想像を超える変革が 今、始まる

建設テック未来戦略

市場が一変、DXが拓く未来

誌面サンプル読めます

どう活用すればよいのか。主導権を握るのは誰か、
5G時代に飛躍するための全ての情報がここに。

5G(第5世代移動通信システム)は、すべての人に必ず来る未来です。都市部の企業ネットワークのみならず、農業・水産業、工場、地方自治体の公共施設などにも広く適用が見込まれています。

5Gが普及すると2020年代を通じて起こるパラダイムシフトを、本レポートでは「5Gエコノミー」と定義します。スマートフォンなどの普及によって個人の生活が大きく変わった4G時代との違いは、5Gの主役が企業であること。5Gを活かしたデジタルトランスフォーメーション(DX)や新しい事業の創出が一気に進むことが期待されています。

5Gが産業界に与えるインパクトは、多くのビジネスパーソンが想像するより遥かに大きなものになるでしょう。本レポートでは、5Gが各産業分野でどのように普及・活用されていくのか、世界各国の動向、主要プレイヤーの戦略など、5G時代に勝ち抜くための情報を多面的に分析し、解説しています。

続きを読む閉じる

5G効果を最大化するための4要素を
網羅!

要素15Gインパクト──2030年を展望する

5Gは産業や社会をどう変えるのか、
著名アナリスト、コンサルタントが展望

本レポートでは、5Gの総論と展開の方向性を日経BP総研が独自分析。さらに高速・大容量、超低遅延、同時多接続という特性を生かした新しいビジネスの開拓が、5Gの本格化によってどう変化していくのか、著名アナリスト、コンサルタントが2030年を展望します。

※執筆者の肩書きは、発行日(2020年3月)時点のものです

5G総論

日経BP総研の独自分析による「5Gエコノミー」全体像と変化を知る「5つの方向性」

執筆:日経BP総研 イノベーションICTラボ 上席研究員 菊池隆裕

  • ▶︎ 「5Gエコノミー」とは何か?
  • ・5Gを「どう活かすか」が企業の生き残りを決めると言っても過言ではない。
  • ・2020年代を通じて起こるパラダイムシフト=5Gエコノミーの全体像を正しく把握する。
  • ▶︎ 5Gエコノミーが示す5つの方向性
  • ・4G時代は「GAFA」が大きく業績を伸ばしたが、5Gではすべての企業・自治体が主役になる。
  • ・何がどう変わっていくのか、「5Gエコノミー」で起こる技術革新の方向性を展望する。
建設業界を巡る動き ICT施工

アナリスト・レポート2030

5Gは産業、社会をどう変えるのか。著名アナリスト、コンサルタントが展望

※詳細は目次の「第3章 ビジョン&インサイト」をご覧ください

アビームコンサルティング
  • ▶︎5Gが具現化する“アンビエント”な社会とは?
    2020年代はIoTがさらに進化した“アンビエント・コンピューティング”が本格化する
  • ▶︎ 「ハプティクス(触覚通信)」が遠隔操作を洗練させる
    いかに通信に「力触覚」を取り入れていけるかが重要な要素と言える
福田 克彦

金融・社会インフラビジネスユニット
通信・メディア担当ダイレクター
福田 克彦

アクセンチュア
  • ▶︎経営者の3人に2人が5Gのポテンシャルを理解していない
    調査では68%の経営層が「5Gのインパクトを理解していない」と回答
  • ▶︎5G活用の原動力は、社会課題のペイン(痛み)の大きさ
    国ごとの社会課題・業界課題のあり方が5Gを活用したDX促進の原動力になる
廣瀬 隆治

戦略コンサルティング本部
通信・メディア・ハイテクマネジング・ディレクター
廣瀬 隆治

  • ▶︎SA(スタンドアローン)本格化がもたらすUXとDXの変革
    5Gの本格化で起こることは?それはいつなのか?ロードマップや事例を使って解説
  • ▶︎5Gが実現するデータエコシステムと新しいビジネスの可能性は?
    B2Bの5G変革は、業務環境はもちろん、広告、金融などの間接業務も大きく変える
クロサカ タツヤ

代表取締役
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任准教授
クロサカ タツヤ

モルガン・スタンレーMUFG証券
  • ▶︎5G時代の新しいレベニューシェアモデルに期待せよ
    ユーザーが受けるサービスの中にどのように「通信事業者の取り分」を組み込むか
  • ▶︎日本に「映像の金脈」はない
    可能性があるのはIoT。個人あるいはモノのIDをどう収益につなげるか
津坂 徹郎

