勝者と敗者が、次の5年で決まる。
DXが金融業界に与えるインパクトは
想像を超えたものに。

金融DX 戦略レポート

導入意向調査、金融70社の戦略
デジタルサービス市場規模予測

誌面サンプル読めます

導入実態調査、市場規模、ライバルの戦略…
DXで成果を上げるための、すべての情報がここに。

次の5年、DXで成果を上げられるかどうかが金融機関の命運を分けます。どのような課題の解決を優先させるのか、市場のどこを狙い、成長の道筋を描くのか。その判断と実行に、かつてないスピードが求められています。

金融取引の非対面化や顧客接点の強化はもちろん、デジタルを軸とした新商品・サービスの開発、これらを実現するための人材育成や業務の生産性向上など、いずれも生き残りには避けて通れません。

本レポートは、金融機関におけるDXの導入実態や投資動向についての独自調査のほか、デジタル金融の市場規模予測、主要70社のDX戦略など、本気でDXに挑み、成果を上げるための要点を網羅しています。

どの市場を狙い、どんな企業と組むのか。いかなる課題の解決を優先させるのか。そして、DXにどう取り組み、成功させるか。ぜひ、本レポートを貴社の戦略策定にご活用ください。

続きを読む閉じる

特長1金融DX投資動向&導入意向調査

金融業界の現状と課題、投資動向を知る

今、取り組んでいる施策から今後の導入意向、投資意向、組みたいパートナーの条件などを独自に調査、分析。金融業界におけるDXの実態と今後の動向を明らかにしました。攻めの施策から守りの施策、人材育成まで、自社の現在地を把握し、優先すべき課題がつかめます。

デジタル投資動向調査【銀行・証券・保険】

金融業界全体、銀行、証券、保険について「攻めの施策」と「守りの施策」別に投資額がどの程度増減するか、投資額はいくらかを独自調査をもとに分析・レポート

  • 金融業界:4割が21年度に投資増
  • 銀行:モバイルアプリに強い投資意欲
  • 証券:21年度は大幅な投資増へ
  • 保険:3分の1が1億円以上の投資枠

【分野別】DX導入意向調査 ― 全101社の回答を分析

「成果として重視していること」「実現への課題」など22の設問に対する回答を分析。金融DXの現在と未来を示します。

DXの取り組み状況と導入意向は?【施策×実用化の時期】

35のデジタル施策について、「既に実用化している」「今後1年以内に実用化したい」など7段階で分析

  • 新事業・新サービスの開発・実現に向けたAI 活用
  • マーケティングにおける外部データやオープンデータの活用
  • オンライン取引の活性化や利便性向上に向けたeKYCの導入
  • UI/UXの高度化に向けたデータ分析
  • 業務システムの開発・運用コストの削減に向けたIaaS、PaaSの活用
  • リモートワークなどの推進に向けたSaaSの活用 ほか

DXを主導する部門はどこか?

「新たな収益源の開拓・探索」「既存サービスの改善・強化」「業務の生産性向上やコスト削減」「社内体制の強化」はどの部門が主導している?

外部のどのような企業と組みたいか?

今、取引のあるITコンサル/ベンダーか、新たなパートナーか。どんな会社と組みたいか。そして選択にあたって重視するポイントは?

投資にあたって注力したい領域は?

モバイルアプリ、クラウド、AI、オープンAPIなど13項目から注目の投資領域を分析。

守りのデジタル施策(業務の生産性向上やコスト削減)への取り組み

2021年以降のデジタル投資において注力したい領域(複数回答)

【主な調査回答企業】 ゆうちょ銀行、みずほ銀行、ローソン銀行、GMO あおぞらネット銀行、紀陽銀行、伊予銀行、中国銀行、野村ホールディングス、みずほ証券、損害保険ジャパン、あいおいニッセイ同和損害保険、日本生命保険、第一生命保険、明治安田生命保険、かんぽ生命保険 など

【調査の概要】 ● 2020年12月に実施 ● 調査対象:金融機関(銀行、証券、生命保険、損害保険、信用金庫)のうち調査依頼に対して許可を得られた321社 ● 有効回答数:101

