5年後を見据えた際に、
最も注目する技術研究はどれか?

次世代技術インパクト101

市場を激変させる有望技術調査
事業領域・使い方・理由 全768回答

誌面サンプル読めます

まだ研究段階の技術をあらゆる方法で見える化した、
イノベーションを生む1冊。

基礎研究の裾野が広く、世界でもトップクラスの質を誇る日本の技術力。その「技術」の利活用イメージを研究段階、いわば苗木の状態から共有し日本企業の飛躍的成長を促すため、個々の技術研究がもたらすビジネスインパクトの大きさを見える化しました。

本書は、日本を代表する5つの研究機関(JST、NEDO、産総研、理化学研究所、農研機構)に集う3000もの技術研究テーマから、市場を激変させうる101の有望技術を抽出し徹底解説。また、企業で研究や事業開発に携わるビジネスパーソン300人への調査で得た、5年後に有望となる技術とその利活用方法についての768もの回答を全公開しています。

どのような分野で、どんな展開を生む可能性があるのか、私たちのすぐ近くにある精鋭技術を事業に生かすことでイノベーションが飛躍します。ぜひ本書を、新規事業開発やR&D戦略立案のツールとしてお役立てください。

続きを読む閉じる

特長1精鋭技術101 有望度・期待度調査

ビジネスにインパクトを与える技術研究ランキング
技術に携わる(経営、研究、事業など)308人の選択は?

約3000の技術研究から、有望な101の次世代技術を抽出

日本屈指の研究機関(JST、NEDO、産総研、理化学研究所、農研機構)に集まる3000もの技術研究から、「実用が近い」「応用範囲が広い」などの観点で、有望な101の次世代技術を抽出しました。

事業・技術開発に携わるビジネスパーソン300人調査

抽出した精鋭技術101に関して、ビジネスパーソンに対し、「既存事業に生かす技術」についての調査と、「将来的に期待する技術」についての調査を実施。企業で事業・技術開発に携わる現社員の方を中心に、30以上の業界から308人が回答。
注目すべき技術や製品開発・事業の可能性を理解し、戦略策定や既存事業の強化に生かせるよう、各技術の「有望度・期待度」を可視化・言語化しています。

▲回答者がこれまでに当該事業を経験した業界

≪様々な視点のランキングでビジネス利活用の可能性を描き出す≫

  • ◎ 総合ランキング 既存事業に生かす技術/将来的に期待する技術(1位から30位)
  • ◎ 「既存事業に生かす技術」ランキング(1位から20位)
  • ◎ 「将来的に期待する技術」ランキング(1位から20位)
  • ◎ 有望度・期待度トップ10の多面分析
共起ネットワーク図やグラフを使って調査回答者の利活用イメージを見える化
▲「既存事業に生かす技術」の選定理由や事業展開の共起ネットワーク図

特長2業界別・精鋭技術の事業展開案 全768回答

ビジネスにおける各技術の
具体的な利活用イメージが掴める

ビジネスパーソン300人調査で得た、技術の事業展開案 768回答を、ビジネスインパクトの5段階(「既存事業の売上を10倍に増加させる可能性がある」「2倍に増加させる可能性がある」「20%程度増加させる可能性がある」「確実に影響する」「ほとんど影響しない」)に分けて掲載。「既存事業に生かす技術」の「選択理由」「展開期待できる事業領域」「展開期待できる理由」などを示しています。

▲素材・化学業界の経験がある人が選んだ
「既存事業に生かす技術」
▲「既存事業の売上を10倍に増加させる可能性がある」
技術の選択理由・事業領域など[素材・化学業界]

特長33000の技術研究から抽出した 精鋭技術101全解説

注目すべき「研究段階の技術」にいち早くアクセスできる

3000の技術研究キーワードから、「実用が近い」「応用範囲が広い」などの観点で抽出した有望な101の次世代技術について、カテゴリーごとに徹底解説。また、その技術に関連する主な研究の「研究テーマ」「管轄研究機関」「研究団体名」「部署名」を掲載しています。

こんな方にお勧めです!