調査統括本部 株式調査部
エグゼクティブ ディレクター
津坂 徹郎

PwCコンサルティング
  • ▶︎5GとEssential 8が複層的に重なることで起こる社会変革
    「世界観を変える主要な8つの技術=Essential 8」と5Gの関係を解説
  • ▶︎2020年代、「ホスピタリティ」が本質的に変革する
    ユーザー体験(UX)、顧客体験(CX)が、これからの10年で最も変わる世界
今井 俊哉

副代表執行役
ストラテジーコンサルティング担当
今井 俊哉

神馬 秀貴

チーフデジタル オフィサー
パートナー
神馬 秀貴

要素25G先進国 動向分析リポート

日本と5G先進国(世界4大市場)の
狙いと動向、トレンドを掴む

本レポートでは、GSMAと総務省のレポートを通して5Gの現状と今後の展開を、また5G先進国にして4大市場でもある米国、中国、欧州、韓国の最新情報により、国内外の最新動向を広い視点で把握することが出来ます。

日本と世界の5G動向

世界動向レポート執筆:GSMA ※GSMA=移動通信関連の業界団体
  • ◉ グローバル市場のトレンド「トップ5」
  • ◉ 中国では5Gが早期に普及する準備が整い、はるかに先んじている
  • ◉ 通信速度向上のみならずキラーアプリケーションが必要
  • ◉ スマートスピーカー、マスマーケットを開拓するには
  • ◉ 「リビングルームを制する」とはどういうことか?
  • ◉ ウエラブルデバイスはフィットネスを足がかりとした復興期に ほか

世界の主要プレイヤー、各社の現在地と戦略を分析

Apple、Google、Amazon、Samsung、Microsoft、Huawei

国内動向レポート執筆:総務省
  • ◉ 5Gの早期整備は総務省の最重要課題
  • ◉ 工夫を凝らした「電波割当」の現状を知る
  • ◉ アイデアを募集し5G利活用のニーズを掘り起こす
  • ◉ 地域や企業のニーズに応じた「ローカル5G」とは? ほか

米国、中国、欧州、韓国 5G先進国の狙いと動向

各国で進行する5G変革を7つの視点で斬る

15Gを進めたい
理由

2不安 / 不透明
要因

3導入状況

4通信事業者
の動向

5通信機器
メーカー動向

6政策面
(政治、規制当局)
動向

7今後の展開
予測

米国
  • ◉ GAFAの果実を5Gでさらに大きく
  • ◉ 5G展開における不安要素は通信機器メーカーの不在
  • ◉ 通信事業者、各社のターゲット市場に違い
  • ◉ 政策面では大手の成長を優先 ほか
欧州
  • ◉ 規格をリードするも過去の負債に苦しむ
  • ◉ アジア勢、オープンソース化が脅威に
  • ◉ スローなエリア展開、ドイツはインダストリー4.0を意識
  • ◉ 投資余力への不安から「TIP」へ動く通信事業者 ほか
中国
  • ◉ 育成したプラットフォーマーなどの国内産業を海外へ
  • ◉ 複数の通信系メーカーが海外進出する強み
  • ◉ 1年後、10人に1人が5G契約者へ
  • ◉ 「デジタル・シルクロード構想」で一帯一路に5Gインフラを ほか
韓国
  • ◉ 端末に続き通信機器でも世界上位へ
  • ◉ 導入状況は当初のマイルストーンを早期に達成
  • ◉ 5Gのカバレッジは2019年末で人口比80%
  • ◉ 3.5GHz帯に続き28GHz帯のサービスも予定 ほか

要素3業界別分析レポート──5Gが拓く新市場

製造、医療、モビリティ、地方自治体など、
サービス領域別に5Gが解決できる課題や
期待できる新たな使用用途を解説

5Gで各業界が抱える課題をどう解決できるのか、また新たに期待できる使用用途や製品・サービスは何か。
製造、モビリティ、医療、地方自治体、教育など、業界別のキーパーソンが領域別に具体的なプロジェクト・事例を交えて詳しく解説。戦略立案に役立つヒントが満載です。

