人工知能が市場やビジネスをどう変えるのか
新たに5業種の業務別AI導入ロードマップを提示

人工知能の未来2020-2024

誌面サンプル読めます

活用・導入の第一線にいる著者が、今後5年の動きを解説。人工知能がもたらす未来を見通し、ビジネスで勝ち抜く未来戦略がこの1冊に。

AIによる高度な予測や自動化によって、今後5年にどのような変化が起こるかを3つの視点で徹底分析、解説しています。企業に訪れる変化をさらに具体的に理解できるよう、最新版となる2020-2024版では新たにAIによる業務の置き換えの現状と今後を「業務別・AI導入ロードマップ」として提示。

人手不足やIoTビジネスへの対応など喫緊の課題に対してAIをどう活用していくのか。主要業務に起こる変化を図解し、本質を明らかにします。本書はAI適用に関する羅針盤と言えます。AIを組み込んだ経営計画、事業計画策定にぜひご活用ください。

続きを読む閉じる

特長1AIで誕生する新サービスを詳解!

AIが生み出す新市場を、20の領域、130の新サービスに分類。
新規参入に必要な情報を詳細に解説します。

新サービスが生まれる産業を20領域に分類、2024年時点の状況を解説

自動運転/★インテリジェントファクトリー/インテリジェントマニファクチュアリング/インテリジェントロジスティクス/インテリジェントメディカルケア/次世代介護・福祉/インテリジェントカスタマーサービス/インテリジェントファイナンス/ホーム/インフラストラクチャー/ガバメント/ファーミング/マーケティング/セキュリティ/エデュケーション/ポリシング/次世代ビジネスインテリジェンス/メディアエンターテイメント/トラベル/次世代機能開発

新サービス130種類の全概要を解説

130種類・新サービス全てについて
想定される内容などを詳しく解説します
  • ◉想定顧客
  • ◉提供価値
  • ◉サービスを提供できる
    サプライヤー ほか
■主なサービス

自動運転車/無人タクシーサービス/自動運転車用高精細3Dマップ/製造サプライチェーンの知能化/生産プロセスの知能化/人間協調ロボット/知能化居住空間/メディカルケア/バイタルデータによる生命保険/遺伝子情報による健康管理/コミュニケーション型見守りロボット/介護支援型ロボット/車いす/政策策定支援サービス/eガバメント/気象予測サービス/農業保険/自動陸運/出荷予測サービス/店舗における購買行動解析/広告物への拡張現実導入サービス/オペレーター回答候補支援/接客ボット/完全自動トレーディング/アナリストエージェントによる投資支援/自動決済/災害情報支援/キャリア設計支援/サイバー攻撃自動検知システム/フロントオフィス業務意思決定支援/バーチャルコンテンツ配信サービス/仮想現実による観光促進支援/同時通訳アプリ/新材料探索受託サービス/材料構造解析 ほか

産業領域の1つ「インテリジェントファクトリー」における掲載例を紹介!

この分野で新たに誕生する新サービスは「製造サプライチェーンの知能化」「生産プロセスの知能化」「マスカスタマイゼーション」「移動工場によるオンデマンド製造」「設計・製造熟練者のスキル形式知化」「人間協調ロボット」「拡張現実による作業支援システム」の7種類

