-1-2 MIRAI(2020)のサービスプラグ取り外し
  • 図表3-2-1-3 MIRAI(2020)のEVサプライバッテリASSYのレイアウト
  • 図表3-2-1-4 MIRAI(2020)のEVサプライバッテリ前面パネル
  • 図表3-2-1-5 MIRAI(2020)のEVサプライバッテリの内部構成
  • 図表3-2-2-1 MIRAI(2020)のEVサプライバッテリの内部構成
  • 図表3-2-2-2 MIRAI(2020)のEVサプライバッテリASSYの分解作業
  • 図表3-2-2-3 MIRAI(2020)のバッテリスタックのユニット
  • 図表3-2-2-4 MIRAI(2020)のバッテリスタック詳細
  • 図表3-2-2-5 MIRAI(2020)のバッテリセルスタックフレーム
  • 図表3-2-2-6 MIRA(I 2020)のバッテリセルスタックの分解作業
  • 図表3-2-2-7 MIRAI(2020)のバッテリセル
  • 図表3-2-2-8 MIRAI(2020)のセルのホルダに設けられた冷却風ガイド
  • 図表3-2-2-9 MIRAI(2020)のセルスタックトレーの冷却風ガイド
  • 図表3-2-3-1 MIRAI(2020)のEVバッテリジャンクションブロックASSY
  • 図表3-2-3-2 MIRAI(2020)のバッテリコンピュータの構造
  • 図表3-2-3-3 MIRAI(2020)のバッテリコンピュータの基板(A面)
  • 図表3-2-3-4 MIRAI(2020)のバッテリコンピュータの基板(B面)
  • 図表3-3-1-1 MIRAI(2020)のパワーコントロールユニット
  • 図表3-3-1-2 MIRAI(2020)のパワーコントロールユニット構成
  • 図表3-3-2-1 MIRAI(2020)のパワーコントロールユニット(650V系)
  • 図表3-3-2-2 MIRAI(2020)のパワーコントロールユニット(650V系 IGBT)
  • 図表3-3-3-1 MIRAI(2020)のパワーコントロールユニット(310.8V系)
  • 図表3-3-3-2 MIRAI(2020)のパワーコントロールユニットのコンデンサ
  • 図表3-3-3-3 MIRAI(2020)のパワーコントロールユニットのコンデンサ(裏面)
  • 図表3-4-1-1 MIRAI(2020)のリヤトランスアクスル
  • 図表3-4-1-2 MIRAI(2020)のリヤトランスアクスル全景
  • 図表3-4-1-3 MIRAI(2020)のリヤトランスアクスルを減速機側からみたところ
  • 図表3-4-1-4 MIRAI(2020)のリヤトランスアクスルをモータ側から見たところ
  • 図表3-4-1-5 MIRAI(2020)のリヤトランスアクスルを上からみたところ
  • 図表3-4-1-6 MIRAI(2020)のリヤトランスアクスルの構成
  • 図表3-4-2-1 MIRAI(2020)のリヤトランスアクスルのトランスミッション部分
  • 図表3-4-2-2 MIRAI(2020)のリヤトランスアクスルのトランスミッションケース
  • 図表3-4-3-1 MIRAI(2020)のバイワイヤによるパーキングロック機構
  • 図表3-4-3-2 MIRAI(2020)のバイワイヤによるパーキングロック機構(詳細)
  • 図表3-4-3-3 MIRAI(2020)のバイワイヤのためのアクチュエータ
  • 図表3-4-3-4 MIRAI(2020)のパーキングロックアクチュエータ構造
  • 図表3-4-3-5 MIRAI(2020)のパーキングロックアクチュエータ構造(反対面)
  • 図表3-4-3-6 MIRAI(2020)のパーキングロックアクチュエータのサイクロイド減速機
  • 図表3-4-3-7 MIRAI(2020)のパーキングロックアクチュエータのサイクロイド減速機を組付けたところ
  • 図表3-4-3-8 MIRAI(2020)のSRモータステータコイルと駆動基板
  • 図表3-4-4-1 MIRAI(2020)の電動オイルポンプ
  • 図表3-4-4-2 MIRAI(2020)の電動オイルポンプユニット構造
  • 図表3-4-4-3 MIRAI(2020)の電動オイルポンプユニット構造
  • 図表3-4-4-4 MIRAI(2020)の電動オイルポンプユニット基板
  • 図表3-4-5-1 MIRAI(2020)のドライブシャフト
  • 図表3-4-6-1 トランスアクスル内のモータと外部との結線
  • 図表3-4-6-2 トランスアクスル内のMIRAI(2020)のモータ
  • 図表3-4-6-3 MIRAI(2020)のモータ本体
  • 図表3-4-6-4 MIRAI(2020)のモータ本体(側面)
  • 図表3-4-6-5 MIRAI(2020)のモータ本体(減速機側)
  • 図表3-4-6-6 MIRAI(2020)のモータ本体
  • 図表3-4-6-7 MIRAI(2020)のステータ詳細
  • 図表3-4-6-8 MIRAI(2020)のステータ断面
  • 図表3-4-6-9 MIRAI(2020)のステータのその他特徴
  • 図表3-4-6-10 MIRAI(2020)のロータ体格
  • 図表3-4-6-11 MIRAI(2020)の駆動モータのエンドフランジとシャフト