製造
  • ■ 5Gはなぜ未来の工場に欠かせないか
  • ■ 産業用途で期待が高まるローカル5G
  • ■ インダストリー4.0に向け欧州が先行
  • ■ 通信要件を満たす唯一の解 ほか
医療・ヘルスケア
  • ■ 動画、音響情報など、医療情報の伝達に適している
  • ■ 遠隔診療のコミュニケーション、5Gで克服できる課題
  • ■ 「5Gの遠隔手術」、本質は短期間の専門医養成
  • ■ 個人からの情報提供をどう動機づけるか
    求められる情報流通のインセンティブ ほか
モビリティ
  • ■ MaaSというデジタルプラットフォーム
  • ■ 最適化のカギはデータ分析やオペレーション連携
  • ■ 「道」を再定義し住宅やエネルギーも最適化 ほか
地方自治体
  • ■ 5Gが都市をアップデートする
  • ■ 5Gで戦略的官民連携を打ち出すバルセロナ
  • ■ 国家・自治体のDXで人が人らしく働く時代へ ほか
介護
  • ■ 2020年代の介護をとり巻く課題
  • ■ 期待される介護業界のDX ほか
教育
  • ■ 2020年代を通じて「学校の存在意義」が変わる
  • ■ 米国カリフォルニア州の公立校など海外の先進事例 ほか
eスポーツ
  • ■ 100億円規模に成長するeスポーツ市場
  • ■ 同時多接続と低遅延の実装タイミングは2021年後半か ほか
AI/AR/VR
  • ■ 5G時代に始まる「ARクラウド」の世界
  • ■ AIが解決するAR/VRにおける「不気味の谷」問題 ほか

要素4国内外 主要プレーヤーの戦略──最新5Gプロジェクト

どの方向を見て、何を開発しているか、
各社の戦略と最新動向をレポート

5Gをリードする企業は、何を狙い、今どんな動きをしているのか?世界戦略から国内の新規市場開拓、パートナー企業との共創状況、さらに現在抱えている課題まで、各社独自の戦略を紹介。今後の技術導入、戦略策定に不可欠な情勢がさまざまな視点から把握できます。

Ericsson
  • ◉ 4Gを上回る5Gの加入契約ペースは何を示すのか
  • ◉ 消費者が使いたいのはどれ?「関心と利用意向」を独自調査
    ──高速通信や5GTV、AR/VR学習などについて関心や支払い意向を分析
  • ◉ 米国で始まったミリ波活用の5Gサービス ほか
Verizon
  • ◉ ソニーやDisneyなどと開拓するDXユースケース
  • ◉ 全米で進む5G活用プロジェクト
    ──バージニア、オハイオ、ニュージャージーなど各州で進行中の実例を解説
  • ◉ Corningと目指す「未来の工場の創造」 ほか
Vodafone
  • ◉ 実証試験から見えてきた5Gの理想と現実
  • ◉ IoTで真価を発揮する5G、3つの活用事例 ほか
Huawei Technologies
  • ◉ Huaweiが選んだ有望なユースケース・トップ10
  • ◉ 欧州などで展開する独自のセキュリティ検証体制 ほか
NTTドコモ
  • ◉ 放送、メンテナンス、工業デザインの実証実験事例
  • ◉ パートナープログラムが提供する3つの価値 ほか
半導体メーカーの動向(Qualcomm,MediaTek)
  • ◉ 半導体メーカーの勢力争いからスマートフォン市場を展望
  • ◉ 価格攻勢を仕掛ける半導体メーカー ほか

こんな方にお勧めです!

  • 大手通信事業者で5G事業を統括・担当する方
    事業計画に効く
  • SIerのコンサルタント、営業担当者、SE
    顧客企業への5G活用提案に効く
  • ユーザー企業の経営企画部門、IoT事業開発部門
    5G活用戦略の立案に効く

目次

本書の目次

第1章エグゼクティブ・サマリー

1-1. 5Gエコノミーとは何か
  • 1-1-1. 5Gはすべての人に必ず来る未来
  • 1-1-2. 5G エコノミーの主役は企業
1-2. 5Gエコノミーが示す5つの方向性
  • 1-2-1. 【展望1】企業のDXが一気に広がる
  • 1-2-2. 【展望2】社内外の組織の枠がなくなる
  • 1-2-3. 【展望3】インターネットは、リアルタイムになる
  • 1-2-4. 【展望4】情報表現の制約が取り除かれる
  • 1-2-5. 【展望5】個人や組織の価値観が大きく変わる
1-3. 本レポートの読み方
  • 1-3-1. 概要
  • 1-3-2. グローバル・トレンド:地球規模で俯瞰
  • 1-3-3. ビジョン&インサイト:5Gエコノミーの意義とは
  • 1-3-4. リージョン・ナレッジ:世界の4大地域を分析
  • 1-3-5. サービス・フォーサイト:8つの業界の動向
  • 1-3-6. コーポレート・ストラテジー:主要企業の5G戦略

