進化し続けるIoTのキーデバイス
いま何ができて、これからは何が期待されているのか。
センサー選びや開発戦略に必要な全情報がここに

IoTセンサー未来戦略

ユーザー満足度調査、市場規模・開発トレンド分析

誌面サンプル読めます

IoTセンサーの成長分野、ユーザー満足度、開発トレンドが明らかに

いまだに混沌としていると言われるセンサー市場。導入企業から見ればセンサー選びに必要な情報が圧倒的に不足しており、一方センサーメーカーから見るとどの分野に投資すれば良いのか、既存のセンサーをどのように改良すれば良いかが見えにくい状況です。

IoTセンサーは、業界として認知された分類さえまだありません。そこで本レポートでは、まず24種類の「IoTセンサータイプ」を分類し、センサータイプ別の特徴や用途を解説。分類の軸が定まったことで、市場や応用分野の動向、センサーを利活用している274社に聞いた選定理由・満足度調査など、あらゆる角度からIoTセンサーの分析と解説を緻密に描き出すことが可能になりました。

さらに特許情報から見えてくる「技術と応用のトレンド」や、GAFAMを含めた「次世代技術の動向」もわかりやすく可視化しています。

IoTを導入する企業やセンサーを開発するメーカー双方にとって、必須情報が凝縮された調査分析レポートです。

続きを読む閉じる

成長市場で飛躍するための
「4つの要素」を網羅

要素1 ユーザー企業 選定理由・満足度調査

どこが不満で何に期待しているのか?全1,100回答を分析

選定理由は何か、今後の改善余地はどこにあるのか、どのメーカーのものを使っているのか。全1100の回答からIoTセンサーの評価とニーズがタイプ別につかめます。

IoTセンサーの
利用実態

どのような目的でどういったセンサーを利用しているのかを調査

調査項目
  • 利用目的生産性向上、意思決定のためのデータ収集 など
  • 対象領域工場、プラント、オフィスビル、輸送サービス など
  • 測定対象湿度、温度、歪み、モノの有無、生体成分 など
  • 利用しているセンサータイプ加速度、流量、照度、ガス など
  • 使用しているセンサー個数
  • 製品化してほしいと期待するセンサー

今後の導入計画・
システム開発体制

実際に利用しているユーザーの声から導入意向や計画を探る

調査項目
今後の導入計画は?
  • ■ 新しいIoTセンサーの導入計画
  • ■ 具体的な時期
  • ■ 予算傾向
  • ■ 次に導入する際の選定観点
  • ■ 次に導入する際に問題になると思われる点
システムの開発・構築の体制は?
  • ■ 開発・構築時に連携した企業
  • ■ 開発・構築を委託する企業に求めること
  • ■ 連携企業への意見や要求
  • ■ 自社開発した理由や、構築時の工夫
  • ■ クロス集計(「利用目的」×回答者の「業種」「企業規模」「導入計画のあり・なし」ほか)

選定理由と
満足度調査

24のセンサータイプごとに改善点などを分析

調査項目
  • ■ 選定理由(設定・実装がしやすい、情報処理システムとの接続のしやすさ など)
  • ■ 改善してほしい点(情報の検出精度、耐環境性、衝撃耐性、電源の供給 など)
  • ■ 採用したセンサーメーカー
  • ■ センサータイプ別の選定理由と改善してほしい点
  • ■ 満足項目ランキング
  • ■ 不満足項目ランキング
  • ■ センサータイプ別の満足項目・不満項目

■調査の対象とした24のセンサータイプ 可視光センサー、照度センサー、光電センサー、可視光イメージセンサー(CCD/CMOS)、LiDAR、ミリ波レーダー、赤外線センサー、赤外線イメージセンサー、変位センサー、速度センサー、加速度センサー、角速度センサー、回転センサー、圧力センサー、流量センサー、レベルセンサー、磁気センサー、温度センサー、湿度センサー、ガスセンサー、イオンセンサー、バイオセンサー、音波・超音波センサー、電流センサー

