日本の「ものづくり」はどこへ向かうのか-
製造業のデジタル変革の
現状と課題、ニーズが明らかに

製造業 DX調査レポート

321社の展望・導入意向
現場3000人が挙げる課題

誌面サンプル読めます

製造業DXの現状や課題、今後の方向を独自調査。
「ものづくり」が進む未来を提示します。

 いまやDX(デジタルトランスフォーメーション)は、あらゆる産業を巻き込む大きなトレンドになりました。この中で、デジタル変革の機運がいち早く顕在化した製造業におけるDXは、大きな焦点の1つです。

 ところが変革の必要性を感じながら、そのビジョンやシナリオがなかなか描けないという企業は少なくありません。一方で先進的なDXのソリューションを揃えていながら製造業のユーザーにうまくアプローチできないというベンダーの声も多く聞こえます。この背景には大きな変革の局面を迎えて、関連する技術や考え方の枠組みが変わったことから、それぞれが従来の延長で業界の動向を捉えたり、ビジョンや戦略を描いたりすることが難しくなったことがあります。そこで調査と取材を基に製造業DXの現状や課題、今後の方向などを明らかにし、製造業DXにかかわる様々なプレーヤーが共有できる情報として提供するために、このレポートを企画しました。

 本書では最初に製造業321社から回収した調査結果を基に企業の動向や今後の方向を浮き彫りにしました。そのうえで、製造業に従事する個人3000人を対象にしたアンケート調査によって、企業の取り組みの実態と課題にまで踏み込みます。さらに日本の製造業を代表する自動車産業における先進企業の動向を分析し、DXがもたらす業界構造にまでおよぶ変革のシナリオに迫りました。最後に製造業DXを支援するソリューション・ベンダーを、ITやFAなど複数の分野からピックアップ。それぞれの考え方や強みなどを解説します。

 業界動向の分析はもとより、製造業DXがもたらす新たな機会を最大限に生かすために、本書を是非ご活用ください。

続きを読む閉じる

DX戦略策定に
不可欠な情報を網羅!

特長1独自調査「DX戦略と投資意向」

製造業321社、現場3000人に聞く
実態と課題

日本の製造業DXの全体像やその実態に迫るため、幅広い分野の製造業に対し独自調査を実施。経営企画室や生産技術、販売などあらゆる部門からの回答を基に、DX投資の対象や投資規模、投資時期について分析しました。さらに、製造業に従事する個人の調査も実施。「現場」から見える製造業DXの実情やDXを推進する上での課題にも迫りました。

321社独自調査、DXの実態

DXに対する考え方や取り組み、今後の方針など30問以上の設問を用意。
製造業321社の回答を分析し、製造業DXの現状と課題、未来を明らかに

調査項目

【調査概要】 ●2020年12月に実施 ●調査対象:日科技連の賛助会員企業、および、帝国データバンクに登録の年商100億円以上の製造業に向け調査票を送付 ●有効回答数:321社

DXの進捗状況

  • ● 取り組むべき事業や業務上のテーマは? 時期は? 会社規模別に分析
  • ● 業界のディスラプションに対する危機感の共有はできている?
  • ● DX推進に向けた組織の整備や人員の配置、人材確保はどれくらい進んでいる?
  • ● バリューチェーン全体を視野に入れた取り組みができている?
  • ● DXの課題は? 会社規模別に分析

具体的な取り組み

  • ● DXを進める目的・理由は? (生産性向上、製品の競争力強化、ほか)
  • ● これまでの取り組みは順調だったか?
  • ● 経営層の理解度やプロジェクト関与状況は?
  • ● 今後2年以内、3年後以降に取り組みたいDXの内容は?
  • ● DXの推進にどの部署が関わっているか? ほか

今後の投資意向

  • ● 利用するデジタル技術や委託先ベンダー企業を、実質的に決めるのは、どの部署か? どのような役職か?
  • ● DXのプロジェクト別の投資額は?2020年度、2025年度の年間投資額は?
  • ● 利用予定のデジタル技術は? 導入時期は?