第2章グローバル・トレンド

2-1. 5Gによって変革する世界と日本の動きを展望
  • 2-1-1. 海外編:5G端末の動向や中国の影響を分析
  • 2-1-2. 国内編:5Gの早期展開に向けた施策を網羅
2-2. GSMA
  • 2-2-1. 世界各地で急拡大する5Gサービス
  • 2-2-2. グローバル市場のトレンド「トップ5」
  • 2-2-3. スマートフォンは(当面)優勢を維持する
  • 2-2-4. 中国がくしゃみをすると世界が風邪をひく
  • 2-2-5. 5Gだけではスマートフォン販売の新しい波を起こせない
  • 2-2-6. 中国では5Gが早期に普及する準備が整い、はるかに先んじている
  • 2-2-7. Huaweiのチャンスは Appleと Samsungのリスク
  • 2-2-8. 通信速度向上のみならずキラーアプリケーションが必要
  • 2-2-9. 5G はともあれ、デバイスの重心はアジアへ急速に移行
  • 2-2-10. スマートホーム市場は米国、中国とその他の3つに区分される
  • 2-2-11. スマートスピーカーの利用は基本機能に限られている
  • 2-2-12. マスマーケットを開拓するには、暮らしが楽になったと人々に実感させることが欠かせない
  • 2-2-13. VRハードウエアの売り上げは横ばいも、エンターテインメント分野では可能性
  • 2-2-14. 「リビングルームを制する」とはどういうことか?
  • 2-2-15. 家庭での大局的なプラットフォーム戦争は細分化されている
  • 2-2-16. ウエアラブルデバイスは健康とフィットネスを足がかりとした復興期に突入
  • 2-2-17. ヘルスデバイスを持つべき人が持っていない
  • 2-2-18. Apple:iPhoneの後継品を模索中。当面はサービス商品に依存
  • 2-2-19. Google:「ライフ」のための企業
  • 2-2-20. Amazon:電子商取引を家庭に拡大することと、音声による購入は別物である
  • 2-2-21. Samsung:5Gの先行者の優位性を十分に活用できない
  • 2-2-22. Microsoft:企業の優位性を強化するための長期的なAR
  • 2-2-23. Huawei:急発展中
2-3. 国内動向
  • 2-3-1. 5Gの早期エリア展開とニーズの掘り起こしを支援、ローカル5Gも早期実現へ
  • 2-3-2. Society 5.0を支える通信インフラとしての5Gの普及を支援
  • 2-3-3. 未来の姿を予測、夢のような10年後を迎えるために
  • 2-3-4. 早期の展開のための工夫を凝らした通信事業者への電波割当
  • 2-3-5. アイデアを募集し5G利活用のニーズを掘り起こす
  • 2-3-6. 地域のニーズや企業の事業ニーズに応じた5G活用を推進する「ローカル5G」
  • 2-3-7. 早く有効に5Gを活用できるように技術から制度整備まで支援を継続