特長2デジタル金融サービス・市場規模予測

成長分野はどこか。
注目8分野分析とプレイヤーの動向

金融DXの加速は、巨大な市場を生み出します。これから伸びる分野はどこか。どんな規模で拡大していくのか。注目すべき8カテゴリーについて分析し、2020年から2025年までを年別に予測。さらに主要プレイヤーの動向もレポートします。

市場規模予測 ― デジタルサービス注目8分野別分析 2020-2025

国内のデジタル金融・市場規模予測

2020年~2025年の年別市場規模予測と主要プレイヤーの動向を分析

  • BaaS(Banking as a Service)
  • eKYC
  • 法人向けオンライン融資
  • 信用スコアリング
  • 地域通貨
  • ロボ・アドバイザー
  • クラウドファンディング(購入型、投資型)
  • PFM

特長3メガトレンド/金融DX実践ロードマップ

注目技術は、いつ、業界のデファクトスタンダード
になるのか

外せないメガトレンド、注目技術解説に加え、業界におけるDXがいつ頃、どのように普及期を迎えるのかをロードマップで図解。戦略策定のベースとして知っておくべき情報をレポートします。

メガトレンド・レポート

金融DXイベントマップ、中央銀行デジタルマネー(CBDC)、決済インフラ改革、地銀再編、STOキャッシュレス決済、RegTech、SupTech、InsurTech、法改正など10の業界メガトレンドを解説。

注目テクノロジー解説

BaaS、ブロックチェーン、全銀システム、De-Fi、FIDO認証など、金融業界のDXにおいて、必ず押さえておきたい技術を解説し、それらを取り巻く主要な動向をレポートします。

DX実践ロードマップ

どの技術が、いつ頃から使われ始めるのか。それらが金融分野において標準的なテクノロジーとして定着するようになるのはいつのことか。独自分析によるロードマップを提示し、解説します。

【対象となる技術】モバイルアプリ、ブロックチェーン、オープンAPI、AI、チャットボット、eKYC、生体認証、クラウド など

特長4主要プレイヤー70社の勝ち残り戦略

全体戦略、取り組み事例、主要技術の導入状況、
将来展望までレポート

銀行、証券、保険、カード会社、通信キャリアなど主要なプレイヤーたちは、どのような課題に対してDXを必要と考え、取り組んでいるのか。全体戦略、具体的な事例とその目的、主要な技術の導入ステータスから将来展望まで、それぞれの勝ち残り戦略をレポートします。

注目企業70社のDX事例を解説チャネル改革、新サービス創出、生産性向上など

  • ■ 銀行:三菱UFJ、三井住友、みずほ、りそな、ゆうちょ、ふくおかフィナンシャルグループ、SBI、楽天銀行 ほか
  • ■ 証券会社:野村ホールディングス、大和証券グループ本社 ほか
  • ■ 保険会社:東京海上ホールディングス、SOMPOホールディングス ほか
  • ■ クレジットカード会社:三井住友カード、三菱UFJニコス ほか
  • ■ 通信事業者:NTTドコモ、ソフトバンクグループ ほか
  • ■ その他:リクルート、LINE、メルカリ、日本航空、全日本空輸、ファミリーマート、オリックス ほか
6つの目的別に事例を分類

●チャネル改革 ●新サービス創出 ●既存商品・サービス高度化 ●生産性向上 ●組織・人材強化 ●ガバナンス強化
のうち、どの目的に沿った事例かを表示しています

活用した技術が一目でわかる

パブリッククラウド、オープンAPI、BaaS、モバイルアプリ、キャッシュレス、RPA、AI、データ分析、IoT、ブロックチェーン、eKYC、認証高度化のどれに関連する事例かを表示しています

主要5技術の導入状況

API、クラウド、ブロックチェーン、モバイルアプリ、AIについてそれぞれ「未着手」「実証実験中」などのステータスを各社ごとに掲載

特長5DXパートナー20社の得意分野・重点施策

大手SIerか?スタートアップか?
どこと組むべきか見極める

DXを成功させるには、どこと組むかが極めて重要です。今、取引のあるベンダーでよいのか、新たなパートナーを選ぶべきか。本書では、20社の得意分野やサービスラインアップなどを解説しています。

【DXパートナー20社 得意分野・重点施策レポート掲載企業】
NTTデータ、日本IBM、富士通、日立製作所、NEC、野村総合研究所、TIS、日本ユニシス、電通国際情報サービス、日本マイクロソフト、TKC、マネーフォワード、freee、インフキュリオン、マネーツリー、ウェルスナビ、Kyash、Paidy、justInCase、クラウドクレジット、OLTA、TRUSTDOCK、トランスファーワイズ・ジャパン、ストライプジャパン、Securitize Japan、Symphony Communication Services Japan、ペイパルジャパン、Square、REVOLUT TECHNOLOGIES JAPAN

こんな方にお勧めです!