ベンダーなどDX支援企業への期待

  • ● 外部のどのような企業から支援を受けたいか?
  • ● 支援を受ける企業の選定ポイントは?
  • ● 支援を受けたい企業ランキング

業界動向に対する意識

  • ● 海外プロジェクトへの関心度は?
  • ● DX推進に関する国の政策への期待度は?

DXの取り組み状況について 年間売上別の回答

DXの取り組み状況について  年間売上別の回答

現在取り組んでいるDXのユースケース

現在取り組んでいるDXのユースケース

現場3000人調査、DXの課題

製造業に従事する「個人」にもアンケート
現場の目線から現状と課題を明らかに

調査項目

【調査概要】 ●2020年12月に実施 ●調査対象:日経BP発行のメールマガジン登録者およびネットリサーチ会社のパネル登録者に向けWEB調査を実施 ●製造業に関連している3000人の回答を有効とした

DXへの取り組み方

どのようなDXが進んでいるか

勤務先におけるDXの現状

DX支援企業に対する期待

回答者の所属する企業の規模(従業員数と売上高)

回答者の所属する企業の規模(従業員数と売上高)

特長2製造業の未来シナリオを読む

自動車産業に見るDXと産業構造変化

「モノを売る」ビジネスから「移動というサービスを提供する」ビジネスへの転換に挑む自動車産業は、製造業の中でDXの先にある将来像をいち早く描いている業界です。その自動車産業で始まった構造変化や産業再編の動きを分析するとともに、先進事例をまとめて紹介します。最先端から見えてくる新しい産業の姿から、DXの先を見据えた事業戦略を描くための重要なヒントが得られるはずです。

DXがもたらす構造変化のシナリオ

100年に一度の変革期を迎える自動車業界から押さえるべき4つの要点を解説

➊ CASEやMaaSの実現に向けて加速するDXの動向

  • ● バリューチェーン全体における変曲点とは
  • ● 「パワートレイン」「電子プラットフォーム」「車体」領域の部品別の影響は
  • ● MaaSのビジネスモデルとBeyond MaaSの重要性 ほか

➋ DXが自動車業界にもたらす構造変化と業界再編

  • ● CASE/MaaSがもたらす業界構造の変化とは
  • ● サプライヤーが今後取りうるオプションとは
  • ● トヨタグループの競争環境の変化とグループ連携の方向性 ほか

➌ 予測される業界構造変化のロードマップ

  • ● 現有資産をデジタル技術で新ビジネスにつなげる
  • ● サプライヤーの進化を巡る新たなロードマップ ほか

➍ DXの先に見えるサプライヤーの将来像

  • ● DXの典型的な失敗例と必要となる要件とは
  • ● 中堅・中小企業におけるDXの重要性
  • ● DXの先に見える自動車産業構造と期待 ほか

Beyond MaaSとDX

分析レポー

出所:Arthur D. Little

サプライヤーにおけるDX化進展のロードマップ

分析レポー

出所:Googleの発表を元にADLが作成

デジタル化と産業構造変化を先取りする注目企業の取り組み

アイシン精機:なぜMaaS事業を手掛けるのか
  • ■ 普及を重視しスマホより電話
  • ■ スポンサーの協賛を得るビジネスモデル
  • ■ 多様な業種とビジネス開発 ほか
AZAPA:サプライヤーの新たな役割「Tier0.5」
  • ■ なぜEVやFCVを手掛けるのか
  • ■ 究極の姿は開発の自動化 ほか
ジェイテクト/ファクトリーエージェント:製造業の受発注マッチングを成功させた秘密
  • ■ 工作機械で培った調達ノウハウを生かす意
  • ■ システムではなく人が主役のサービス ほか
  • 鴻海精密工業、日本電産:EVプラットフォームの覇者は誰か
  • 広島県:産学官連携で地場企業のデジタル化を支援
  • ブリヂストン:データ活用で「モノ売り」から脱却
  • 東芝デジタルソリューションズ:ポストDXを見据えた開発環境を実現

