IT活用なくして、未来なし!
建設業のデジタル化をあらゆる視点で切った
戦略立案に「使える」1冊。

建設テック未来戦略

ITで激変する、建築・土木の2030年
50の技術開発・製品動向とニーズ調査

誌面サンプル読めます

何を解決したいのか。“使える技術”はどれか。
圧倒的な人手不足には、全方位でITを使うしかない。
今こそ、動き出す時です。

次の10年で、技術者・技能者が100万人単位で減少する建設業界。2024年には他産業から遅れること5 年、ついに「働き方改革関連法」の適用を迎えます。長時間労働を解消し、安全や品質も確保しながら圧倒的な人手不足に対応するには、測量、設計、施工、維持管理、技能伝承など「全方位」でITの活用が不可欠です。

本レポート「建設テック未来戦略」は、建設業の未来をより良いものに、という強い願いから生まれました。長年にわたり建設業界を見つめ続けた編集者と、IT業界を知り尽くした編集者2人がタッグを組み、「建設業界がITを使いこなすため」「IT業界が建設業界のニーズをつかむため」の情報を網羅しました。ぜひ、本レポートを戦略立案と実行にお役立てください。

続きを読む閉じる

“建設テック”活用に不可欠な
4要素を完全網羅!

要素1建設業界の2030年を展望

IT導入ロードマップで流れを読む

本レポートでは、まず建設業界の構造と課題を明らかにし、解決の手段となり得る有望な技術50を選定しました。また、それらのIT活用によって、建設業界が2030年までにどう変化していくのかを展望。分野別のIT導入ロードマップで解説します。

IT導入ロードマップ2020—2030

  • ▶︎ 建設業を巡る動きとともに、2030年までの10年間で技術導入がどう進んでいくかを予測
  • ▶︎ 「ICT施工」、「BIM・CIM」、「3次元測量」、「維持管理」、「防災」など分類ごとにロードマップを提示
  • ▶︎ 各技術が「先進的な現場」で取り入れられ「小規模な現場」に浸透するまで、いつ頃どのような規模で導入が進むかなどを予測・解説
建設業界を巡る動き ICT施工

建設業界が「欲しい」「使いたい」有望技術50

測量・調査
  • ・レーザースキャナーによる水中の測量・計測
  • ・モバイル端末を利用した測量・計測
  • ・3次元点群データの軽量化
企画・計画・設計
  • ・施工用の3次元データの簡易な作成
  • ・AIを利用した図面(構造・設備など)の整合性のチェック
  • ・3次元データ(BIM・CIM)を利用した積算
施工
  • ・ICT建機による無人化施工
  • ・ロボットによる熟練技能者の技能の代替
施工管理
  • ・3次元データ(BIM・CIM)を利用した出来高管理
  • ・4Dシミュレーションによる施工管理
  • ・VR/ARを利用した施工管理・検査
維持管理
  • ・ロボットやドローンによる施設や構造物の点検
  • ・タブレット端末を利用した施設や構造物の点検
  • ・センサーやIoT技術による施設や構造物の変状モニタリング
  • ・非破壊検査技術による施設や構造物の劣化状況調査
防災
  • ・AIを利用した被害(河川氾濫・津波など)の発生域や程度の予測
  • ・センサーやIoT技術による被災箇所・程度の把握
住民説明・技能伝承など
  • ・映像やVR/ARを利用した技術・技能の伝承・教育
  • ・ICTを利用した下請会社や資機材メーカーとのマッチング

  • など有望技術50を選定

    (※目次、第3章で有望技術50を全てご覧いただけます)

要素2技術開発・製品ニーズ調査

建築・土木各社が「使いたい」と答えた技術はどれ?

本調査では、50の有望技術について、「購入したい」「開発したい」などの利用意向を、「すぐにでも」「将来的には」といった時間軸と併せて調査。建築・土木それぞれの分野で建設会社の“本当のニーズ”と“IT導入のスピード感”などが掴めます。

●主な回答企業 大林組、奥村組、オリエンタルコンサルタンツグローバル、鹿島建設、熊谷組、久米設計、清水建設、大成建設、大日本土木、大和ハウス工業、竹中工務店、千代田コンサルタント、東急建設、戸田建設、飛島建設、日揮、日本工営、フジタ、本間組、三菱地所設計 ほか