  • 金融機関で経営企画、新規事業開発、デジタル活用などを担当する方
  • ITベンダーのコンサルタント、営業担当者、SE
  • 金融サービスの導入を検討している企業の経営企画、新規事業開発を担当する方
  • 官公庁やシンクタンクで金融市場の調査に携わる方

目次

本書の目次

※内容は一部変更になる場合があります。

第1章デジタル投資動向/業界メガトレンド

金融業界全体および銀行・証券・保険業界におけるデジタル投資動向、金融DXに関わるメガトレンドを概観する。

1-1 デジタル投資動向
  • 1-1-1 エグゼクティブサマリー
  • 1-1-2 金融業界のデジタル投資動向
  • 1-1-3 銀行業界のデジタル投資動向
  • 1-1-4 証券業界のデジタル投資動向
  • 1-1-5 保険業界のデジタル投資動向
1-2 業界メガトレンド
  • 1-2-1 金融DXイベントマップ
  • 1-2-2 中央銀行デジタルマネー(CBDC)
  • 1-2-3 決済インフラ改革
  • 1-2-4 地銀再編
  • 1-2-5 STO(デジタル証券)
  • 1-2-6 スマートフォン証券
  • 1-2-7 キャッシュレス決済
  • 1-2-8 不動産テック
  • 1-2-9 RegTech、SupTech
  • 1-2-10 InsurTech
  • 1-2-11 法改正

第2章金融DX導入意向調査&実践ロードマップ

金融機関への調査を基にDXの実態を探るとともに、実践ロードマップや注目テクノロジーを紹介する。

2-1 実践ロードマップ
  • 2-1-1 2021~2025年の導入ロードマップ
2-2 金融DX導入意向調査
  • 2-2-1 金融機関のデジタル活用~全体動向
  • 2-2-2 金融機関のデジタル活用~DX施策への取り組み
  • 2-2-3 金融機関のデジタル活用~テクノロジー導入意向
  • 2-2-4 金融機関のデジタル活用~導入体制
  • 2-2-5 金融機関のデジタル活用~課題・調査概要
2-3 注目テクノロジー解説(データ連携)
  • 2-3-1 銀行API
  • 2-3-2 認証、認可
  • 2-3-3 OAuth、OpenID Connect
  • 2-3-4 BaaS(Backing as a Service)
2-4 注目テクノロジー解説(AI/RPA)
  • 2-4-1 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)
  • 2-4-2 機械学習、説明可能なAI
  • 2-4-3 金融AIの法規制
2-5 注目テクノロジー解説(ブロックチェーン)
  • 2-5-1 ブロックチェーンの基礎
  • 2-5-2 ブロックチェーンの概観
  • 2-5-3 ブロックチェーンの課題
  • 2-5-4 コンセンサス・アルゴリズム(Proofof Workなど)
  • 2-5-5 De-Fi(分散型金融)
2-6 注目テクノロジー解説(セキュリティー)
  • 2-6-1 FIDO認証
  • 2-6-2 行動的生体認証
2-7 注目テクノロジー解説(金融ネットワーク)
  • 2-7-1 日本銀行金融ネットワークシステム(日銀ネット)
  • 2-7-2 全国銀行データ通信システム(全銀システム)
  • 2-7-3 SWIFT
  • 2-7-4 決済ネットワーク

第3章デジタル金融・市場規模予測

金融DXを構成する商品/サービス市場はどれくらい成長するのか。主要8分野の市場規模を予測する。

3-1 国内のデジタル金融・市場規模予測
  • 3-1-1 BaaS(Banking as a Service)
  • 3-1-2 eKYC
  • 3-1-3 法人向けオンライン融資
  • 3-1-4 信用スコアリング
  • 3-1-5 地域通貨
  • 3-1-6 ロボ・アドバイザー
  • 3-1-7 クラウドファンディング(購入型、投資型)
  • 3-1-8 PFM