要素2IoTセンサーの市場規模

有望な分野、ニーズがわかる

DXの広がりは、IoTセンサーの莫大な市場を創出します。今後センサー市場はどの方向へどんな規模で拡大するのか。IoTセンサーの主要な10タイプについて、2030年までの市場規模を予測。分野別の成長率も明らかにしています。

市場規模・10タイプ別分析

市場拡大を牽引する、半導体技術がベースのIoTセンサーの市場を分析

「企業別シェア」「応用分野別シェア」「応用分野別成長率」を分析

今後、市場の伸びをけん引する
センサー10タイプを調査対象として選定

応用分野は利用者のニーズに応えられるかどうかにかかっています。利用者調査から見えてきたキーワード「小型化」「低価格化」に向いている「半導体ベースのIoTセンサー」10タイプを市場規模の分析対象として選定しました。

■10のセンサータイプ 可視光イメージセンサー(CCD/CMOS)、赤外線センサー(サーモパイル)、赤外線イメージセンサー、加速センサー、角速度センサー、圧力センサー、流量センサー、磁気センサー、湿度センサー、ガスセンサー

10タイプ別 市場規模予測

ユーザーやサプライヤーへの調査を基に、10タイプ別の市場規模と年平均成長率を予測。さらに市場動向を解説しています。

  • ▶世界出荷数の推移(2017年~2030年)
  • ▶世界販売額の企業別シェア(2019年)
応用動向、成長分野解説

各センサータイプ別に、どのような応用分野で需要があるのかを分析。さらに、今後の成長が期待される分野について解説しています。

  • ▶出荷数の応用分野別シェア(2019年)
  • ▶出荷数の応用分野別年平均成長率(2020年~2030年)
  • ●スマートフォン内蔵カメラ向けイメージセンサーの世界出荷数
  • ●カメラ付きスマートフォンの世界出荷台数
  • ●2眼以上、3 個以上のカメラを搭載した機種が製品全体に占める割合
  • ●スマートフォン用距離画像センサー向けイメージセンサーの世界出荷数
  • ●車載カメラ向け可視光イメージセンサーの世界出荷数
  • ●車載カメラの自動車1 台当たりの投入率
  • ●マシンビジョン用カメラ向け可視光イメージセンサーの世界出荷数
  • ●マシンビジョン装置の世界出荷台数
  • ●ドローン搭載用カメラ向けイメージセンサーの世界出荷数
  • ●ドローンの世界出荷台数

要素3次世代技術・開発トレンド分析

特許情報から見えてくる
トレンド、注目企業、GAFAMの戦略

いつ、どのような技術を、誰が出願したのか。世界の特許情報を集めて分析することで、技術開発のトレンドや、これから狙うべき技術開発の焦点を浮き彫りにしました。特に注目される7タイプのセンサーについて、開発トレンドと注目企業の動向を分析するとともに、GAFAMの狙いと戦略もあぶりだしています。

7タイプのセンサーについて公開された
特許情報の内容を分析し、俯瞰図解析で可視化

技術・応用動向がわかる

企業や研究機関、大学などが、どのような技術や応用の開発に力を入れているかが一目瞭然

開発トレンドがわかる

特許が集中している領域がどのように変化するかを調べることで、開発トレンドが見える

技術開発の特徴がわかる

特許が集積した領域の形状から技術・応用の動きの詳細が分析できる

■7のセンサータイプ LiDAR、赤外線センサー、変位センサー、加速度センサー、角速度センサー、バイオセンサー、音波・超音波センサー

要素4IoTセンサー総覧 機能・特徴分析

「測定項目別19分類」
「センサータイプ別24分類」に特徴を解説

測定項目別・IoTセンサー総覧

「振動をはかる」「圧力をはかる」など、19 種類の測定項目別に解説。どのような特徴があって違いは何か、どんな用途が考えられるか、どのセンサーが適しているか、などが分かります。

● 19種類の測定項目

振動、ひずみ、圧力、回転、照度、距離、モノの有無、形状、位置、温度・湿度、流量、磁気(磁界・磁束)、電流、音、水質、味覚、ニオイ、気体成分、生体成分

センサータイプ別・IoTセンサー総覧

「可視光センサー」「照度センサー」など24種類に分類。センサータイプごとの特徴、代表的なセンサーと測定メカニズムごとの違い、代表的な用途を解説するほか、代表的なメーカー一覧も掲載。●24種類のセンサータイプは左ぺージと目次に記載

IoTセンサー早見表も収録!