特長3DXベンダー主要16社の戦略レポート

富士通、グーグル…
各社のビジョンと次の戦略を徹底分析

クラウドサービス、FA、システム開発など複数の分野から主要企業16社を取り上げ製造業に向けた戦略や、商材・サービスの特徴を解説します。製造業の皆様にはDXを実現するパートナー探しに、DX支援企業の皆様には競合分析や協業先の選定にお役立ていただけます。

富士通IT企業からDX企業への転身目指す
  • ■ マスターデータの整備を重視
  • ■ 60以上のソリューションを持つ「COLMINA」
  • ■ 「ちょっと先の未来」が予測できる生産ライン
マイクロソフトクラウドを軸に基盤から応用まで広範囲で支援
  • ■ デジタル変革のシナリオを提供
  • ■ UIまで網羅するサポートが強みに
  • ■ 労働環境の変革を支援
アマゾン ウェブ サービスイノベーションの「文化」ごと伝える
  • ■ グローバルで活用できるインフラを用意
  • ■ 機械学習のサービスを強化
  • ■ 新規事業創出の基盤に
グーグル製造業ソリューションの裏方から表舞台に
  • ■ 4つの戦略分野に向け製造業DXを展開
  • ■ 電子部品の不良検知にエッジデバイスと自動学習AIを利用
  • ■ スケールメリットと実行環境で優れたコストパフォーマンス
DXの取り組み状況について  年間売上別の回答
現在取り組んでいるDXのユースケース

NEC
■ DXメニューを価値提供モデルとして整理
■ IoTセンサーがカイゼンのサイクルを回す ほか

日立製作所
■ リアルとサイバーを一体運営でつなぐ
■ 700以上のユースケースを有する「Lumada」 ほか

シーメンス
■ 産業ソフトウエアのビジネスを強化
■ リアルな製造現場をデジタルツインで最適化 ほか

シスコシステムズ
■ 産業機械有力ベンダーと相次ぎ提携
■ スマート工場はインフラ整備から ほか

安川電機
■ 社内からデジタル変革を実践
■ ACサーボモーター工場で具現化 ほか

三菱電機
■ 囲い込みからオープン化へシフト
■ アジア注力の姿勢が鮮明に

ダッソー・システムズ、電通国際情報サービス、日本システムウエア、PTC、ビジネスエンジニアリング、日本IBM

こんな方にお勧めです!

  • 製造業DXソリューション・ベンダーの中期戦略立案担当者
  • 製造業DXソリューション・ベンダーのコンサルタント、
    営業担当者、SE
  • 製造業に関わる企業の経営企画部門、CDO、CIO、CTO

目次

本書の目次

第1章イントロダクション

第2章321社に独自調査、企業のDXへの本気度

2-1 調査概要
  • 2-1-1 目的と実施概要
2-2 経営課題と変革意識
  • 2-2-1 日本の製造業が抱える経営課題
  • 2-2-2 市場と業界に対する認識
  • 2-2-3 DXへの意識は高い
  • 2-2-4 5割近くの企業がDXに着手
  • 2-2-5 DXが進んでいる企業は20%以下
  • 2-2-6 半数は国内でも「競合よりも遅れている」と認識
  • 2-2-7 6割近くの企業が課題に挙げる人材不足
2-3 DXへの取り組み実態
  • 2-3-1 DXに取り組む理由
  • 2-3-2 DXプロジェクト「順調」はわずか2%
  • 2-3-3 経営層の関与
  • 2-3-4 DXの進め方(ボトムアップかトップダウンか)
  • 2-3-5 約6割は既存の業務範囲
  • 2-3-6 取り組んでいるDX/今後取り組むDX
  • 2-3-7 DXへの関与が増える「生産技術・製造・品質管理」
2-4 DX投資の動向
  • 2-4-1 技術や委託先は「経営」「情報システム」「生産技術・製造・品質管理」が選定
  • 2-4-2 「データ活用」のための投資は事業部長以上に決定権
  • 2-4-3 今後5年の投資は「一億円未満」が主流
  • 2-4-4 DXを進めるために利用する技術と導入時期
2-5 DXを支援する企業への期待
  • 2-5-1 自社の現状に対する理解を重視
2-6 行政や海外動向に対する関心
  • 2-6-1 DXへのモチベーションは外部要因にあらず
<

