新型コロナ危機で企業のDXが加速。
先進企業のDX強化戦略、各ITベンダーの成功シナリオ…
デジタル変革で勝ち抜くための情報がここに。

DXサーベイ2

Withコロナ時代の実態と課題分析

誌面サンプルお申込み

Withコロナ時代、DXにどう取り組むべきか?企業が抱える課題や実態を多面的に調査・分析し、DXで成果を上げるために必要な情報を徹底網羅

 Withコロナ時代に日本企業は、どのようにデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組めばよいのでしょうか――。

 新型コロナ危機でDXに関心を持つ企業が増えるなか、改めてDXの本質を明らかにし、企業がやるべきことの指針を示します。内容は大きく、①Withコロナ時代の865社デジタル化実態調査、②コロナ以前/コロナ以後のDX推進度、③先進22社のDX戦略レポート、④アフターコロナ時代を見据えたDX方法論の4部で構成しています。

 コロナ以前と以後で変化したこと・変わらないこと。Withコロナ時代に生き残るための優先課題。デジタル化で解決すべき重要なテーマ。DX投資は増やすべきかどうか。DXで成果を上げるための具体策…。独自調査と先進企業・有識者への徹底取材により、Withコロナ時代のDX実態・課題をあぶり出し、DXで成果を上げるための要諦を明らかにします。

 DXでビジネス成果を上げることは経営の責務です。自社で取り組んでいるデジタル化の立ち位置を把握し、今後の強化策を練る。このためにも、本書は経営者・リーダークラス必見の1冊です。

続きを読む閉じる

デジタル変革に不可欠な要素を
完全網羅!

※本レポートの内容について、より詳しい情報を10月末に追加予定です。

特長1Withコロナ時代のデジタル化実態調査

日本企業865社の現状と課題を把握する

特長2コロナ以前/コロナ以後のDX推進度

日本企業のコロナ対応力を知る

特長3先進22社のDX戦略

資生堂、デンソー、三菱商事、LIXIL…
DX推進体制を強化する

特長4ITベンダー22社のDX方法論

マイクロソフト、AWS、SAP、NTTデータ、
日立、富士通…有識者が提唱する成功シナリオとは

こんな方にお勧めです!

  • ユーザー企業の経営企画部門、CIO、DX推進部門
    DX戦略の立案・実行に効く
  • ITベンダーで中長期戦略を立案する方
    ソリューション事業計画に効く
  • ITベンダーのコンサタント、営業担当者、SE
    顧客企業への提案書作成に効く

目次

本書の目次※詳しい目次を10月末に追加予定です。

第1章ニューノーマル時代のデジタル変革、現状と課題と針路

第2章865社独自調査で解明、Withコロナ時代のDX実態

第3章865社のDX推進度、新型コロナ対策など28項目で分析

第4章先進22社のDX戦略、知られざる推進体制と具体策

第5章主要ITベンダー22社が指南、ニューノーマル時代のDX方法論

著者からのメッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大により、DXへの注目度は一気に高まりました。テレワークの推進やペーパーレス化、ハンコレス化などに取り組んでいる企業は着実に増えています。

 2020年は日本企業のDXにとって歴史的な年となる――。こう考え、独自調査や徹底取材によって、DXの実態と課題を把握したうえで、データとファクトを世に残すことを2020年3月末に決めました。

 独自調査で分かった865社の「6大・経営課題」とは何か?新型コロナ禍で直面したデジタル化の課題は何か?ニューノーマル時代にDXの重要性はどれくらい変化したのか?コロナ禍におけるDX推進状況は?DX推進に必要な人材像の1番人気とは?