  • ◉2024年の状況 「製造サプライチェーンの知能化」、「生産プロセスの知能化」、「移動工場によるオンデマンド製造」など自動化の普及状況を予測
  • ◉2024年の想定ストーリー 工場での自動化、カスタマイズ生産の自動化、協調型ロボットの導入状況などを分かりやすく紹介します。
  • ◉想定顧客 例えば、「製造サプライチェーンの知能化」についての想定顧客は、「新興国の事業者」「新興国の政府」「製造業における既存事業者」であると想定し、そのニーズと先進企業の動向なども解説します。
  • ◉提供価値 例えば「製造サプライチェーンの知能化」における提供価値は「生産スピード向上・マスカスタマイゼーション実現による競争力強化」などです。 新市場の需要や背景を分析して、早期に事業を立ち上げる事によるメリットや脅威などを解説します。
  • ◉このサービスを提供できるサプライヤー 自動化が進むドイツ、米国、日本のサプライヤーの動向を各企業別に紹介します。
    ドイツSAP社、ファナック、NTTコミュニケーションズ、NEC、米General Electric(GE)社、三菱電機、ブリヂストン、米Harley-Davidson社、Kabuku、日産自動車、安川電機、米Local Motors社、米Original社、米NIKE社/米Feetz社/オランダUnited Nude社、米Rethink Robotics社、米Amazon.com ほか
▲新サービスの
想定顧客を定義
▲2024年時点の自動化の
予測ストーリー
▲サービスを提供できる
サプライヤーの動向

特長2業務別AI導入ロードマップ
【自動車、銀行、保険、通信、エネルギー】

注目の5業界について、最適化や自動化、リスク予測や業務の効率化などにより、経営戦略、人材対策、商品開発、研究開発の変化の潮流が俯瞰できます。

  • 2024年までの市況環境を展望

    AIの進化による産業や技術、市況環境を展望します。

  • 業界別のAIの進化を予測

    業界に特化したAIの進化による業務への影響や進化を描きます。

  • 部門別業務の自動化、効率化がどう進むのか

    部門(保険業界では商品開発、営業推進、引受、支払)毎に商品開発、新ビジネス、業務の自動化や効率化を明示します。

  • 商品分野別AIによる自動化、効率化がどう進むのか

    詳細に商品別(保険業界では、生命保険/医療保険/損害保険)と部門別(保険業界では商品開発、営業推進、引受、支払)の自動化や効率化を分析します。

新登場!2024年までの注目業種AIロードマップ

特長3既存ビジネスへの影響を分析
新チャンスと脅威とはどのようなものか

10産業ごとに既存業界への影響を紹介。自社への影響や新ビジネス、想定される脅威を詳しく解説します。

  • 自動車・輸送機器産業

  • 電子・電気・機械産業

  • 医療・美容・健康産業

  • 衣料・インテリア・雑貨産業

  • IT・メディア・コンテンツ産業

  • 素形材・化学産業

  • 流通・サービス産業

  • 農業・食品産業

  • 金融・保険・不動産産業

  • インフラ・建築・エネルギー産業

自動車・輸送機器産業への影響

自動運転車の影響/無人タクシーサービスの影響/無人シャトルバスの影響/コンシェルジュサービスの影響/自動運転者高精細3Dマップの影響/ドライバー状態検知システムの影響 ほか

電子・電気・機械産業への影響

設計・製造熟練者のスキル形式知化の影響/製品価値最大化サービスの影響/デジタルホスピタルの影響/メンテナンスレジリエンスサービスの影響/災害情報支援システムの影響 ほか

流通・サービス産業への影響

マスカスタマイゼーションの影響/ロボットスーツの影響/無人空運の影響/店舗における購買行動解析の影響/治安解析システムの影響 ほか

第4章既存産業への影響
「素形材・化学産業への影響」より
▲130分野について
ビジネスへの影響が一覧できます。
▲想定される影響や
コスト削減の効果などを解説します。

こんな方にお勧めです!

  • 経営企画部門などで、AI による自社事業への影響や可能性を
    分析したい方
  • IT 部門などで、AI 導入による業務の置き換えを検討、
    計画している方
  • 新事業開発などの部門で、AIを活用した市場参入を図りたい方
  • 研究部門などで、新製品・サービスなどの開発に携わる方