第3章ビジョン&インサイト

3-1. 識者が語る5Gエコノミーの意義
  • 3-1-1. 通信分野の専門家が解説する5Gエコノミーの意義
  • 3-1-2. アンビエント、新しい収益の可能性など各社各様の注目ポイント
3-2. アビームコンサルティング
  • 3-2-1. 5G時代の到来は通信スピードの体感から始まる
  • 3-2-2. モバイルで映像コンテンツの消費文化が根付いた4G時代
  • 3-2-3. ネット配信事業者との連携を強化する大手キャリア
  • 3-2-4. “アンビエント”な社会を5Gが具現化する
  • 3-2-5. エンタープライズ市場における企業DXは「遠隔」から変容する
  • 3-2-6. 「ハプティクス」が遠隔操作を洗練させる
  • 3-2-7. 5Gがコア技術として支えるDXの未来像とは
3-3. アクセンチュア
  • 3-3-1. 経営者の3人に2人が5Gのポテンシャルを理解していない
  • 3-3-2. 5Gの3つの特徴は過去からの連続的な変化
  • 3-3-3. 通信ビット単価の低下が非連続な変化を生む
  • 3-3-4. デジタル化の本質を具現化する5G
  • 3-3-5. 5G活用の原動力は社会課題のペインの大きさ
  • 3-3-6. ローカル5Gは夢の自営ネットワークではない
  • 3-3-7. 必ず起こるパラダイムシフトであることを理解すべき
  • 3-3-8. DXに取り組んでいる企業が5G時代に加速する
3-4. 企
  • 3-4-1 SAがもたらすUXとDXの変革
  • 3-4-2. Amazon Go、スマートハウス、スマートシティ
  • 3-4-3. 5Gが実現するデータエコシステムと新しいビジネスの可能性
  • 3-4-4. ヒトを含めたデジタルツインの実現に向けて
3-5. モルガン・スタンレーMUFG証券
  • 3-5-1. スマートフォンに各種のアプリが集約された4G時代
  • 3-5-2. 身の回りの端末数が一気に増える5G時代
  • 3-5-3. 5G時代の新しいレベニューシェアモデルに期待
  • 3-5-4. 課題はデバイスコストをどうやって下げるか
  • 3-5-5. 日本に「映像の金脈」はない
3-6. PwCコンサルティング
  • 3-6-1. 5Gと「Essential 8」が複層的に重なることで起こる社会変革
  • 3-6-2. 2020年代、「ホスピタリティ」が本質的に変革する
  • 3-6-3. 2020年代、コラボレーションのレベルが別次元に
  • 3-6-4. 大規模コラボの時代に不可欠な報奨を分配するための認証技術
  • 3-6-5. ボトルネックは技術ではなく人間に
  • 3-6-6. クローズアップされる「トラスト」と「法律の未整備」

第4章リージョン・ナレッジ

4-1. 各地域で進行する5Gによる変革
  • 4-1-1. 5Gの導入に積極的な4カ国・地域を比較分析
  • 4-1-2. 「5G推進」の裏にある地域ごとの産業政策
4-2. 米国
  • 4-2-1. 5Gを進めたい理由:GAFAの果実を5Gでさらに大きく
  • 4-2-2. 不安/不透明要因:通信機器メーカーの不在と新型端末の台頭
  • 4-2-3. 導入状況:つながる5Gへエリア展開急ぐ
  • 4-2-4. 通信事業者:各社のターゲット市場に違い
  • 4-2-5. 通信系メーカー:オープンソース化の波に乗れるか
  • 4-2-6. 政策面(政治、規制当局):大手の成長を優先
  • 4-2-7. 今後の展開年表
4-3. 中国
  • 4-3-1. 5Gを進めたい理由:育成したプラットフォーマーなどの国内産業を海外へ
  • 4-3-2. 不安/不透明要因:中国メーカー外しの動き
  • 4-3-3. 導入状況:4G並みのカバレッジを早期に
  • 4-3-4. 通信事業者:1年後、10人に1人が5G契約者へ
  • 4-3-5. 通信系メーカー:複数メーカーが海外進出する強み
  • 4-3-6. 政策面(政治、規制当局):「デジタル・シルクロード構想」で一帯一路に5Gインフラを
  • 4-3-7. 今後の展開年表
4-4. 欧州
  • 4-4-1. 5Gを進めたい理由:規格をリードするも過去の負債に苦しむ
  • 4-4-2. 不安/不透明要因:アジア勢、オープンソース化が脅威に
  • 4-4-3. 導入状況:スローなエリア展開、ドイツはインダストリ4.0を意識
  • 4-4-4. 通信事業者:5G投資余力の不安から「TIP」へ動く
  • 4-4-5. 通信系メーカー:世界3強に2社は変わらず
  • 4-4-6. 政策面(政治、規制当局):EUとして復権目指す
  • 4-4-7. 今後の展開年表
4-5. 韓国
  • 4-5-1. 5Gを進めたい理由:端末に続き通信機器でも世界上位へ
  • 4-5-2. 不安/不透明要因:Samsungの成否次第
  • 4-5-3. 導入状況:当初のマイルストーンを早期達成
  • 4-5-4. 通信事業者:19年末で人口比80%まで拡大
  • 4-5-5. 通信系メーカー:Samsung、LGが世界で先行
  • 4-5-6. 政策面(政治、規制当局):3.5GHz帯に続き28GHz帯のサービスも予定
  • 4-5-7. 今後の展開年表