●調査 日経アーキテクチュア、日経コンストラクション、日経コンピュータ、日経クロステック、日経BP 総合研究所 社会インフララボ

製品・サービスを利用したい技術分野【利用ニーズ】

建築
  • ■利用したい技術分野50分野・関心度順
    1位▶︎3次元データ(BIM・CIM)を利用した積算
    2位▶︎施工用の3次元データの簡易な作成
    3位▶︎3次元データ(BIM・CIM)を利用した出来高管理
  • ■利用したいので探している技術分野上位10
  • ■将来的には利用したい技術分野上位10ほか
土木
  • ■利用したい技術分野50分野・関心度順
    1位▶︎ドローンやレーザースキャナーによる測量・計測
    2位▶︎施工用の3次元データの簡易な作成
    3位▶︎3次元データ(BIM・CIM)を利用した出来高管理
  • ■利用したいので探している技術分野上位10
  • ■将来的には利用したい技術分野上位10ほか

自社開発/共同開発したい技術分野【開発ニーズ】

建築
  • ■開発したい技術分野50分野・関心度順
    1位▶︎AIを利用した技術・技能の伝承・教育
    2位▶︎AIを利用した施工計画の立案支援
    3位▶︎VR/ARを利用した施工管理・検査
  • ■すぐにでも開発を始めたい技術分野上位10
  • ■将来的には開発したい技術分野上位10ほか
土木
  • ■開発したい技術分野50分野・関心度順
    1位▶︎施工データを関係者間で共有するデータプラットフォーム
    2位▶︎タブレット端末を利用した施設や構造物の点検
    3位▶︎ロボットやドローンによる施設や構造物の点検
  • ■すぐにでも開発を始めたい技術分野上位10
  • ■将来的には開発したい技術分野上位10ほか
会社別の全回答を公開!(建築19社/土木26社)「導入済み」「利用・開発したい」などの回答の詳細を一覧に。

要素3有望技術リサーチ50

どんな場面で、どう使えるか。
どの企業が何を開発しているか。

ニーズが高く有望な技術50を選定。なぜその技術が注目されているのかを解説します。また、要素技術・最新技術に加え、現時点でどの企業がどう活用しているかといった事例や、市販商品の開発・実用化に関する情報など、今後の技術導入、戦略策定に不可欠な情報を網羅しています。

1 背景とニーズ なぜこの技術が注目されるのか、何が課題となっているのかを解説。
2 建設業界の「関心度」 土木、建築分野のそれぞれで「利用したいか」「開発したいか」を分析
3 要素技術解説 「どんな場面でどう使うか」に即して必要な要素技術を紹介。
4 現状の取り組みと最新技術 「どこで、誰が、何を活用しているか」という事例や最新技術動向を解説
5 市販商品・サービスの動向 想定利用者層のほか、各社の開発、実用化、発売状況などをレポート

掲載例:ICT建機による無人化施工

  • ■ 背景とニーズ

    『そこで、自律化・自動化したICT建機にオペレーターの肩代わりをさせる。将来、オペレーターがいなくなっても現場を回せる態勢を整える。「労災リスクの低減」は災害復旧など…』

  • ■ 建設業界の関心度

    『調査結果を基に「関心度」を算出した。土木と建築の「製品・サービスを利用したい」が40%台半ばと…』

  • ■ 要素技術解説

    『現場の状況や建機周辺にある物体や人を検知・把握する機器としてステレオカメラや3Dレーザースキャナー、LiDAR(ライダー)、レーダー、障害物センサーなどが挙げられる。この他…』

  • ■ 現状の取り組みと最新技術

    『作業が複雑で技術的な難易度が高い「掘削系」は、大林組とNEC、大裕の3社、大成建設とキャタピラージャパンの2社などが…。いずれも油圧ショベルの自律・自動運転システムで…』
    『戸田建設は建築現場で使用するタワークレーンの作業の一部を自動化する技術を開発した。揚重作業の自動化で…』

  • ■ 市販商品・サービスの動向

    『大林組は開発した油圧ショベルの自律運転システムの外販も見据えているという。キャタピラーは2020年をめどに、自動運転や自律運転に対応する振動ローラーを…』

要素4建設業界が求める次世代技術とRFP

次の5年に来る、次に使いたい新技術・製品の仕様と要件

建設業界のニーズと、それに対応した次世代の「有望製品・機能」を提示。それぞれについて、求められる仕様や要件を分野別にRFPとしてレポートします。

ニーズ 「細かい寸法が必要な構造物の
測量を省力化したい」 など
▶︎ 有望製品・
機能
自由視点映像による
スキャニング など
7つの技術分野別に
有望技術・製品を提示
▶︎ 測量・調査/企画・計画・設計/施工/施工管理/
維持管理/防災/住民説明・技能伝承

こんな方にお勧めです!