  • 経営企画部門の方
    次世代技術による自社事業への影響や可能性の分析に。
    次世代技術の活用を組み込んだ自社の事業計画に。
  • 新規事業開発部門の方
    次世代技術を活用した新たな事業の開発に。
  • 技術研究部門の方
    注目すべき「研究段階の技術」の把握に。

目次

本書の目次

第1章2025年までにインパクト与える新技術
事業・技術開発に携わるビジネスパーソン300人調査

1-1 イントロダクション
  • 1-1-1 総論
  • 1-1-2 注目すべき101の技術研究
  • 1-1-3 事業・技術開発に携わるビジネスパーソン300人調査
1-2 【調査】精鋭技術101の有望度・総合ランキング
  • 1-2-1 総合ランキング 既存事業に生かす技術/将来的に期待する技術
1-3 精鋭技術101 有望度・期待度トップ10と多面分析
1-4 業界別・事業展開案 期待できる事業領域とその理由
  • 1-4-1 素材・化学業界
  • 1-4-2 電子機器業界
  • 1-4-3 医薬品・バイオ関連業界
  • 1-4-4 ヘルスケア業界(医療機器・医療・介護)
  • 1-4-5 その他業界
  • 1-4-6 自動車・自動車部品関連業界
  • 1-4-7 半導体関連業界
  • 1-4-8 先端技術企業・研究機関・サイエンスベンチャー
  • 1-4-9 エネルギー・石油化学業界
  • 1-4-10 建設業界
  • 1-4-11 技術アドバイザー
  • 1-4-12 農林水産関連業界
  • 1-4-13 通信業界
1-5 特に注目の5分野 技術レビュー&事業展望
  • 1-5-1 「自動車・自動車関連事業」の展望/デンソー
  • 1-5-2 「ドローン事業」の展望/スカイウィングス
  • 1-5-3 技術がもたらす「農業・漁業」の事業展望/スマートアグリコンサルタンツ
  • 1-5-4 IT企業の「医療関連事業」の展望/伊藤忠テクノソリューションズ
  • 1-5-5 「iPS細胞による医薬事業」の展望/元アステラス製薬