第5章サービス・フォーサイト

5-1. サービス領域別の2020年代の変革を展望
  • 5-1-1. DXが進行する8領域の近未来を展望
  • 5-1-2. 期待が大きい5Gで実現されるデジタルツイン
5-2. 製造
  • 5-2-1. 5Gはなぜ未来の工場に欠かせないか
  • 5-2-2. 実証試験に続々名乗り
  • 5-2-3. 産業用途で期待が高まるローカル5G
  • 5-2-4. ローカル5Gには専門家の力も必要
  • 5-2-5. 欧州が産業利用の推進で先行する
  • 5-2-6. 産業に必要だから5Gを規定する欧州
  • 5-2-7. 上り回線の高速性、複数接続の効果を実証
  • 5-2-8. 通信要件を満たす唯一の解
  • 5-2-9. 実装スケジュールを横目に早期に備える必要
5-3. モビリティ
  • 5-3-1. MaaSというデジタルプラットフォームの出現
  • 5-3-2. モビリティのベストミックスを追求
  • 5-3-3. データ分析やオペレーション連携が前提に
  • 5-3-4. MaaSを超え「連携」で価値を創造
  • 5-3-5. 「道」を再定義し住宅やエネルギーも最適化
  • 5-3-6. 5G、AI、IoTの進化とデジタルツイン
5-4. 医療・ヘルスケア
  • 5-4-1. 医療・ヘルスケアを繋ぐオンライン5G医療
  • 5-4-2. 患者との円滑なコミュニケーションを5Gで実現
  • 5-4-3. 「5Gの遠隔手術」、本質は短期間の専門医養成
  • 5-4-4. 求められる情報流通のインセンティブ
5-5. 介護
  • 5-5-1. 2020年代の介護業界の概況
  • 5-5-2. 介護業界に対するエクサウィザーズの取り組み事例
  • 5-5-3. 5G時代に期待される介護業界のDX
  • 5-5-4. 介護も「データドリブン」なサービスへ
5-6. 地方自治体
  • 5-6-1. 生産性を追求する行政運営が必須に
  • 5-6-2. 国家・自治体のDXで人が人らしく働く時代へ
  • 5-6-3. 5Gで戦略的官民連携を打ち出すバルセロナ
  • 5-6-4. 5Gが都市をアップデートする
  • 5-6-5. テクノロジーに造詣の深い首長を狙え
5-7. 教育
  • 5-7-1. 教育における最大の課題は「環境格差」
  • 5-7-2. 変わりつつある「優秀な教員」「できる生徒」の定義
  • 5-7-3. 5Gへの期待は「動画」「ライブ」などコンテンツの充実
  • 5-7-4. 2020年代を通じて「学校の存在意義」が変わる
  • 5-7-5. 米国カリフォルニア州の公立校など海外の先進事例
5-8. eスポーツ
  • 5-8-1. 100億円規模に成長するeスポーツ市場
  • 5-8-2. 国や自治体もeスポーツに注目
  • 5-8-3. 通信の進化とともに拡大するeスポーツ
  • 5-8-4. 配慮したい同時多接続と低遅延の実装タイミング
  • 5-8-5. 2020年代に教育、医療などで発展するeスポーツ
5-9. AI/AR/VR
  • 5-9-1. 1960年代の大型コンピュータの状況と似ている2020年のAI
  • 5-9-2. AIが解決するAR/VRにおける「不気味の谷」問題
  • 5-9-3. 5G時代に始まる「ARクラウド」の世界
  • 5-9-4. 切り離されるアテンション機能と情報掲示機能