  • 建設会社の技術部門で、IT化を検討・導入される方
  • 建設会社の経営企画部門で、中期経営計画やIT活用戦略の立案に携わる方
  • 建機など建設系機器メーカーで、製品開発に携わる方
  • 建設会社や建設コンサルタント会社で知財戦略立案に携わる人
  • IT関連企業で建設業界へ自社の製品・サービスや技術を提案したい方
  • IT関連企業の経営企画部門で、中期経営計画の立案に携わる方

目次

本書の目次

第1章土木・建築の現在と未来

1-1 建設業界の構造と課題
  • 1-1-1 加速する人手不足
  • 1-1-2 疲弊する建設現場
  • 1-1-3 悩ましい「防災」と「老朽化」
  • 1-1-4 建設投資はどうなる?
1-2 2020年代は“建設テック時代”に ―IT活用は第二フェーズへ
  • 1-2-1 建設テック導入の機運
  • 1-2-2 誕生する「建設テック市場
1-3 建設テックで生まれる新ビジネス
  • 1-3-1 これまでの建設業界の役割分担
  • 1-3-2 建設テックで変わる業界地図
  • 1-3-3 技術や製品を開発してスペックイン
  • 1-3-4 建設会社のITコンサルティング
  • 1-3-5 建設テックに特化した専門工事会社
  • 1-3-6 IT企業や製造業が建設会社を傘下に
1-4 建設業界が注目する50の有望技術
  • 1-4-1 建設テックの7つのフェーズと50の有望技術
1-5 2030年を展望 技術分野別IT導入ロードマップ
  • 1-5-1 建設テックのロードマップ2030

第2章技術開発・製品ニーズ調査(土木分野/建築分野)

2-1 調査の目的と概要
  • 2-1-1 調査の目的
  • 2-1-2 調査の概要
2-2 調査結果 製品・サービスを利用したい技術分野
  • 2-2-1 製品・サービスを利用したい技術分野 土木分野(全体)
  • 2-2-2 製品・サービスを利用したい技術分野 土木分野(上位)
  • 2-2-3 製品・サービスを利用したい技術分野 建築分野(全体)
  • 2-2-4 製品・サービスを利用したい技術分野 建築分野(上位)
2-3 調査結果 自社開発/共同開発したい技術分野
  • 2-3-1 自社開発/共同開発したい技術分野 土木分野(全体)
  • 2-3-2 自社開発/共同開発したい技術分野 土木分野(上位)
  • 2-3-3 自社開発/共同開発したい技術分野 建築分野(全体)
  • 2-3-4 自社開発/共同開発したい技術分野 建築分野(上位)
2-4 調査結果 異業種と連携したい技術分野
  • 2-4-1 異業種との連携の意向 土木分野
  • 2-4-2 異業種との連携の意向 建築分野
2-5 調査結果から見る建設テックの有望技術
  • 2-5-1 建設テックの有望技術/土木分野
  • 2-5-2 建設テックの有望技術/建築分野
  • 2-5-3 主要な建設関連企業の利用・開発動向