縦軸が24種類のセンサータイプ、横軸が19種類の測定項目として構成。用途にあったセンサーが簡単に見つけられます。

こんな方にお勧めです!

  • センサーメーカーで、経営計画の立案に携わる方、製品開発に携わる方
  • 自社製品に組み込むセンサーを探しているメーカーの方
  • IoT導入を検討している方
  • 顧客企業への提案を行うITベンダー、コンサルタント

目次

本書の目次

第1章IoTセンサー総覧 機能・特徴分析

1-1 イントロダクション
  • 1-1-1 本書の概要
  • 1-1-2 IoTセンサーの用途・アプリケーション動向
  • 1-1-3 IoTセンサーの分類、測定対象とセンサータイプのマッピング
1-2 測定項目にみるセンサータイプと特徴
  • 1-2-1 振動をはかる
  • 1-2-2 歪み(ひずみ)をはかる
  • 1-2-3 圧力をはかる
  • 1-2-4 回転をはかる
  • 1-2-5 照度をはかる
  • 1-2-6 距離をはかる
  • 1-2-7 モノの有無をはかる
  • 1-2-8 形状をはかる
  • 1-2-9 位置をはかる
  • 1-2-10 温度/湿度をはかる
  • 1-2-11 流量をはかる
  • 1-2-12 磁気(磁界・磁束)をはかる
  • 1-2-13 電流をはかる
  • 1-2-14 音をはかる
  • 1-2-15 水質をはかる
  • 1-2-16 味覚をはかる
  • 1-2-17 ニオイをはかる
  • 1-2-18 気体成分をはかる
  • 1-2-19 生体成分をはかる
1-3 センサータイプ別の特徴 
用途、測定メカニズム、世界の代表メーカー一覧
  • 1-3-1 可視光センサー(受光素子)
  • 1-3-2 照度センサー
  • 1-3-3 光電センサー
  • 1-3-4 可視光イメージセンサー(CCD/CMOS)
  • 1-3-5 LiDAR
  • 1-3-6 ミリ波レーダー
  • 1-3-7 赤外線センサー
  • 1-3-8 赤外線イメージセンサー
  • 1-3-9 変位センサー
  • 1-3-10 速度センサー
  • 1-3-11 加速度センサー
  • 1-3-12 角速度センサー
  • 1-3-13 回転センサー
  • 1-3-14 圧力センサー
  • 1-3-15 流量センサー
  • 1-3-16 レベルセンサー
  • 1-3-17 磁気センサー
  • 1-3-18 温度センサー
  • 1-3-19 湿度センサー
  • 1-3-20 ガスセンサー
  • 1-3-21 イオンセンサー
  • 1-3-22 バイオセンサー
  • 1-3-23 音波・超音波センサー
  • 1-3-24 電流センサー

第2章市場規模・主要10タイプ別分析
企業別シェア、応用分野別シェア、応用分野別成長率

2-1 IoTセンサーの需要予測
  • 2-1-1 IoTの普及とともに拡大するセンサー市場
2-2 可視光イメージセンサー(CCD/CMOS)
  • 2-2-1 可視光イメージセンサー(CCD/CMOS)の市場動向
  • 2-2-2 可視光イメージセンサー(CCD/CMOS)の応用動向
2-3 赤外線センサー(サーモパイル)
  • 2-3-1 赤外線センサー(サーモパイル)の市場動向
  • 2-3-2 赤外線センサー(サーモパイル)の応用動向
2-4 赤外線イメージセンサー
  • 2-4-1 赤外線イメージセンサーの市場動向
  • 2-4-2 赤外線イメージセンサーの応用動向
2-5 加速度センサー
  • 2-5-1 加速度センサーの市場動向
  • 2-5-2 加速度センサーの応用動向
2-6 角速度センサー
  • 2-6-1 角速度センサーの市場動向
  • 2-6-2 角速度センサーの応用動向
2-7 圧力センサー
  • 2-7-1 圧力センサーの市場動向
  • 2-7-2 圧力センサーの応用動向
2-8 流量センサー
  • 2-8-1 流量センサーの市場動向
  • 2-8-2 流量センサーの応用動向
2-9 磁気センサー
  • 2-9-1 磁気センサーの市場動向
  • 2-9-2 磁気センサーの応用動向
2-10 湿度センサー
  • 2-10-1 湿度センサーの市場動向
  • 2-10-2 湿度センサーの応用動向
2-11 ガスセンサー
  • 2-11-1 ガスセンサーの市場動向
  • 2-11-2 ガスセンサーの応用動向