第2章日本屈指の研究機関に集まる技術研究3000から厳選した精鋭技術101解説
技術解説とテーマ、研究機関、研究団体、部署名一覧

2-1 医療・健康
  • No.1 遺伝子治療/ゲノム編集
  • No.2 次世代iPS細胞技術
  • No.3 細胞外微粒子
  • No.4 細胞外小胞(エクソソーム)の生成メカニズム
  • No.5 時計遺伝子
  • No.6 エピジェネティクス制御
  • No.7 細胞の構造生命科学
  • No.8 ロボティックバイオロジー
  • No.9 ゲノミクス/ディープインサイト法
  • No.10 RNAアプタマー/AIアプタマー創薬システム
  • No.11 光操作技術(オプトジェネティクス)
  • No.12 生活支援ロボットシステム
  • No.13 セルフリハビリテーションシステム
  • No.14 遠隔医療AI
  • No.15 コンポジット量子センサー
2-2 バイオテクノロジー
  • No.16 バイオアッセイ
  • No.17 バイオマス
  • No.18 バイオプラスチック
  • No.19 原形質流動人工制御
  • No.20 ストライガ防除
  • No.21 微生物由来抗生物質(アスコフラノン)
  • No.22 発電細菌
2-3 食料生産
  • No.23 スマート農業
  • No.24 陸上養殖
  • No.25 資源循環型養殖餌料
  • No.26 次世代型魚類育種
  • No.27 高バイオマス雑種オオムギ育種法
  • No.28 空気を肥料とする窒素固定植物
  • No.29 品種改良コムギ
2-4 高度情報処理
  • No.30 マテリアルズ・インフォマティクス(MI)
  • No.31 インタラクション技術
  • No.32 IoTライフデータ高度利用
  • No.33 AIエッジコンピューティング
  • No.34 脳ビッグデータ解析/脳情報・脳信号解析
  • No.35 量子コンピューター/量子情報処理
  • No.36 粉末コンピューティングシステム
  • No.37 光ニューラルネットワーク
  • No.38 ウェアラブルコンピューティング
  • No.39 サイバー・フィジカル・システム/サイバー・フィジカル・バリューチェーン
  • No.40 ニューロモルフィックダイナミクス
2-5 教育・継承
  • No.41 身体知の可視化と継承
  • No.42 認知的インタラクション支援技術
2-6 スマート社会
  • No.43 生体IoT
  • No.44 集合視
  • No.45 自在化身体
  • No.46 万有情報網
  • No.47 AI交通信号制御
  • No.48 高速ビジョンセンサーネットワーク
2-7 モビリティー
  • No.49 自動運転
  • No.50 危険予知判断技術
  • No.51 直接給電
  • No.52 高精度3次元地図
2-8 次世代情報セキュリティー
  • No.53 PUF技術
  • No.54 革新的IoTセキュリティー
  • No.55 サイバー・フィジカル・セキュリティー
2-9 防災・防犯
  • No.56 リアルタイム災害シミュレーション
  • No.57 ビッグデータ同化
  • No.58 ソフトロボティクス(自動知能動作と遠隔操作)
2-10 エレクトロニクス
  • No.59 ほとんどが水よりなる動的フォトニック結晶
  • No.60 異常ネルンスト効果
  • No.61 ガラス製マイクロ流体チップ
  • No.62 3次元集積デバイス
  • No.63 フレキシブルエレクトロニクス
  • No.64 ダイヤモンド電極
  • No.65 量子ビーム位相イメージング
  • No.66 超低消費電力IoTデバイス/IoTセンサー
  • No.67 生体量子コヒーレンス顕微分光
  • No.68 伸縮性イメージセンサー(スーパーバイオイメージャー)
2-11 次世代ロボット
  • No.69 ヒューマノイドロボット
  • No.70 物体認識システム
  • No.71 人工筋肉
  • No.72 パーソナルインタラクション(共感知能技術)
  • No.73 ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)
  • No.74 マイクロロボット
  • No.75 人間機械協調/人間機械コラボレーション
2-12 環境・エネルギー
  • No.76 CO2を有効利用する技術(CCU)
  • No.77 CO2フリー水素
  • No.78 高温超電導技術
  • No.79 光で駆動するメタン酸化電池
  • No.80 ナノ界面制御電池
  • No.81 水系空気電池/亜鉛空気電池
  • No.82 水電解法
  • No.83 超高圧水素インフラ
  • No.84 固体高分子形燃料電池
  • No.85 バイオ燃料電池
  • No.86 エネルギーマネジメントシステム(EMS)
  • No.87 常温発電IoT環境センサー
2-13 発電技術
  • No.88 熱電発電
  • No.89 小型振動発電素子
  • No.90 塗布型太陽電池(フィルム型ペロブスカイト太陽電池)
  • No.91 ウェアラブル電源
2-14 社会インフラ
  • No.92 インフラ診断(水道管老朽化診断)
  • No.93 非破壊イメージング技術
  • No.94 インフラモニタリング
2-15 次世代石油化学
  • No.95 人工光合成技術
  • No.96 グリーンケミストリー
  • No.97 不活性低級アルカンの自在転換
  • No.98 多元素協働触媒
2-16 次世代マテリアル
  • No.99 蓄熱機能を有するセメント系複合多孔体建設材料
  • No.100 自己修復する機能性ポリマー
  • No.101 自己修復する多孔性結晶

編集者からのメッセージ

 世界的に見て、日本の技術力が高いのは間違いありません。特に基礎研究の裾野は広く、長らくその質は世界でもトップクラスと評されてきました。

 しかし、日本の技術力には大きな弱点があります。技術研究の成果をいち早く社会実装し、産業応用につなげる力が弱いのです。日本には多くの技術研究機関がありますが、ビジネスサイドから見れば多くの研究が埋もれ、研究者サイドから見れば、研究の価値が正しく評価されていません。