 さらに、業種・企業規模別に見たDX投資の動向、AIの導入実態、手を組むITベンダーの選定条件、テレワークの生産性…。DXというテーマで知っておくべき項目をほぼ全て網羅し、調査した本邦初となるDX分野の報告書です。

 DXサーベイ2の目玉はほかにもあります。「865社のDX推進度」では、新型コロナ対策など28項目について、DXの現状と課題を徹底分析しました。自社の強みと弱みの発見に役立ててほしいと願います。

 先進企業22社の事例は前作同様、強力な顔ぶれです。経営戦略に基づくDX戦略の中身やDX推進体制の強化方法、具体的なデジタル化施策など学ぶべきことが多々あります。各社のノウハウだけでなく、変革に対する本気度も感じ取っていただきたいと思います。

 DX方法論については、大手ITベンダー22社の有識者の知見を集めました。

 ニューノーマル時代にDXで成果を上げるために不可欠なコンテンツを凝縮した唯一無二の1冊。こう自負しています。是非、ご活用ください。

著者/編集責任者 日経BP総研 イノベーションICTラボ 所長 戸川 尚樹

著者戸川尚樹

日経BP総研 イノベーションICTラボ 所長

1996年、日経BP入社。『日経コンピュータ』編集記者として12年間、CIO(最高情報責任者)を中心に取材。『日経コンピュータ』副編集長、『日経ビジネス』編集記者、『ITpro』編集長を歴任。2015年9月、デジタル変革リーダー100名を会員組織化した『日経ITイノベーターズ』事業を立ち上げ・運営。2018年2月、『日経 xTECH』を創刊し、日経 xTECH IT 編集長に就任。2019年4月から現職。

著者渡辺享靖

日経BP総研 イノベーションICTラボ 上席研究員

コンサルティング会社を経て1992年、日経BPに入社。日経コンピュータやITpro(現在の日経xTECH)の記者・副編集長としてITマネジメント分野を担当。2013年に日本経済新聞社に出向し、経営情報サイト日経BizGateの編集長として新創刊を担当。2017年4月から現職。近年はRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)や戦略実行に関する調査・レポート・書籍編集などを手掛ける。

誌面サンプル読めます /

※画像はイメージです。実際の収録ページは変更になる場合があります。
※下記のフォームより、お申し込みください。準備が出来次第、ご案内差し上げます。

「オンラインサービス」なら、
検索も図表のダウンロードもできる!

※ご利用にはオンラインサービスセットのご購入が必要です。

テキスト検索
レポート閲覧
がすぐできる

入力したキーワードと関連するテキスト情報を瞬時に検索し、一覧表示。また、目次に沿ってレポートを閲覧することもできます。

入力した検索ワードの関連キーワード
関連企業
が分かる

日経BP独自の機械学習エンジンで、入力した検索ワードに関連する「キーワード」や「企業」の検索結果を表示します。

図表の解説文を分析図表だけ
探せる

入力したキーワードと関連する図表だけをサムネイルで一覧表示。図表をクリックして、詳細情報にアクセスできます。

出典や説明文も一緒にボタン一つ
パワポに出力

検索したテキスト情報や図表などのコンテンツは、ボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。

  • ※オンラインサービスセットご購入の場合は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。
  • ※ご利用開始に際してはお手続きは不要です。ご購入時にご連絡いただいたメールアドレス宛に、サービス登録完了のご案内を電子メールにてお送りします。
    ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。
  • ※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。nbpm.jp/osiからお問い合わせください。
  • ※コンテンツご利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。
  • ※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
    例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など
  • ※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。
約150点の図表を収録! 購入者はオンラインサービスで全てダウンロードできます!

DXサーベイ2

Withコロナ時代の実態と課題分析

  • ■著者:日経BP総研 イノベーションICTラボ 所長 戸川尚樹
    上席研究員 渡辺享靖
  • ■価格:書籍のみ:本体800,000円+税
       書籍+オンラインサービス:本体980,000円+税
  • ■発行日:2020年11月25日(予定)
  • ■仕様:A4判、約400ページ
  • ■発行:日経BP

セット購入の方は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

「DXサーベイ」(好評既刊・2019年11月発行)と「DXサーベイ2」セットでのご購入はこちら

DXサーベイプラスDXサーベイ2

※「DXサーベイ」の詳細につきましては、こちらでご確認ください。

下記ボタンからのお申し込み以外は、セット割引が適用されませんので、ご注意ください。

商品の内容や購入に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。
法人対応窓口の日経BPマーケティングにて承ります。

技術関連レポートのご案内