第3章ユーザー274社 選定理由・満足度調査
全1,100回答分析

3-1 調査概要
  • 3-1-1 調査目的、手法、期間、回答者属性
3-2 利用実態
  • 3-2-1 利用目的と対象領域
  • 3-2-2 測定対象(取得しているデータ)と利用しているセンサータイプ
3-3 IoTセンサーの選定理由と満足度調査
  • 3-3-1 選定理由と改善してほしい点
  • 3-3-2 満足・不満足項目ランキング
3-4 IoTセンサータイプ別の選定理由と満足度調査
  • 3-4-1 測定対象とセンサータイプ
  • 3-4-2 センサータイプ別の選定理由と改善してほしい点
  • 3-4-3 センサータイプごとの満足項目・不満項目
3-5 IoTセンサーの今後の導入計画とシステム開発体制
  • 3-5-1 今後の計画 ―導入意向と時期、予算傾向―
  • 3-5-2 システム開発体制
3-6 クロス集計データ
  • 3-6-1 「利用目的」「対象領域」「最も利用が進んでいる領域」によるクロス集計
  • 3-6-2 今後の計画とシステム開発体制のクロス集計

第4章次世代技術・開発トレンドと応用動向

4-1 特許に見るIoTセンサーの開発動向
  • 4-1-1 センサーはIoTシステム発展のカギ
  • 4-1-2 センサータイプ別特許件数と年平均成長率分析
4-2 特許・俯瞰解析から読み解くIoTセンサーの技術・応用動向
  • 4-2-1 特許情報の俯瞰解析から見える技術と応用のトレンド
  • 4-2-2 LiDAR (Light Detection and Ranging)の開発トレンドと注目企業・動向
  • 4-2-3 赤外線センサーの開発トレンドと注目企業・動向
  • 4-2-4 変位センサーの開発トレンドと注目企業・動向
  • 4-2-5 加速度センサーの開発トレンドと注目企業・動向
  • 4-2-6 角速度センサーの開発トレンドと注目企業・動向
  • 4-2-7 バイオセンサーの開発トレンドと注目企業・動向
  • 4-2-8 音波・超音波センサーの開発トレンドと注目企業・動向
4-3 IoTセンサー関連特許から読み解くGAFAMの狙いと戦略
  • 4-3-1 「移動体」が焦点に
  • 4-3-2 LiDARを巡るGAFAMの動向
  • 4-3-3 赤外線センサーを巡るGAFAMの動向
  • 4-3-4 変位センサーを巡るGAFAMの動向
  • 4-3-5 加速度センサーを巡るGAFAMの動向
  • 4-3-6 角速度センサーを巡るGAFAMの動向
4-4 特許情報のマクロ分析
  • 4-4-1 IoTセンサーの特許公開状況(2014~2019年の特許公報の件数、出願件数の上位企業、出願人国の構成ほか)

編集者からのメッセージ

ユーザー満足度、IoTセンサーの導入計画、メーカーの狙いを明らかに

 「IoTセンサー」は、どんなタイプがあり、ユーザーの満足・不満足が何で、成長分野がどこにあるのか―。こうしたことがわからないのが、IoTを導入する企業にとってもセンサーメーカーにとっても大きな課題となっています。
 これらを解決するのが、本レポートです。IoTセンサーを24種類にタイプ分けし、調査の軸に使用。これにより「タイプごとの利用者満足度調査」が可能となり、選定理由や改善して欲しい点、今後の導入計画などを解説しています。またタイプ別の「精緻な技術・応用動向」の分析からメーカーの狙いを明らかにしました。IoTセンサーの利用者にとっても、開発するメーカーにとっても、欲しかった情報をそろえています。ぜひ、お役立てください。