第4章主要プレーヤー70社

メガバンク・地銀・証券・生損保から一般事業者まで――。主要プレーヤーにおける金融DXへの取り組みを具体的に解き明かす。

4-1 全体動向
  • 4-1-1 テクノロジー重点ポイント一覧
  • 4-1-2 逆引き索引
4-2 メガバンク
  • 4-2-1 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • 4-2-2 三井住友フィナンシャルグループ
  • 4-2-3 みずほフィナンシャルグループ
  • 4-2-4 りそなホールディングス
  • 4-2-5 ゆうちょ銀行
4-3 地方銀行
  • 4-3-1 横浜銀行
  • 4-3-2 ふくおかフィナンシャルグループ
  • 4-3-3 千葉銀行
  • 4-3-4 山口フィナンシャルグループ
  • 4-3-5 北洋銀行
  • 4-3-6 西日本シティ銀行
  • 4-3-7 広島銀行
  • 4-3-8 京都銀行
  • 4-3-9 大垣共立銀行
  • 4-3-10 鹿児島銀行
  • 4-3-11 北國銀行
  • 4-3-12 岩手銀行
  • 4-3-13 琉球銀行
  • 4-3-14 沖縄銀行
  • 4-3-15 富山第一銀行
  • 4-3-16 きらぼし銀行
  • 4-3-17 紀陽銀行
  • 4-3-18 伊予銀行
  • 4-3-19 筑邦銀行
  • 4-3-20 百十四銀行
4-4 信用金庫/信用組合
  • 4-4-1 京都信用金庫
  • 4-4-2 飛騨信用組合
  • 4-4-3 君津信用組合
4-5 インターネット銀行
  • 4-5-1 SBIホールディングス
  • 4-5-2 楽天グループ
  • 4-5-3 GMOインターネットグループ
  • 4-5-4 ソニー銀行
  • 4-5-5 ジャパンネット銀行(PayPay銀行)
  • 4-5-6 auじぶん銀行
4-6 その他銀行
  • 4-6-1 セブン銀行
  • 4-6-2 ローソン銀行
  • 4-6-3 イオンフィナンシャルサービス
  • 4-6-4 新生銀行グループ
4-7 証券会社
  • 4-7-1 日本取引所グループ
  • 4-7-2 野村ホールディングス
  • 4-7-3 大和証券グループ本社
  • 4-7-4 SMBC日興証券
  • 4-7-5 東海東京フィナンシャル・ホールディングス
  • 4-7-6 マネックスグループ
  • 4-7-7 松井証券
  • 4-7-8 auカブコム証券
4-8 保険会社
  • 4-8-1 東京海上ホールディングス
  • 4-8-2 SOMPOホールディングス
  • 4-8-3 あいおいニッセイ同和損害保険
  • 4-8-4 三井住友海上火災保険
  • 4-8-5 日本生命保険
  • 4-8-6 第一生命ホールディングス
  • 4-8-7 住友生命保険
  • 4-8-8 明治安田生命保険
4-9 クレジットカード会社
  • 4-9-1 三井住友カード
  • 4-9-2 三菱UFJニコス
  • 4-9-3 クレディセゾン
  • 4-9-4 オリエントコーポレーション
  • 4-9-5 ビザ・ワールドワイド・ジャパン
  • 4-9-6 Mastercard
  • 4-9-7 ジェーシービー
4-10 通信事業者
  • 4-10-1 NTTドコモ
  • 4-10-2 KDDI
  • 4-10-3 ソフトバンクグループ
  • 4-10-4 NTTコミュニケーションズ
  • 4-10-5 日本通信
4-11 ネット事業者
  • 4-11-1 リクルートグループ
  • 4-11-2 LINE
  • 4-11-3 メルカリグループ
4-12 一般事業者
  • 4-12-1 日本航空
  • 4-12-2 全日本空輸
  • 4-12-3 ファミリーマート
  • 4-12-4 オリックス