第3章現場3000人に聞いたDXの実態と課題

3-1 調査概要
  • 3-1-1 目的と実施概要
3-2 変革意識から見るDXの腹落ち度
  • 3-2-1 課題意識にブレはない
  • 3-2-2 将来に対する危機感に差
  • 3-2-3 DXに興味があるのは半数以下
  • 3-2-4 DXの重要性が「分からない」が20%
  • 3-2-5 DXの取り組み状況の認識でギャップ
  • 3-2-6 DXの進捗状況はある程度把握
  • 3-2-7 競合企業に対する取り組みの評価はやや甘い
  • 3-2-8 DXを進めるに当たっての課題
3-3 現場目線でのDXの実情
  • 3-3-1 DXに取り組む理由
  • 3-3-2 やはりDXの取り組みは「順調ではない」
  • 3-3-3 企業のDXはどの部署がリードするのか
  • 3-3-4 順調な企業では部署間の連携が進んでいる
  • 3-3-5 「経営層は無関心・現場任せ」の回答が半数
  • 3-3-6 47.3%がトップダウンでDXを推進と回答
  • 3-3-7 現場で感じる周囲との意識の違い
  • 3-3-8 現場の認識の方がDXは進んでいる
3-4 現場から見たDXを巡る組織の動き
  • 3-4-1 新しいテーマが次々と上位に
  • 3-4-2 「DXのことは専門部署」が現場の見方
  • 3-4-3 現場の目線では決定権は「DX推進専門部署」
  • 3-4-4 分野/適用領域によらず期待度は6~7割
  • 3-4-5 利用技術に対する関心は企業の視点とほぼ同じ
3-5 DX支援企業に対する現場の期待
  • 3-5-1 現場が支援を受けたい企業・組織

第4章自動車産業から見えるポストDXの新産業生態系

4-1 構造変化する自動車産業で勝ち残るためのDXシナリオ
  • 4-1-1 CASEやMaaSの実現に向けて自動車産業で加速するDXの動向
  • 4-1-2 自動車業界に訪れる構造変化と業界再編
  • 4-1-3 予測される業界構造変化のロードマップ
  • 4-1-4 DXの先に見えるサプライヤーの将来像
4-2 先進企業の事例に見る変革のアプローチ
  • 4-2-1 構造変化に備える部品メーカー
  • 4-2-2 AZAPA:サプライヤーの新たな役割「Tier0.5」
  • 4-2-3 東芝デジタルソリューションズ:DXの先を見据えた開発環境を実現
  • 4-2-4 広島県:産学官連携で地場企業のデジタル化を支援
  • 4-2-5 アイシン精機:なぜMaaS事業を手掛けるのか
  • 4-2-6 ジェイテクト/ファクトリーエージェント:成功例のない製造業の受発注マッチングを成功させた秘密
  • 4-2-7 ブリヂストン:データ活用で「モノ売り」から脱却
  • 4-2-8 台湾鴻海精密工業、日本電産など:EVプラットフォームの覇者は誰か