  • 図表3-4-6-12 MIRAI(2020)の駆動モータのロータコア構造
  • 図表3-4-6-13 MIRAI(2020)の駆動モータに装着されたレゾルバ
  • 図表3-4-6-14 MIRAI(2020)の駆動モータのレゾルバ側の軸受け部
  • 図表3-5-1-1 MIRAI(2020)でのDC/DCコンバータの取り付け位置
  • 図表3-5-1-2 MIRAI(2020)のDC/DCコンバータユニット
  • 図表3-5-1-3 MIRAI(2020)でのDC/DCコンバータ本体
  • 図表3-6-1-1 MIRAI(2020)のトランスアクスル用オイルクーラ
  • 図表3-6-1-2 MIRAI(2020)のトランスアクスル用オイルクーラユニット
  • 図表3-6-1-3 トランスアクスル用オイルクーラユニットの部品構成
  • 図表3-7-1-1 高圧ハーネス配線
  • 図表3-7-1-2 高圧ハーネス配線(車体後部)
  • 図表3-7-1-3 高圧ハーネス単体
  • 図表3-7-1-4 高圧ハーネスの線種
【第4章】
  • 図表4-1-1-1 MIRAI(2020)のシャーシ概要
  • 図表4-1-1-2 MIRAI(2020)のシャーシ諸元表
  • 図表4-2-1-1 MIRAI(2020)のフロントアクスル概要
  • 図表4-2-1-2 MIRAI(2020)のフロントサスペンション
  • 図表4-2-2-1 MIRAI(2020)のフロントアクスルメカニズム
  • 図表4-2-2-2 MIRAI(2020)のマルチリンクサスペンション詳細
  • 図表4-2-2-3 フロントフレームのマルチリンクサスペンション取り付け構造
  • 図表4-3-1-1 MIRAI(2020)のリアアクスルメカニズム
  • 図表4-3-2-1 MIRAI(2020)のリヤアクスルモジュール
  • 図表4-3-2-2 MIRAI(2020)のリヤサスペンションを後上方から見た図
  • 図表4-3-2-3 MIRAI(2020)のリヤサスペンションを後方から見た図
  • 図表4-3-2-4 MIRAI(2020)のリヤサスペンションを下方から見た図
  • 図表4-4-1-1 MIRAI(2020)のステアリング機構を下方から見た図
  • 図表4-4-1-2 左車輪右転舵状態
  • 図表4-4-1-3 左車輪左転舵状態
  • 図表4-4-2-1 MIRAI(2020)のナックル周辺メカニズム詳細
  • 図表4-4-2-2 ナックル周辺メカニズム詳細
  • 図表4-5-1-1 MIRAI(2020)のマスターシリンダユニット
  • 図表4-5-1-2 MIRAI(2020)の電動ブレーキアクチュエータ
  • 図表4-5-2-1 MIRAI(2020)のフロントブレーキ
  • 図表4-5-2-2 MIRAI(2020)のフロントディスクブレーキを車両側面から見たところ
  • 図表4-5-3-1 MIRAI(2020)のリヤディスクブレーキ
  • 図表4-5-3-2 MIRAI(2020)のリヤブレーキディスク
  • 図表4-5-3-3 MIRAI(2020)のパーキングブレーキ
  • 図表4-5-3-4 MIRAI(2020)のパーキングブレーキドラム部
  • 図表4-5-3-5 MIRAI(2020)のパーキングブレーキアクチュエータ
  • 図表4-6-1-1 ペダルレイアウト
  • 図表4-6-2-1 MIRAI(2020)のアクセルペダル
  • 図表4-6-2-2 MIRAI(2020)のアクセルペダル本体
  • 図表4-6-2-3 MIRAI(2020)のブレーキペダル
  • 図表4-6-2-4 MIRAI(2020)のブレーキペダルのセンシング機構
  • 図表4-7-1-1 フロントタイヤ/ホイール
  • 図表4-7-1-2 MIRAI(2020)のリヤタイヤ/ホイール
  • 図表4-7-1-3 MIRAI(2020)のタイヤパンク修理キット
  • 図表4-7-1-4 MIRAI(2020)タイヤパンク修理キットを使用するときの状態
  • 図表4-7-1-5 MIRAI(2020)のタイヤパンク修理キットをコンプレッサとしての使用するときの状態
【第5章】
  • 図表5-2-1-1 プラットフォームが共通の「クラウン」
  • 図表5-2-1-2 プラットフォームが共通の「レクサスLS」
  • 図表5-2-1-1 MIRAI(2020)のサイドビュー
  • 図表5-2-1-2 MIRAI(2020)の斜め前からのスタイル
  • 図表5-2-1-3 MIRAI(2020)の斜め後ろからのスタイル
  • 図表5-2-1-4 MIRAI新旧車両違い
  • 図表5-2-2-1 モノコックボディを内側後方から前方を見た写真
  • 図表5-2-2-2 MIRAI(2020)のモノコックボディを内側前方から後方を見た写真
  • 図表5-2-2-3 MIRAI(2020)のモノコックボディを下からルーフを見た写真
  • 図表5-2-2-4 フレーム左右をつなぐ部材の溶接部の形状
  • 図表5-3-1-1 MIRAI(2020)の運転席ドア内側写真
  • 図表5-3-1-2 MIRAI(2020)の助手席ドア内側写真
  • 図表5-3-1-3 MIRAI(2020)の運転席ドア内装表面写真