第3章建設テックの有望技術リサーチ50

3-1 測量・調査
  • 3-1-1 ドローンやレーザースキャナーによる測量・計測
  • 3-1-2 衛星やSAR(合成開口レーダー)による測量・計測
  • 3-1-3 レーザースキャナーによる水中の測量・計測
  • 3-1-4 モバイル端末を利用した測量・計測
  • 3-1-5 AIを利用した地質の推定や地質図の作成
  • 3-1-6 3次元点群データの軽量化
3-2 企画・計画・設計
  • 3-2-1 AIを利用した建築物や構造物の企画・計画
  • 3-2-2 施工用の3次元データの簡易な作成
  • 3-2-3 AIを利用した構造物の自動設計
  • 3-2-4 AIを利用した図面(構造・設備など)の整合性のチェック
  • 3-2-5 3次元データ(BIM・CIM)を利用した積算
3-3 施工
  • 3-3-1 ICT建機による施工補助(マシンガイダンス)
  • 3-3-2 ICT建機による無人化施工
  • 3-3-3 5Gを利用した建機の遠隔操作
  • 3-3-4 ロボットやパワーアシストスーツによる苦渋作業の低減
  • 3-3-5 ロボットによる熟練技能者の技能の代替
  • 3-3-6 3Dプリンターによる建物や構造物の構築
3-4 施工管理
  • 3-4-1 AIを利用した施工計画の立案支援
  • 3-4-2 3次元データ(BIM・CIM)を利用した出来高管理
  • 3-4-3 4Dシミュレーションによる施工管理
  • 3-4-4 センサーやIoT技術による施工実績のデータの収集
  • 3-4-5 センサーやIoT技術による建機の位置や稼働状況の監視
  • 3-4-6 ロボットによる現場の巡回・巡視
  • 3-4-7 メガネ型デバイスを利用した施工管理
  • 3-4-8 ヒアラブル(音声)デバイスを利用した施工管理
  • 3-4-9 VR/ARを利用した施工管理・検査
  • 3-4-10 動画を利用した施工管理・検査
  • 3-4-11 モバイル端末を利用した施工管理・検査
  • 3-4-12 バイタルセンサーによる作業員の健康管理
  • 3-4-13 センサーやIoT技術による人と建機の接触防止
  • 3-4-14 AIを利用した現場写真の整理
  • 3-4-15 施工データを関係者間で共有するデータプラットフォーム
3-5 維持管理
  • 3-5-1 ロボットやドローンによる施設や構造物の点検
  • 3-5-2 タブレット端末を利用した施設や構造物の点検
  • 3-5-3 VR/ARを利用した施設や構造物の点検
  • 3-5-4 センサーやIoT技術による施設や構造物の変状モニタリング
  • 3-5-5 センサーやIoT技術による施設や構造物の調査箇所の絞り込み
  • 3-5-6 非破壊検査技術による施設や構造物の劣化状況調査
  • 3-5-7 AIを利用した施設や構造物の劣化予測
  • 3-5-8 3次元データ(BIM・CIM)を利用した維持管理
3-6 防災
  • 3-6-1 防災情報を官民で共有するデータプラットフォーム
  • 3-6-2 AIを利用した土砂災害危険箇所の判定
  • 3-6-3 AIを利用した被害(河川氾濫・津波など)の発生域や程度の予測
  • 3-6-4 センサーやIoT技術による被災箇所・程度の把握
  • 3-6-5 ドローンやレーザースキャナーによる被災箇所・程度の把握
3-7 住民説明・技能伝承など
  • 3-7-1 VR/AR用のデータの簡易な作成
  • 3-7-2 映像やVR/ARを利用した発注者・住民への説明や施工検討
  • 3-7-3 映像やVR/ARを利用した技術・技能の伝承・教育
  • 3-7-4 AIを利用した技術・技能の伝承・教育
  • 3-7-5 ICTを利用した下請会社や資機材メーカーとのマッチング

第4章建設業界が求める次世代技術の仕様と要件(RFP)

4-1 測量・調査
  • 4-1-1 測量・調査フェーズで有望な製品・機能のRFP
4-2 企画・計画・設計
  • 4-2-1 企画・計画・設計フェーズで有望な製品・機能のRFP
4-3 施工
  • 4-3-1 施工フェーズで有望な製品・機能のRFP
4-4 施工管理
  • 4-4-1 施工管理フェーズで有望な製品・機能のRFP
4-5 維持管理
  • 4-5-1 維持管理フェーズで有望な製品・機能のRFP
4-6 防災
  • 4-6-1 防災フェーズで有望な製品・機能のRFP
4-7 住民説明・技能伝承
  • 4-7-1 住民説明・技能伝承フェーズで有望な製品・機能のRFP

編集者からのメッセージ

建築・土木に使える最新技術は多種多彩。
2030年の姿とIT導入ロードマップを描きました。

どの場面で、どのような技術が必要とされているのか。有望な技術はどこにあり、今、何ができるのか。そして、この先10年でどのように建設業界に取り入れられるか。「IT活用なくして建設業に未来はない」との強い思いから、これら全てを明らかにすべく、本書の執筆に挑みました。ドローンやセンサー、VRなどひと昔前とは明らかに違った「使える技術」は数多く、パッケージ化された製品の開発も進んでいます。状況は本当に「待ったなし」。建設業界の皆さん、今こそ、動き出す時なのです。