第5章製造業DXベンダー主要16社のビジョンと戦略

5-1 アマゾン ウェブ サービス
  • 5-1-1 イノベーションの「文化」ごと伝える
  • 5-1-2 グローバルで活用できるインフラを用意
  • 5-1-3 機械学習のサービスを強化
  • 5-1-4 新規事業創出の基盤に
5-2 グーグル
  • 5-2-1 製造業チームのスタッフを3倍規模に拡充
  • 5-2-2 4つの戦略的分野に向け製造業DXを展開
  • 5-2-3 スケールメリットと実行環境で優れたコストパフォーマンス
  • 5-2-4 電子部品の不良検知にエッジデバイスと自動学習AIを利用
5-3 シーメンス
  • 5-3-1 産業ソフトウエアのビジネスを強化
  • 5-3-2 リアルな現場をデジタルツインで最適化
  • 5-3-3 水平統合と垂直統合の2方向で展開
  • 5-3-4 エッジ-クラウド連携の仕組みを構築
  • 5-3-5 現場と製品に合わせて製造条件を最適化
5-4 シスコシステムズ
  • 5-4-1 産業機械有力ベンダーと相次ぎ提携
  • 5-4-2 スマート工場はインフラ整備から
  • 5-4-3 過酷な現場向けに頑丈設計
  • 5-4-4 ユーザーのコミュニティーを支援
5-5 ダッソー・システムズ
  • 5-5-1 設計を起点にしてデジタル化の対象を拡大
  • 5-5-2 価値ある顧客体験の創出を目指す
  • 5-5-3 デジタルツインで顧客体験を磨く
  • 5-5-4 11分野に向けたソリューションを用意
  • 5-5-5 進化の3つのアプローチを提供
  • 5-5-6 時代が変われば最適な業務も変わる
  • 5-5-7 航空機業界が先行する業務改革
5-6 電通国際情報サービス
  • 5-6-1 生産性とマーケティングのシナジーを狙う
  • 5-6-2 技術を横展開できる体制を構築
  • 5-6-3 暗黙知の「見える化」を支援
  • 5-6-4 全社規模のDXプロジェクトに参画
5-7 日本アイ・ビー・エム
  • 5-7-1 OTやプロダクトにビジネスを拡大
  • 5-7-2 統合データ基盤を持つスマートファクトリーを展開
  • 5-7-3 製造現場の技術継承にAIプラットフォームを活用
  • 5-7-4 5つの重点領域で顧客のDX推進をサポート
5-8 日本システムウエア
  •  5-8-1 DX関連事業を新たな成長のチカラに
  • 5-8-2 組み込み技術がデジタル化支援の強みに
  • 5-8-3 DXの基盤作りをワンストップで支援
  • 5-8-4 RoIを重視して提案
5-9 NEC
  • 5-9-1 先端技術はまず社内で検証
  • 5-9-2 DXメニューを価値提供モデルとして整理
  • 5-9-3 IoTセンサーがカイゼンのサイクルを回す
  • 5-9-4 顧客は新たな価値を共創するパートナー
5-10 PTC
  • 5-10-1 業務に関わる全データを3Dモデルに集約
  • 5-10-2 4つの“P”におけるビジネス成果と競争優位性を実現
  • 5-10-3 デジタルツインとコネクテッドな情報基盤を駆使
  • 5-10-4 ビジネスモデルの刷新と経営者の適切な判断を支援
  • 5-10-5 国内外で業務改善例が続々
5-11 ビジネスエンジニアリング
  • 5-11-1 製造業に特化したERPビジネスで成長
  • 5-11-2 海外製品と自社製品を要望に応じて提供
  • 5-11-3 隙間業務も自社開発で対応してきたmcframe
  • 5-11-4 IoTで現場情報を収集し予知保全を可能に
5-12 日立製作所
  • 5-12-1 デジタルで顧客の3つの価値を向上
  • 5-12-2 コロナ禍を契機に2つの変化
  • 5-12-3 リアルとサイバーをプロダクト、OT、ITでつなぐ
  • 5-12-4 1000以上のユースケースを有する「Lumada」
  • 5-12-5 大みか事業所は「Lighthouse」に選出
5-13 富士通
  • 5-13-1 マスターデータの整備を重視
  • 5-13-2 業界全体でDXを推進する方向にかじ
  • 5-13-3 60以上のソリューションを持つ「COLMINA」
  • 5-13-4 「ちょっと先の未来」が予測できる生産ライン
5-14 日本マイクロソフト
  • 5-14-1 製造業への展開をいち早く表明
  • 5-14-2 デジタル変革のシナリオを提供
  • 5-14-3 UIまで網羅するサポートが強みに
  • 5-14-4 労働環境の変革を支援
5-15 三菱電機
  • 5-15-1 囲い込みからオープン化へシフト
  • 5-15-2 アジア注力の姿勢が鮮明
  • 5-15-3 FA、エッジ、ITを網羅
  • 5-15-4 新規ビジネス開拓の事例も
5-16 安川電機
  • 5-16-1 社内からデジタル変革を実践
  • 5-16-2 3つのステップで自動化推進「i3-Mechatronics」
  • 5-16-3 IT層はパートナーに期待し、現場やエッジにフォーカス
  • 5-16-4 ACサーボモーター工場で具現化