  • 図表5-3-1-4 MIRAI(2020)の運転席ドア内装裏面写真
  • 図表5-3-1-5 MIRAI(2020)の助手席ドア内装表面写真
  • 図表5-3-1-6 MIRAI(2020)の助手席ドア内装裏面写真
  • 図表5-4-1-1 MIRAI(2020)の後部左側ドア内側写真
  • 図表5-4-1-2 MIRAI(2020)の後部右側ドア内側写真
  • 図表5-4-1-3 MIRAI(2020)の後部左側ドア内装表面写真
  • 図表5-4-1-4 MIRAI(2020)の後部左側ドア内装裏側写真
  • 図表5-4-1-5 MIRAI(2020)の後部右側ドア内側表面写真
  • 図表5-4-1-6 MIRAI(2020)の後部右側ドア内側裏面写真
  • 図表5-5-1-1 MIRAI(2020)のロントフード(ボンネット)
  • 図表5-5-1-2 MIRAI(2020)のフロントフード内側
  • 図表5-5-1-3 MIRAI(2020)のポップアップフード作動ユニット
  • 図表5-5-1-4 MIRAI(2020)のフロントフード内側防音ライナ
  • 図表5-6-1-1 MIRAI(2020)のラゲッジドア(リヤトランク)
  • 図表5-6-1-2 MIRAI(2020)のラゲッジルーム
  • 図表5-6-1-3 MIRAI(2020)のラゲッジドアの内張りを外したところ
  • 図表5-7-1-1 MIRAI(2020)のフロントバンパの外観
  • 図表5-7-1-2 MIRAI(2020)のフロントバンパのカバーを外したところ
  • 図表5-7-2-1 MIRAI(2020)のフロントバンパ構造
  • 図表5-7-2-2 MIRAI(2020)の樹脂製衝撃吸収ダンパ
  • 図表5-7-2-3 MIRAI(2020)のアルミ押し出し材によるフロントバンパ
  • 図表5-7-2-4 フロントバンパの衝撃吸収部材3種
  • 図表5-7-2-5 MIRAI(2020)のフロントバンパカバー表側
  • 図表5-7-2-6 フロントバンパカバー裏側
  • 図表5-8-1-1 MIRAI(2020)のリヤバンパ本体
  • 図表5-8-1-2 MIRAI(2020)のリヤバンパの構造
  • 図表5-8-1-3 MIRAI(2020)のリヤバンパのカバー
  • 図表5-8-1-4 MIRAI(2020)のリヤバンパカバーのセンサ類取り付け
  • 図表5-9-1-1 MIRAI(2020)のアンダカバー
  • 図表5-9-1-2 MIRAI(2020)のアンダカバーの構成
  • 図表5-9-1-3 MIRAI(2020)のアンダカバーの重量
  • 図表5-9-1-4 MIRAI(2020)のアンダカバーの成形
  • 図表5-9-1-5 MIRAI(2020)の前輪タイヤハウスのライナ
  • 図表5-9-1-6 MIRAI(2020)の後輪タイヤハウスのライナ
  • 図表5-9-1-7 MIRAI(2020)のタイヤハウスライナに貼り付けられた吸音材
【第6章】
  • 図表6-1-1-1 MIRAI(2020)のインテリア
  • 図表6-1-1-2 上質なレザー、ファブリック、イルミネーション
  • 図表6-1-1-3 後部座席ドア
  • 図表6-2-1-1 MIRAI(2020)のインストルメントパネルのレイアウト
  • 図表6-2-1-2 インストルメントパネルのフレーム(手前が車両上方、下が前方)
  • 図表6-2-1-3 MIRAI(2020)のインストルメントパネルフレームの裏側(下が車両上方)
  • 図表6-2-1-4 MIRAI(2020)のインストルメントパネルに取り付く部品の写真
  • 図表6-2-1-5 MIRAI(2020)のインストルメントパネルにスイッチパネルを組付けた状態
  • 図表6-2-1-6 MIRAI(2020)のインストルメントパネルを裏から見た写真
  • 図表6-2-1-7 MIRAI(2020)のダッシュボードの上パネル
  • 図表6-2-1-8 MIRAI(2020)のダッシュボード上パネルの裏側
  • 図表6-3-1-1 MIRAI(2020)のセンタコンソールレイアウト
  • 図表6-3-1-2 MIRAI(2020)のセンタコンソールの上面パネルを外したところ
  • 図表6-3-1-3 MIRAI(2020)の小物入れ内のUSBコネクタ
  • 図表6-3-1-4 MIRAI(2020)のセンタコンソールの後面
  • 図表6-4-1-1 MIRAI(2020)のステアリングホイールのレイアウト
  • 図表6-4-1-2 ステアリングホイールは重要なヒューマンマシンインタフェース
  • 図表6-5-1-1 MIRAI(2020)のルーフヘッドライニングの室内側
  • 図表6-5-1-2 MIRAI(2020)のルーフヘッドライニング裏側
  • 図表6-6-1-1 MIRAI(2020)の取り外した前席シート
  • 図表6-6-1-2 MIRAI(2020)の取り外した後部座席シート
  • 図表6-6-2-1 MIRAI(2020)のドライバシート
  • 図表6-6-2-2 MIRAI(2020)のドライバシートアジャストスイッチ
  • 図表6-6-2-3 MIRAI(2020)のドライバシート座面下から見た所
  • 図表6-6-2-4 MIRAI(2020)のドライバシートのバックレスト裏側