野中 賢

日経BP 総合研究所 社会インフララボ 上席研究員

<経歴>1992年に日経BP入社。建設専門誌「日経コンストラクション」編集部に配属され、主に建設技術、インフラの維持管理、まちづくり、景観などのテーマを担当。2012年10月から日経コンストラクション編集長。2019年4月から現職。

建設業界の課題解決はDXにあり。具体的な
ニーズと必要な技術を抽出、RFPを提示しました。

今回の調査でわかったことは、「良い商品があれば購入したい」という強い意向の存在です。極めて特殊な市場で、商品を作るのも難しければ、売るのはもっと難しい—。これがI T 業界から見た建設業界です。しかし、ニーズがあるなら解決策はきっとあります。本レポートでは建設業界が「使いたい」技術と活用シーンを具体的に解説し、次に求められる製品・機能のRFPとして提示。各社がすぐに、または将来導入したい技術から建設業向けDX 戦略が描けるでしょう。建設市場に参入したい方に必携の1冊です。

松山 貴之

日経クロステック 編集委員

<経歴>システムエンジニアを経験して日経BP入社。『日経オープンシステム』『日経システム構築』などの専門誌にてIT技術の記者として活動。データベース技術、プログラミング、ストレージ技術、クラウドコンピューティングを中心に多数の記事を執筆する。その後、『日経SYSTEMS』にて編集長を務め、2014年以降は先端技術テーマの書籍を手掛けるほか、AI/IoT/SIビジネスをテーマにした調査リポートをプロデュースする。

誌面サンプル読めます /

※2章「技術開発・製品ニーズ調査」の一部、3章「建設テックの有望技術リサーチ50」より「レーザースキャナーによる水中の測量・計測」の一部、
「VR/ARを利用した施設や構造物の点検」の一部、4章「建設業界が求める次世代技術の仕様と要件(RFP)」より「施工管理フェーズで有望な製品・機能のRFP」の一部など、誌面サンプルと全目次をPDFでご覧いただけます。誌面サンプルは、日経BPの許諾なく無断転載することを禁じます。

「オンラインサービス」なら、
検索も図表のダウンロードもできる!

※ご利用にはオンラインサービスセットのご購入が必要です。

テキスト検索
レポート閲覧
がすぐできる

入力したキーワードと関連するテキスト情報を瞬時に検索し、一覧表示。また、目次に沿ってレポートを閲覧することもできます。

入力した検索ワードの関連キーワード
関連企業
が分かる

日経BP独自の機械学習エンジンで、入力した検索ワードに関連する「キーワード」や「企業」の検索結果を表示します。

図表の解説文を分析図表だけ
探せる

入力したキーワードと関連する図表だけをサムネイルで一覧表示。図表をクリックして、詳細情報にアクセスできます。

出典や説明文も一緒にボタン一つ
パワポに出力

検索したテキスト情報や図表などのコンテンツは、ボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。

  • ※オンラインサービスセットご購入の場合は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。
  • ※ご利用には手続きが必要です。書籍納品時に案内書を同封しますので、手続きをお願いします。弊社にて利用登録が完了しましたらメールでお知らせします(最大1週間かかる場合があります)。
    ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。
  • ※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。nbpm.jp/osiからお問い合わせください。
  • ※コンテンツご利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。
  • ※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
    例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など
  • ※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。
約150点の図表を収録! 購入者はオンラインサービスで全てダウンロードできます!

建設テック未来戦略

ITで激変する、建築・土木の2030年
50の技術開発・製品動向とニーズ調査

  • ■編集者:日経BP 総合研究所 社会インフララボ 上席研究員 野中賢
        日経クロステック 編集委員 松山貴之
  • ■価格 書籍のみ:500,000円+税
       書籍+オンラインサービス:750,000円+税
  • ■2020年3月16日 発行
  • ■レポート:A4変型判、360ページ
  • ■発行:日経BP
  • パンフレット(PDF)ダウンロード

セット購入の方は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

商品の内容や購入に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。
法人対応窓口の日経BPマーケティングにて承ります。

技術関連レポートのご案内