第6章コーポレート・ストラテジー

6-1. 主要企業の5G戦略を俯瞰
  • 6-1-1. DXを仕掛けるグローバル・プレイヤー
  • 6-1-2. 外部組織との「共創」はグローバルなトレンド
6-2. Ericsson
  • 6-2-1. 5Gの加入契約立ち上がりは4Gを上回る
  • 6-2-2. 5Gは、初期・拡充期・成熟期と段階的に発展する
  • 6-2-3. 米国で始まったミリ波活用の5Gサービス
  • 6-2-4. コンシューマーを対象に各種ユースケースの関心と利用意向を調査
  • 6-2-5. 低遅延特性を利用した工場での活用例
  • 6-2-6. 業界別に5GによるDX推進団体が登場
6-3. Huawei Technologies
  • 6-3-1. 各業界のパートナーとともに5Gエコシステムを構築
  • 6-3-2. 2010年代に40億米ドルを5G研究開発に投じる
  • 6-3-3. 端末から伝送装置、サーバーまで5Gシステムを広範に提供
  • 6-3-4. 5Gユースケースを産業パートナーとの連携で開発する「ワイヤレスXラボ」
  • 6-3-5. 5G通信機器を使い新たな用途を開拓する「オープンラボ」
  • 6-3-6. 世界各地で進めるサイバーセキュリティ検証体制
  • 6-3-7. Huaweiが選んだ5Gで有望なユースケース・トップ10
  • 6-3-8. クラウド上のプロセッサーが高度な処理を実現する「Cloud X」
  • 6-3-9. 鉱山で実用化段階にある車両遠隔運転
  • 6-3-10. 5Gで「軽量化」が進むテレビのライブ中継
  • 6-3-11. ARやVRの活用が多いコンシューマー向け用途
  • 6-3-12. 5G導入後、同料金プラン比較でトラフィック量は1.5倍に
6-4. Verizon
  • 6-4-1. 5Gによる「体験の創出」と「産業の進化」をサポート
  • 6-4-2. 2019年末時点で、31都市において商用サービスを開始
  • 6-4-3. 全米各地で5Gによる産業振興への期待が高まる
  • 6-4-4. 5Gを活用した変革のコンテスト「Build on 5G Challenge」
  • 6-4-5. イノベーターのためのオープンラボを立ち上げ
  • 6-4-6. オープンラボで開発されたゲーム向けXR開発環境
  • 6-4-7. Labメンバーが立ち上げた投資部門
  • 6-4-8. NFLのスタジアムなどで活用が進む5G
  • 6-4-9. Disneyが5Gで示したエンターテインメントの未来
  • 6-4-10. ソニーは、ライブスポーツの映像制作に活用
  • 6-4-11. Corningとは、「未来の工場の創造」を目指す
  • 6-4-12. ミシガン大学における自動運転プロジェクトには日本企業も参加
  • 6-4-13. ビジネス向け端末により、既存の複数のWi-Fi端末を5Gにつなぐ
  • 6-4-14. AWSと共同で実現するクラウドビジネスの拡張
  • 6-4-15. 実証試験を経て得た「イノベーションを推進するための5Gの課題」
  • 6-4-16. 相互運用可能な仕様を開発し成功事例を共有するフォーラムを設立
6-5. Vodafone
  • 6-5-1. 企業のDX成長戦略に不可欠な5Gの積極的活用
  • 6-5-2. 企業のビジネスを通じてユーザーに恩恵をもたらす5G
  • 6-5-3. ネットワーク・スライスで顧客ごとに異なるサービスを提供
  • 6-5-4. 長期的視点で見た5Gの恩恵を考えているか
  • 6-5-5. 5GはIoTの組み合わせで真価を発揮する
  • 6-5-6. 車両とインフラの対話で車での移動が劇的に変わる
  • 6-5-7. 手術からスタッフ配置まで多岐にわたる医療分野の革新
  • 6-5-8. 「テックハブ」中国・杭州で始まったスマートシティ
  • 6-5-9. 実証試験から見えてきた5Gの真実3点
  • 6-5-10. エンタープライズ5Gへの正しいアプローチ
  • 6-5-11. Vodafone 5G OpenLabが推進するイノベーション
6-6. NTTドコモ
  • 6-6-1. 協創を推進する「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」
  • 6-6-2. 情報共有、コミュニケーション、体感の場の3つを提供
  • 6-6-3. 様々な業界のパートナーと実証実験
  • 6-6-4. 200超の自治体とも連携
  • 6-6-5. 5Gプレサービスにおける取り組み
6-7.半導体メーカーの動向から見る5G
  • 6-7-1. 5Gで変わらないスマートフォン、要らないを覆す4G
  • 6-7-2. Siファウンドリーを天秤に掛ける「強者の戦略」
  • 6-7-3. 5Gの普及速度を左右するMediatekの価格攻勢
  • 6-7-4. 大国政府が5Gチップセット市場を攻める
  • 6-7-5. ASICの目的は差異化でなく依存回避
  • 6-7-6. 「焼き直しチップセット」がポケトークを生んだ
  • 6-7-7. 新興企業がIoTビジネスを立ち上げた