  • 図表6-6-3-1 MIRAI(2020)の助手席シート
  • 図表6-6-3-2 MIRAI(2020)の助手席アジャストスイッチ
  • 図表6-6-3-3 MIRAI(2020)の助手席座面下から見たところ
  • 図表6-6-3-4 MIRAI(2020)の助手席シートのバックレスト裏側
  • 図表6-6-4-1 MIRAI(2020)のリアシート
  • 図表6-6-4-2 MIRAI(2020)のリヤシートのひじ掛け
  • 図表6-6-4-3 MIRAI(2020)のリヤシートのひじ掛け操作パネル
  • 図表6-6-4-4 MIRAI(2020)のリヤシート座面の表側
  • 図表6-6-4-5 MIRAI(2020)のリヤシート座面の表側
  • 図表6-6-4-6 MIRAI(2020)のリヤシートのシートバック
  • 図表6-6-4-7 MIRAI(2020)のリヤシートのシートバックを裏側から見たところ
  • 図表6-6-4-8 MIRAI(2020)のリヤシートのシートバックのベンチレーション
  • 図表6-7-1-1 MIRAI(2020)のステアリングメンバの構造
  • 図表6-7-2-1 MIRAI(2020)のステアリングメンバの取り付け構造
  • 図表6-7-2-2 MIRAI(2020)のステアリングアジャスト機構
  • 図表6-8-2-1 MIRAI(2020)のエンジンルームカバーと吸気口
  • 図表6-8-2-2 MIRAI(2020)の吸気の流れ
  • 図表6-8-2-3 MIRAI(2020)のエンジンルームカバー裏の吸音材
  • 図表6-8-2-4 MIRAI(2020)の吸気口からエアクリーナへの吸気マニホールド
  • 図表6-8-2-5 MIRAI(2020)の吸気マニホールド構造
  • 図表6-8-2-6 MIRAI(2020)のエアクリーナボックス
  • 図表6-8-2-7 MIRAI(2020)の排気管全体
  • 図表6-8-2-8 MIRAI(2020)の排気マニホールド
  • 図表6-8-2-9 MIRAI(2020)の排気マニホールドの構造
  • 図表6-8-2-10 MIRAI(2020)のマフラの構造
  • 図表6-8-3-1 MIRAI(2020)のフロアサイレンサ塗布位置(1)
  • 図表6-8-3-2 MIRAI(2020)のフロアサイレンサ塗布位置(2)
  • 図表6-8-3-3 MIRAI(2020)のフロアサイレンサ塗布位置(3)
  • 図表6-8-4-1 MIRAI(2020)のフロアのマット類
  • 図表6-8-4-2 MIRAI(2020)の様々な種類のフロアのマット類
  • 図表6-8-4-3 MIRAI(2020)のセンタトンネル部のマット表面
  • 図表6-8-4-4 MIRAI(2020)のセンタトンネル部のマット裏面
  • 図表6-8-4-5 ドライバ足元部のマット表面
  • 図表6-8-4-6 MIRAI(2020)の助手席足元部のマット表面
  • 図表6-8-4-7 MIRAI(2020)のキャビンとエンジンルームを隔てる壁の防振マット表面
  • 図表6-8-4-8 MIRAI(2020)のキャビンとエンジンルームを隔てる壁の防振マット裏面
  • 図表6-8-4-9 MIRAI(2020)の後部座席座面下の防振マット表面
  • 図表6-8-4-10 MIRAI(2020)の後部座席座面下の防振マット裏面
  • 図表6-8-4-11 MIRAI(2020)の後部座席シートバックから後ダッシュボードのカーペット裏面
  • 図表6-8-4-12 MIRAI(2020)の前席足元のカーペット(表面)
  • 図表6-8-4-13 MIRAI(2020)の前席足元のカーペット(裏面)
【第7章】
  • 図表7-1-1-1 EVコントロールコンピュータを中核にECUが連携
  • 図表7-1-1-2 MIRAI(2020)の高電圧ネットワークとEVコントロールコンピュータの関係
  • 図表7-2-1-1 MIRAI(2020)のEVコントロールコンピュータの外観
  • 図表7-2-1-2 MIRAI(2020)のEVコントロールコンピュータの搭載位置
  • 図表7-2-1-3 MIRAI(2020)のEVコントロールコンピュータの内部
  • 図表7-2-1-4 MIRAI(2020)のEVコントロールコンピュータの基板(A面)
  • 図表7-2-1-5 MIRAI(2020)のEVコントロールコンピュータの基板(B面)
  • 図表7-2-2-1 MIRAI(2020)のシフトコントロールコンピュータの外観
  • 図表7-2-2-2 MIRAI(2020)のシフトレバー
  • 図表7-2-3-1 MIRAI(2020)のFCコントロールコンピュータの搭載位置
  • 図表7-2-3-2 MIRAI(2020)のFCコントロールコンピュータの外観
  • 図表7-2-3-3 MIRAI(2020)のFCコントロールコンピュータのケースを開けたところ
  • 図表7-2-3-4 MIRAI(2020)のFCコントロールコンピュータの基板(A面)
  • 図表7-2-3-5 MIRAI(2020)のFCコントロールコンピュータの基板(B面)
  • 図表7-2-4-1 MIRAI(2020)のハイドロジェンフューエルコントロール コンピュータの搭載位置