編集者からのメッセージ

 日本の製造業はどこに向かうのか。DXはどこまで進んでいるのか。製造業をターゲットにしているベンダーからも、ユーザーの動向やニーズがなかなかつかめないという声がでてきています。

 こうした状況を踏まえて企画したのが本レポートです。製造業にかかわる企業やベンダーの事業戦略の策定に役立つよう、DXの全体状況や、関連するプレーヤーの動きを把握するための情報を集めました。

 新たな事業価値創造に向けてDXに挑む製造業の皆様、また、製造業における新たなビジネス機会創出に取り組むベンダーの皆様に、本レポートをご活用いただけましたら幸いです。

三好 敏

著者三好 敏

日経BP
総合研究所 クリーンテックラボ 上席研究員

<経歴>映像機器メーカーの製品設計部門で制御システムの開発を担当、後に日経BPに入社。「日経エレクトロニクス」「日経マイクロデバイス」「日経デジタルマネーシステム」など複数の専門技術メディアの編集に従事。その後、電気・電子機器、半導体デバイス、電子部品、産業用装置、自動車など幅広い分野の企業におけるマーケティング・広報を支援する業務に携わる。最近は製造業のデジタル革新を巡る動向を取材。

誌面サンプル読めます /

※誌面サンプルは日経BPの許諾なく無断転載することを禁じます。

「オンラインサービス」なら、
検索も図表のダウンロードもできる!

※ご利用にはオンラインサービスセットのご購入が必要です。

テキスト検索
レポート閲覧
がすぐできる

入力したキーワードと関連するテキスト情報を瞬時に検索し、一覧表示。また、目次に沿ってレポートを閲覧することもできます。

入力した検索ワードの関連キーワード
関連企業
が分かる

日経BP独自の機械学習エンジンで、入力した検索ワードに関連する「キーワード」や「企業」の検索結果を表示します。

図表の解説文を分析図表だけ
探せる

入力したキーワードと関連する図表だけをサムネイルで一覧表示。図表をクリックして、詳細情報にアクセスできます。

出典や説明文も一緒にボタン一つ
パワポに出力

検索したテキスト情報や図表などのコンテンツは、ボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。

  • ※オンラインサービスセットご購入の場合は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。
  • ※ご利用開始に際してはお手続きは不要です。ご購入時にご連絡いただいたメールアドレス宛に、サービス登録完了のご案内を電子メールにてお送りします。
    ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。
  • ※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。nbpm.jp/osiからお問い合わせください。
  • ※コンテンツご利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。
  • ※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
    例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など
  • ※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。

製造業DX
調査レポート

321社の展望・導入意向、
現場3000人が挙げる課題

  • ■編集:日経BP総合研究所 クリーンテックラボ、日経クロステック
  • ■価格:書籍のみ:本体800,000円+税
       書籍+オンラインサービス:本体980,000円+税
  • ■発行日:2021年2月25日
  • ■仕様:A4判、326ページ
  • ■発行:日経BP

セット購入の方は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

商品の内容や購入に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。
法人対応窓口の日経BPマーケティングにて承ります。

技術関連レポートのご案内