第5章金融DXパートナー20社

金融DXの実現をサポートするのが大手SI会社や国内外のFinTech企業。主要パートナーの戦略や重点分野を解説する。

5-1 SI会社/ITベンダー
  • 5-1-1 NTTデータ
  • 5-1-2 日本IBM
  • 5-1-3 富士通
  • 5-1-4 日立製作所
  • 5-1-5 NEC
  • 5-1-6 野村総合研究所
  • 5-1-7 TIS
  • 5-1-8 日本ユニシス
  • 5-1-9 電通国際情報サービス
  • 5-1-10 日本マイクロソフト
  • 5-1-11 TKC
5-2 国内FinTech企業
  • 5-2-1 マネーフォワード
  • 5-2-2 freee
  • 5-2-3 インフキュリオン
  • 5-2-4 マネーツリー
  • 5-2-5 ウェルスナビ
  • 5-2-6 Kyash
  • 5-2-7 Paidy
  • 5-2-8 justInCase
  • 5-2-9 クラウドクレジット
  • 5-2-10 OLTA
  • 5-2-11 TRUSTDOCK
5-3 海外FinTech企業
  • 5-3-1 トランスファーワイズ・ジャパン
  • 5-3-2 ストライプジャパン
  • 5-3-3 Securitize Japan
  • 5-3-4 Symphony Communication Services Japan
  • 5-3-5 ペイパルジャパン
  • 5-3-6 Square
  • 5-3-7 REVOLUT TECHNOLOGIES JAPAN

誌面サンプル読めます /

【収録内容】
◉第1章「デジタル投資動向/業界メガトレンド」より「銀行業界のデジタル投資動向」の一部、「地銀再編」の一部
◉第2章「金融DX 導入意向調査&実践ロードマップ」より「技術導入意向調査」の一部、「注目テクノロジー解説―説明可能なAI」
◉第3章「デジタル金融・市場規模予測」より「ロボ・アドバイザー」
◉第4章「主要プレイヤー70 社 それぞれの勝ち残り戦略」より「みずほフィナンシャルグループ」、「SOMPOホールディングス」
◉第5章「金融DXパートナー20社 得意分野と重点施策」より「マネーフォワード」
◉本レポートの全目次

※誌面サンプルは日経BPの許諾なく無断転載することを禁じます。

「オンラインサービス」なら、
検索も図表のダウンロードもできる!

※ご利用にはオンラインサービスセットのご購入が必要です。

テキスト検索
レポート閲覧
がすぐできる

入力したキーワードと関連するテキスト情報を瞬時に検索し、一覧表示。また、目次に沿ってレポートを閲覧することもできます。

入力した検索ワードの関連キーワード
関連企業
が分かる

日経BP独自の機械学習エンジンで、入力した検索ワードに関連する「キーワード」や「企業」の検索結果を表示します。

図表の解説文を分析図表だけ
探せる

入力したキーワードと関連する図表だけをサムネイルで一覧表示。図表をクリックして、詳細情報にアクセスできます。

出典や説明文も一緒にボタン一つ
パワポに出力

検索したテキスト情報や図表などのコンテンツは、ボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。

  • ※オンラインサービスセットご購入の場合は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。
  • ※ご利用開始に際してはお手続きは不要です。ご購入時にご連絡いただいたメールアドレス宛に、サービス登録完了のご案内を電子メールにてお送りします。
    ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。
  • ※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。nbpm.jp/osiからお問い合わせください。
  • ※コンテンツご利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。
  • ※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
    例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など
  • ※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。

金融DX 戦略レポート

導入意向調査、金融70社の戦略
デジタルサービス市場規模予測

  • ■編集:日経FinTech
  • ■価格:書籍のみ:本体600,000円+税
       書籍+オンラインサービス:本体900,000円+税
  • ■発行日:2021年3月25日(予定)
  • ■仕様:A4変型判、約500ページ
  • ■発行:日経BP

セット購入の方は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

■ 日経FinTech定期購読者の方は、下記をご確認ください。

「日経FinTech セット版」を2021年4月以降も継続購読される方には、上記の「金融DX 戦略レポート(書籍+オンラインサービス)」をお届けします。詳しくは「日経FinTech」12月号、1月号に同封の案内冊子をご覧ください。

商品の内容や購入に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。
法人対応窓口の日経BPマーケティングにて承ります。

技術関連レポートのご案内