  • 図表7-2-4-2 MIRAI(2020)のハイドロジェンフューエルコントロール コンピュータの内部構造
  • 図表7-2-4-3 MIRAI(2020)のハイドロジェンフューエルコントロール コンピュータの基板(A面)
  • 図表7-2-4-4 MIRAI(2020)のハイドロジェンフューエルコントロール コンピュータの基板(B面)
【第8章】
  • 図表8-1-1-1 MIRAI(2020)のAdvanced Drive付きグレードとAdvanced Drive未装着のグレードの違い
  • 図表8-1-2-1 MIRAI(2020)の先進運転支援にかかわる主なECUやセンサ
  • 図表8-1-2-2 MIRAI(2020)の主にAdvanced Drive関連部品
  • 図表8-1-2-3 MIRAI(2020)の先進運転支援機能に関するネットワーク
  • 図表8-1-3-1 MIRAI(2020)のミリメータウェーブレーダセンサ
  • 図表8-1-3-2 MIRAI(2020)のフロントサイドレーダセンサ
  • 図表8-1-3-3 MIRAI(2020)のブラインドスポットモニタセンサ
  • 図表8-1-4-1 MIRAI(2020)のオブジェクトレコグニションカメラおよびアドバンストドライブカメラの搭載位置
  • 図表8-1-4-2 MIRAI(2020)のオブジェクトレコグニションカメラおよびアドバンストドライブカメラを内側から見たところ
  • 図表8-1-4-3 MIRAI(2020)のフロントテレビジョンカメラ
  • 図表8-1-4-4 MIRAI(2020)のリヤテレビジョンカメラ
  • 図表8-1-4-5 MIRAI(2020)のサイドテレビジョンカメラ
  • 図表8-1-4-6 MIRAI(2020)のドライバモニタカメラ
  • 図表8-1-4-7 MIRAI(2020)のドライバモニタコンピュータ
  • 図表8-1-5-1 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブセンサ FR
  • 図表8-1-5-2 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブセンサ FRに伸びる洗浄用ホース
  • 図表8-1-5-3 MIRAI(2020)のリアのライダ
  • 図表8-1-5-4 MIRAI(2020)のリアのライダ(きょう体のみ)
  • 図表8-1-5-5 MIRAI(2020)のフェンダ部にあるライダ用スペース
  • 図表8-1-5-6 MIRAI(2020)のフェンダ部にあるライダ用スペースを開いたところ
  • 図表8-1-6-1 MIRAI(2020)のスペイシャルインフォメーションサービスコンピュータの搭載位置
  • 図表8-1-6-2 MIRAI(2020)のスペイシャルインフォメーションサービスコンピュータの位置/空間情報提供機能
  • 図表8-1-7-1 MIRAI(2020)のアドバンストドライブコンピュータとアドバンストドライブエクステンションコンピュータの搭載位置
  • 図表8-1-7-2 MIRAI(2020)のアドバンストドライブコンピュータとアドバンストドライブエクステンションコンピュータを冷却するためのカバー
  • 図表8-1-7-3 MIRAI(2020)のアドバンストドライブコンピュータとアドバンストドライブエクステンションコンピュータを冷却するためのカバーを外したところ
  • 図表8-1-7-4 MIRAI(2020)のドライビングサポートコンピュータ搭載位置
  • 図表8-1-7-5 MIRAI(2020)のクリアランスウォーニングコンピュータの搭載位置
  • 図表8-2-1-1 MIRAI(2020)のアドバンストドライブコンピュータの外観
  • 図表8-2-1-2 MIRAI(2020)のアドバンストドライブコンピュータの内部
  • 図表8-2-1-3 MIRAI(2020)のアドバンストドライブコンピュータの基板(A面)
  • 図表8-2-1-4 MIRAI(2020)のアドバンストドライブコンピュータの基板(B面)
  • 図表8-2-2-1 MIRAI(2020)のアドバンストドライブエクステンションコンピュータの外観
  • 図表8-2-2-2 MIRAI(2020)のアドバンストドライブエクステンションコンピュータの内部
  • 図表8-2-2-3 MIRAI(2020)のアドバンストドライブエクステンションコンピュータの基板(A面)
  • 図表8-2-2-4 MIRAI(2020)のアドバンストドライブコンピュータの基板(B面)
  • 図表8-2-3-1 MIRAI(2020)のスペイシャルインフォメーションサービスコンピュータの外観
  • 図表8-2-3-2  MIRAI(2020)のスペイシャルインフォメーションサービスコンピュータの内部
  • 図表8-2-3-3  MIRAI(2020)のスペイシャルインフォメーションサービスコンピュータの基板(A面)
  • 図表8-2-3-4  MIRAI(2020)のスペイシャルインフォメーションサービスコンピュータの基板(B面)
  • 図表8-2-4-1 MIRAI(2020)のアドバンストドライブカメラの外観
  • 図表8-2-4-2 MIRAI(2020)のアドバンストドライブカメラを上からみたところ