著者松山貴之

日経BP
日経クロステック 編集委員

<経歴>システムエンジニアを経験して日経BP入社。『日経オープンシステム』『日経システム構築』などの専門誌にてIT技術の記者として活動。データベース技術、プログラミング、ストレージ技術、クラウドコンピューティングを中心に多数の記事を執筆する。その後、『日経SYSTEMS』にて編集長を務め、2014年以降は先端技術テーマの書籍を手掛けるほか、AI/IoT/SIビジネスをテーマにした調査リポートをプロデュースする。

センサータイプ別の市場規模を2030年まで予測
さらに、応用動向、技術開発トレンドを分析しました

 IoTシステムの「感覚器官」ともいえる重要な役割を担うセンサーは、成長が期待されている市場の1つです。
 本レポートでは、主なセンサー10タイプについて2030年までの市場規模を予測。さらに、応用分野別の動向・成長率を分析しました。また、特許の分析を基に「直近5年間の差分を見る」「存在感のあるメーカーの動きを探る」「GAFAMの動向を探る」というアプローチで技術開発動向を調査。7種類のセンサーに注目し、分析することで、新たな応用や革新的な成果につながる可能性のある技術開発の動きを解説しています。センサーおよび応用システムの開発・市場開拓を巡る戦略策定に、ぜひご活用ください。

著者三好 敏

日経BP
総合研究所 クリーンテックラボ 上席研究員

<経歴>映像機器メーカーの製品設計部門で制御システムの開発を担当、後に日経BPに入社。「日経エレクトロニクス」「日経マイクロデバイス」「日経デジタルマネーシステム」など複数の専門技術メディアの編集に従事。その後、電気・電子機器、半導体デバイス、電子部品、産業用装置、自動車など幅広い分野の企業におけるマーケティング・広報を支援する業務に携わる。最近は製造業のデジタル革新を巡る動向を取材。

誌面サンプル読めます /

誌面サンプルは、日経BPの許諾なく無断転載することを禁じます。

「オンラインサービス」なら、
検索も図表のダウンロードもできる!

※ご利用にはオンラインサービスセットのご購入が必要です。

テキスト検索
レポート閲覧
がすぐできる

入力したキーワードと関連するテキスト情報を瞬時に検索し、一覧表示。また、目次に沿ってレポートを閲覧することもできます。

入力した検索ワードの関連キーワード
関連企業
が分かる

日経BP独自の機械学習エンジンで、入力した検索ワードに関連する「キーワード」や「企業」の検索結果を表示します。

図表の解説文を分析図表だけ
探せる

入力したキーワードと関連する図表だけをサムネイルで一覧表示。図表をクリックして、詳細情報にアクセスできます。

出典や説明文も一緒にボタン一つ
パワポに出力

検索したテキスト情報や図表などのコンテンツは、ボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。

  • ※オンラインサービスセットご購入の場合は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。
  • ※ご利用開始に際してはお手続きは不要です。ご購入時にご連絡いただいたメールアドレス宛に、サービス登録完了のご案内を電子メールにてお送りします。
    ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。
  • ※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。nbpm.jp/osiからお問い合わせください。
  • ※コンテンツご利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。
  • ※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
    例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など
  • ※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。

IoTセンサー未来戦略

ユーザー満足度調査、市場規模・開発トレンド分析

  • ■編集者:日経クロステック 編集委員 松山貴之
        日経BP総合研究所 クリーンテックラボ 上席研究員 三好敏
  • ■価格:書籍のみ:本体800,000円+税
       書籍+オンラインサービス:本体980,000円+税
  • ■発行日:2020年10月20日 発行
  • ■レポート:A4変型判、406ページ
  • ■発行:日経BP

セット購入の方は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

商品の内容や購入に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。
法人対応窓口の日経BPマーケティングにて承ります。

技術関連レポートのご案内