第7章フォト&クリップ

7-1. 写真で見る世界のDXトレンド
  • 7-1-1. グローバルイベントから読み解く5Gの最新動向
7-2. CES2020における5G総ざらい
  • 7-2-1. 5Gに沸くCES2020
  • 7-2-2. 主催者注目テーマの1つに5Gが挙がる
  • 7-2-3. 5Gは企業用途が牽引
  • 7-2-4. パソコンにも実装始まる
  • 7-2-5. Qualcomm社長「5Gの主役はビデオとゲーム」
  • 7-2-6. 5Gによって起こる/起こらない9つのこと
  • 7-2-7. 医療分野への実装見せたAT&T
7-3. 加速する5G関連の発表
  • 7-3-1. カメラ機能で競う5Gスマートフォン
  • 7-3-2. 5Gを軸とした企業連携も相次ぐ

編集者からのメッセージ

5Gが産業界に与えるインパクトは、想像よりはるかに大きい──。本レポートの編集を経て得た実感です。
5Gの主役は企業です。5Gの普及でDXが一気に進み、製造、医療、モビリティなどあらゆる産業分野で大きな変革が起きるでしょう。そこで生まれるビジネスチャンスをつかめるかどうかが、企業の命運を大きく左右することになります。
本レポートは、5Gが各産業分野でどのように普及・活用されていくのか、先進各国の動向、主要プレイヤーの戦略など、5G時代に勝ち抜くための情報を多面的に分析、解説しています。
5G活用で成果を上げるために必要な情報を凝縮した本書をぜひ、ご活用ください。

編集責任者菊池隆裕

日経BP総研イノベーションICTラボ 上席研究員

「日経コミュニケーション」「日経エレクトロニクス」「日経コンピュータ」などで、主に通信、ネット分野を担当。
シリコンバレー支局勤務を経て現職。

誌面サンプル読めます /

※「第2章 グローバル・トレンド」より「GSMA」、「第3章 ビジョン&インサイト」より「アビームコンサルティング」、
「第4章 リージョン・ナレッジ」より「韓国」、「第5章 サービス・フォーサイト」より「介護」、
「第6章 コーポレートストラテジー」より「Vodafone」の一部と全目次をPDFでご覧いただけます。
誌面サンプルは、日経BPの許諾なく無断転載することを禁じます。

「オンラインサービス」なら、
検索も図表のダウンロードもできる!

※ご利用にはオンラインサービスセットのご購入が必要です。

テキスト検索
レポート閲覧
がすぐできる

入力したキーワードと関連するテキスト情報を瞬時に検索し、一覧表示。また、目次に沿ってレポートを閲覧することもできます。

入力した検索ワードの関連キーワード
関連企業
が分かる

日経BP独自の機械学習エンジンで、入力した検索ワードに関連する「キーワード」や「企業」の検索結果を表示します。

図表の解説文を分析図表だけ
探せる

入力したキーワードと関連する図表だけをサムネイルで一覧表示。図表をクリックして、詳細情報にアクセスできます。

出典や説明文も一緒にボタン一つ
パワポに出力

検索したテキスト情報や図表などのコンテンツは、ボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。

  • ※オンラインサービスセットご購入の場合は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。
  • ※ご利用開始に際してはお手続きは不要です。ご購入時にご連絡いただいたメールアドレス宛に、サービス登録完了のご案内を電子メールにてお送りします。
    ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。
  • ※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。nbpm.jp/osiからお問い合わせください。
  • ※コンテンツご利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。
  • ※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
    例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など
  • ※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。
約150点の図表を収録! 購入者はオンラインサービスで全てダウンロードできます!

5Gエコノミー世界総覧

市場が一変、DXが拓く未来

  • ■著者:Verizon、Ericsson、Huawei Technologies ほか
  • ■編集:日経BP総研イノベーションICTラボ
  • ■価格:書籍のみ:本体500,000円+税
       書籍+オンラインサービス:本体750,000円+税
  • ■発行日:2020年3月23日
  • ■仕様:A4判、290ページ
  • ■発行:日経BP
  • パンフレット(PDF)ダウンロード

セット購入の方は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

商品の内容や購入に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。
法人対応窓口の日経BPマーケティングにて承ります。

技術関連レポートのご案内