  • 図表8-2-4-3 MIRAI(2020)のアドバンストドライブカメラのカバーを外したところ
  • 図表8-2-4-4 MIRAI(2020)のアドバンストドライブカメラのメイン基板
  • 図表8-2-4-5 MIRAI(2020)のアドバンストドライブカメラのCMOSイメージセンサ
  • 図表8-2-5-1 MIRAI(2020)のオブジェクトレコグニションカメラの外観
  • 図表8-2-5-2 MIRAI(2020)のオブジェクトレコグニションカメラの内部
  • 図表8-2-5-3 MIRAI(2020)のオブジェクトレコグニションカメラの内部
  • 図表8-2-5-4 MIRAI(2020)のオブジェクトレコグニションカメラの基板(A面)
  • 図表8-2-5-5 MIRAI(2020)のオブジェクトレコグニションカメラの基板(B面)
  • 図表8-2-6-1 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブセンサ FRの外観
  • 図表8-2-6-2 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブセンサ FRの内部構造(1)
  • 図表8-2-6-3 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブセンサ FRの内部構造(2)
  • 図表8-2-6-4 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブセンサ FRのPCB#1
  • 図表8-2-6-5 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブセンサ FRのPCB#2
  • 図表8-2-6-6 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブセンサ FRのPCB#3
  • 図表8-2-6-7 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブセンサ FRのPCB#4
  • 図表8-2-6-8 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブセンサ FRのPCB#5
  • 図表8-2-6-9 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブセンサFRのPCB#6
  • 図表8-2-6-10 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブコンピュータの内部
  • 図表8-2-6-11 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブコンピュータの基板(A面)
  • 図表8-2-6-12 MIRAI(2020)のライダアドバンストドライブコンピュータの基板(B面)
  • 図表8-2-7-1 MIRAI(2020)のドライバモニタコンピュータの外観
  • 図表8-2-7-2 MIRAI(2020)のドライバモニタカメラの外観
  • 図表8-2-7-3 MIRAI(2020)のドライバモニタコンピュータの内部
  • 図表8-2-7-4 MIRAI(2020)のドライバモニタコンピュータの基板(A面)
  • 図表8-2-7-5 MIRAI(2020)のドライバモニタコンピュータの基板(B面)
  • 図表8-2-8-1 MIRAI(2020)のパーキングアシストコンピュータの外観
  • 図表8-2-8-2 MIRAI(2020)のクリアランスウォーニングコンピュータの外観
  • 図表8-2-8-3 MIRAI(2020)のパーキングアシストコンピュータの内部
  • 図表8-2-8-4 MIRAI(2020)のパーキングアシストコンピュータの基板(A面)
  • 図表8-2-8-5 MIRAI(2020)のパーキングアシストコンピュータの基板(B面)
  • 図表8-2-8-6 MIRAI(2020)のリアランスウォーニングコンピュータの内部
  • 図表8-2-8-7 MIRAI(2020)のリアランスウォーニングコンピュータの基板(A面)
  • 図表8-2-8-8 MIRAI(2020)のリアランスウォーニングコンピュータの基板(B面)
  • 図表8-2-9-1 MIRAI(2020)のドライビングサポートコンピュータの外観
  • 図表8-2-9-2 MIRAI(2020)のドライビングサポートコンピュータの内部
  • 図表8-2-9-3 MIRAI(2020)のドライビングサポートコンピュータ基板(A面)
  • 図表8-2-9-4 MIRAI(2020)のドライビングサポートコンピュータ基板(B面)
  • 図表8-2-10-1 MIRAI(2020)のミリメータウェーブレーダセンサの外観
  • 図表8-2-10-2 MIRAI(2020)のミリメータウェーブレーダセンサの内部
  • 図表8-2-10-3 MIRAI(2020)のミリメータウェーブレーダセンサのアンテナ基板
  • 図表8-2-10-4 MIRAI(2020)のミリメータウェーブレーダセンサの制御基板
  • 図表8-2-11-1 MIRAI(2020)のイーサネットスイッチングハブコンピュータの外観