 そこで、産業化されていない段階、つまり、研究フェーズにある技術に注目しました。それら「技術研究」を産業サイドの視点で見ることで、個々の技術研究がポテンシャルとして有するビジネスインパクトの大きさを見える化したのです。具体的な利活用イメージを言語化することで、どの技術研究がどのような分野で、どんな展開を生む可能性があるのかを示します。我が国の技術研究を他国が産業応用として展開する前に、いち早く社会実装するのです。本書はそのためにあります。

 本書に掲載している情報は、注目すべき101の技術研究の解説と、それら技術研究に対するビジネスパーソン300人調査の結果です。企業で事業開発に携わるビジネスパーソンの目で見て、5年後に有望となる技術とその利活用方法を調査しました。回答者約300人、回答数は768あります。

 これらの中には、あなたが携わる事業に関係するものがあるはずです。事業ビジョンを描いたり、新商品を開発したりするのに、ぜひお役立てください。

日経BP 日経クロステック 編集委員 松山貴之

編集者松山貴之

日経BP
日経クロステック 編集委員

<経歴>システムエンジニアを経験して日経BP入社。『日経オープンシステム』『日経システム構築』などの専門誌にてIT技術の記者として活動。データベース技術、プログラミング、ストレージ技術、クラウドコンピューティングを中心に多数の記事を執筆する。その後、『日経SYSTEMS』にて編集長を務め、2014年以降は先端技術テーマの書籍を手掛けるほか、AI/IoT/SIビジネスをテーマにした調査リポートをプロデュースする。

誌面サンプル読めます /

※「1-4 業界別・事業展開案 期待できる事業領域とその理由 全768回答」より「素材・化学業界」、
「1-5 特に注目の5分野 技術レビュー&事業展望」より「ドローン事業の展望/スカイウィングス」、「2-10 エレクトロニクス」より、
「No.59 ほとんどが水よりなる動的フォトニック結晶」「No.61 ガラス製マイクロ流体チップ」など、
誌面サンプルと全目次をPDF(全32ページ)でご覧いただけます。誌面サンプルは、日経BPの許諾なく無断転載することを禁じます。

「オンラインサービス」なら、
検索も図表のダウンロードもできる!

※ご利用にはオンラインサービスセットのご購入が必要です。

テキスト検索
レポート閲覧
がすぐできる

入力したキーワードと関連するテキスト情報を瞬時に検索し、一覧表示。また、目次に沿ってレポートを閲覧することもできます。

入力した検索ワードの関連キーワード
関連企業
が分かる

日経BP独自の機械学習エンジンで、入力した検索ワードに関連する「キーワード」や「企業」の検索結果を表示します。

図表の解説文を分析図表だけ
探せる

入力したキーワードと関連する図表だけをサムネイルで一覧表示。図表をクリックして、詳細情報にアクセスできます。

出典や説明文も一緒にボタン一つ
パワポに出力

検索したテキスト情報や図表などのコンテンツは、ボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。

  • ※オンラインサービスセットご購入の場合は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。
  • ※ご利用開始に際してはお手続きは不要です。ご購入時にご連絡いただいたメールアドレス宛に、サービス登録完了のご案内を電子メールにてお送りします。
    ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。
  • ※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。nbpm.jp/osiからお問い合わせください。
  • ※コンテンツご利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。
  • ※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
    例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など
  • ※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。
約150点の図表を収録! 購入者はオンラインサービスで全てダウンロードできます!

次世代技術
インパクト101

市場を激変させる有望技術調査
事業領域・使い方・理由 全768回答

  • ■編集:日経BP 技術メディア局
  • ■執筆協力・調査協力:第1章 ビザスク
       第2章 工業市場研究所
  • ■価格:書籍のみ:本体600,000円+税
       書籍+オンラインサービス:本体900,000円+税
  • ■発行日:2020年10月26日(予定)
  • ■仕様:A4変型判、約400ページ
  • ■発行:日経BP

セット購入の方は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

商品の内容や購入に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。
法人対応窓口の日経BPマーケティングにて承ります。

技術関連レポートのご案内