  • 図表8-2-11-2 MIRAI(2020)のイーサネットスイッチングハブコンピュータの内部
  • 図表8-2-11-3 MIRAI(2020)のイーサネットスイッチングハブコンピュータの基板(A面)
  • 図表8-2-11-4 MIRAI(2020)のイーサネットスイッチングハブコンピュータの基板(B面)
  • 図表8-2-12-1 MIRAI(2020)のサブバッテリシステムの外観
  • 図表8-2-12-2 MIRAI(2020)のマルチパワーコントロール コンピュータ の外観
  • 図表8-2-12-3 MIRAI(2020)のサブバッテリシステムのふたを開けたところ
  • 図表8-2-12-4 MIRAI(2020)のサブバッテリシステムの電池モジュールを取り出したところ
  • 図表8-2-12-5 MIRAI(2020)のマルチパワーコントロールコンピュータの内部構造
  • 図表8-2-12-6 MIRAI(2020)のマルチパワーコントロールコンピュータの基板(A面)
  • 図表8-2-12-7 MIRAI(2020)のマルチパワーコントロールコンピュータの基板(B面)
【第9章】
  • 図表9-1-1-1 MIRAI(2020)のコンビネーションメータ
  • 図表9-1-1-2 MIRAI(2020)のメータミラー
  • 図表9-1-1-3 MIRAI(2020)のマルチディスプレイ
  • 図表9-1-2-1 MIRAI(2020)の情報提示系のネットワーク
  • 図表9-2-1-1 MIRAI(2020)のコンビネーションメータの外観
  • 図表9-2-1-2 MIRAI(2020)のコンビネーションメータの構成部品
  • 図表9-2-1-3 MIRAI(2020)のコンビネーションメータのメイン基板(A面)
  • 図表9-2-1-4 MIRAI(2020)のコンビネーションメータのメイン基板(B面)
  • 図表9-2-1-5 MIRAI(2020)のコンビネーションメータのLED基板(右)
  • 図表9-2-1-6 MIRAI(2020)のコンビネーションメータのLED基板(左)
  • 図表9-2-2-1 MIRAI(2020)のメータミラーの外観
  • 図表9-2-2-2 MIRAI(2020)のメータミラーの内部
  • 図表9-2-2-3 MIRAI(2020)のメータミラーのハウジング
  • 図表9-2-2-4 MIRAI(2020)のメータミラーのメイン基板(A面)
  • 図表9-2-2-5 MIRAI(2020)のメータミラーのメイン基板(B面)
  • 図表9-2-2-6 MIRAI(2020)のメータミラーのLED基板
  • 図表9-2-3-1 MIRAI(2020)のマルチディスプレイの外観
  • 図表9-2-3-2 MIRAI(2020)のマルチディスプレイの内部構造
  • 図表9-2-3-3 MIRAI(2020)のマルチディスプレイのメイン基板(A面)
  • 図表9-2-3-4 MIRAI(2020)のマルチディスプレイのメイン基板(B面)
  • 図表9-2-3-5 MIRAI(2020)のマルチディスプレイのパネル駆動基板
  • 図表9-2-3-6 MIRAI(2020)のマルチディスプレイのスイッチ基板
  • 図表9-2-4-1 MIRAI(2020)のインテグレーションコントロール内部構造
  • 図表9-2-4-2 MIRAI(2020)のインテグレーションコントロールの基板(A面)
  • 図表9-2-4-3 MIRAI(2020)のインテグレーションコントロールの基板(B面)
  • 図表9-2-5-1 MIRAI(2020)のラジオレシーバ搭載位置
  • 図表9-2-5-2 MIRAI(2020)ののラジオレシーバの構造(正面からみたところ)
  • 図表9-2-5-3 MIRAI(2020)のラジオレシーバの展開図
  • 図表9-2-5-4 MIRAI(2020)のラジオレシーバのアンテナ用基板とディスクのイジェクトボタン用基板
  • 図表9-2-5-5 MIRAI(2020)のラジオレシーバのオーディオ用基板(A面)
  • 図表9-2-5-6 MIRAI(2020)のラジオレシーバのオーディオ用基板(B面)
  • 図表9-2-5-7 MIRAI(2020)のラジオレシーバの映像/情報処理用基板(A面)
  • 図表9-2-5-8 MIRAI(2020)のラジオレシーバの映像/情報処理用基板(B面)
  • 図表9-2-5-9 MIRAI(2020)のラジオレシーバのディスクドライブ用基板(A面)
  • 図表9-2-5-10 MIRAI(2020)のラジオレシーバのディスクドライブ用基板(B面)
  • 図表9-2-6-1 MIRAI(2020)のナビゲーションコンピュータの構造
  • 図表9-2-6-2 MIRAI(2020)のナビゲーションコンピュータの基板(A面)
  • 図表9-2-6-3 MIRAI(2020)のナビゲーションコンピュータの基板(B面)
  • 図表9-2-7-1 MIRAI(2020)のテレマティクストランシーバの構造
  • 図表9-2-7-2 MIRAI(2020)のテレマティクストランシーバの基板(A面)
  • 図表9-2-7-3 MIRAI(2020)のテレマティクストランシーバの基板(B面)

編集責任者からのメッセージ

トヨタ自動車は、新型MIRAIのFCシステムを、乗用車のみならず、トラックやバス、船、電車、定置用発電システムなどに適用していく方針を示しています。つまり、このFCシステムを水素社会の中核として育てていこうとしているのです。このFCシステムを徹底的に分析した本書は、カーボンニュートラル時代に必須の最先端技術を知ることができる、必須のバイブルです。ぜひ、入手を検討ください。

編集責任者中道理

日経BP
日経クロステック副編集長、日経エレクトロニクス編集長

<経歴>『日経バイト』『日経コミュニケーション』『日経エレクトロニクス』で技術系専門記者として活動。2017年からオープンイノベーションを実践する『リアル開発会議』の編集長を務めた後、2020年1月より現職。「日産自動車『リーフ』徹底分解」シリーズや「テスラ『モデル3/モデルS』徹底分解」シリーズで主要メンバーとして分解・調査、編集・執筆、フォルクスワーゲンの電気自動車「ID.3」の分解・調査においても主導的な立場で関わり、日経クロステックの特集記事「VW本気のEV『ID.3』徹底分解」では記事を執筆したほか、責任者を務めた。近著は「4脚歩行ロボ『Spot』の執筆・編集・監修。

誌面サンプル読めます /

【収録内容】
●第1章より「新型MIRAIの位置付け」-「車両」
●第2章より「燃料電池部」-「燃料電池部概要」、「水素供給系」-「水素タンク」
●第3章より「電動駆動システム概要」-「電動駆動システム構成要素」
●第4章より「シャーシ概略」-「シャーシ諸元」
●第5章より「車体全体像」-「車体概要」
●第6章より「インテリア」-「インテリア概要」
●第7章より「EVコントロール全体像」-「EV駆動メカニズム」、「EVコントロール用主要ECU」-「EVコントロールコンピュータ」
●第8章より「先進運転支援全体像」-「先進運転支援機能概要」
●第9章より「車載情報システム全体像」-「情報提示システム」
●本レポートの全目次 ※誌面サンプルは日経BPの許諾なく無断転載することを禁じます。

「オンラインサービス」なら、
検索も図表のダウンロードもできる!

※ご利用にはオンラインサービスセットのご購入が必要です。

テキスト検索
レポート閲覧
がすぐできる

入力したキーワードと関連するテキスト情報を瞬時に検索し、一覧表示。また、目次に沿ってレポートを閲覧することもできます。

入力した検索ワードの関連キーワード
関連企業
が分かる

日経BP独自の機械学習エンジンで、入力した検索ワードに関連する「キーワード」や「企業」の検索結果を表示します。

図表の解説文を分析図表だけ
探せる

入力したキーワードと関連する図表だけをサムネイルで一覧表示。図表をクリックして、詳細情報にアクセスできます。

出典や説明文も一緒にボタン一つ
パワポに出力

検索したテキスト情報や図表などのコンテンツは、ボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。

  • ※オンラインサービスセットご購入の場合は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。
  • ※ご利用開始に際してはお手続きは不要です。ご購入時にご連絡いただいたメールアドレス宛に、サービス登録完了のご案内を電子メールにてお送りします。
    ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。
  • ※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。nbpm.jp/osiからお問い合わせください。
  • ※コンテンツご利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。
  • ※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
    例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など
  • ※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。

トヨタ自動車
「新型MIRAI
(Advanced Drive)

徹底分解

  • ■監修:日経クロステック
  • ■価格:書籍のみ:880,000円(10%税込)
       書籍+オンラインサービス:1,320,000円(10%税込)
  • ■発行日:2021年12月24日
  • ■仕様:A4判、354ページ
  • ■発行:日経BP
  • パンフレット(PDF)ダウンロード

セット購入の方は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

商品の購入に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。

※本フォームは法人のお客様専用です。個人でご希望の方はこちらからお問い合わせください。

技術関連レポートのご案内