目次

目次

本書の目次

プロローグ 本書の考え方・構成

第1章人工知能の俯瞰

  • 1-1.人工知能の歴史
  • 1-2.グローバルにおけるトレンド
  • 1-3.人工知能の技術予測

第2章2024年までのAI業務適用ロードマップ

  • 2-1.自動車
  • 2-2.銀行
  • 2-3.保険
  • 2-4.通信
  • 2-5.エネルギー

第3章2024年におけるマーケットへの影響 新規産業の創出

3-1.自動運転
  • 3-1-1.自動運転車
  • 3-1-2.無人タクシーサービス
  • 3-1-3.無人配送サービス
  • 3-1-4.無人シャトルバスサービス
  • 3-1-5.無人路線バスサービス
  • 3-1-6.車載インフォテイメントコンテンツサービス
  • 3-1-7.コンシェルジュサービス
  • 3-1-8.テレマティクス保険
  • 3-1-9.リアルタイム走行情報クラウドサービス
  • 3-1-10.自動運転車用高精細3Dマップ
  • 3-1-11.自動運転車用車載イメージングユニット
  • 3-1-12.自動運転車用画像処理デバイス
  • 3-1-13.自動運転車用制御ソフトウエア
  • 3-1-14.自動運転車用感情エンジン
  • 3-1-15.ドライバー状態検知システム
3-2.インテリジェントファクトリー
  • 3-2-1.製造サプライチェーンの知能化
  • 3-2-2.生産プロセスの知能化
  • 3-2-3.マスカスタマイゼーション
  • 3-2-4.移動工場によるオンデマンド製造
  • 3-2-5.設計・製造熟練者のスキル形式知化
  • 3-2-6.人間協調ロボット
  • 3-2-7.拡張現実による作業支援システム
3-3.インテリジェントマニュファクチュアリング
  • 3-3-1.製品価値最大化サービス
  • 3-3-2.予防保全ソリューション
  • 3-3-3.オペレーション最適化サービス
3-4.インテリジェントホーム
  • 3-4-1.知能化居住空間
  • 3-4-2.知能化居住空間連携生活支援サービス
  • 3-4-3.インテリジェントホーム保険
  • 3-4-4.街まるごと知能化
  • 3-4-5.ペット見守りサービス
  • 3-4-6.知能化家電
  • 3-4-7.家庭用パーソナルアシスタント
3-5.インテリジェントメディカルケア
  • 3-5-1.バイタルデータによる健康管理
  • 3-5-2.バイタルデータによる生命保険
  • 3-5-3.遺伝子情報による健康管理
  • 3-5-4.疾病の診断・治療サポート
  • 3-5-5.精神疾患の診断サポート
  • 3-5-6.仮想現実による精神疾患治療サポート
  • 3-5-7.知能化病院・治療室
  • 3-5-8.研究開発サポート
  • 3-5-9.デジタルホスピタル
  • 3-5-10.手術支援ロボット
3-6.次世代介護・福祉
  • 3-6-1.コミュニケーション型見守りロボット
  • 3-6-2.介護支援型ロボット
  • 3-6-3.自立支援型ロボット
  • 3-6-4.ロボットスーツ
  • 3-6-5.インテリジェント補聴器
  • 3-6-6.手振れ補正スプーン
  • 3-6-7.インテリジェント車いす
3-7.インテリジェントインフラストラクチャー
  • 3-7-1.インテリジェントエナジーインフラストラクチャー
  • 3-7-2.インテリジェントウォーターインフラストラクチャー
  • 3-7-3.インテリジェントグリーンインフラストラクチャー
  • 3-7-4.メンテナンスレジリエンスサービス
  • 3-7-5.セーファーシティーズ
  • 3-7-6.メンテナンス熟練者のスキル形式知化
  • 3-7-7.列車予防保全・故障予測システム
  • 3-7-8.インテリジェント交通管理システム
3-8.インテリジェントガバメント
  • 3-8-1.政策策定支援サービス
  • 3-8-2.インテリジェントeガバメント
3-9.インテリジェントファーミング
  • 3-9-1.インテリジェントプレシジョンファーミング
  • 3-9-2.生育シミュレーションに基づく営農コンサルティング
  • 3-9-3.ベテラン農家スキル伝承サービス
  • 3-9-4.気象予測サービス
  • 3-9-5.農業保険
  • 3-9-6.スマート農機
  • 3-9-7.自律型植物工場
3-10.インテリジェントロジスティクス
  • 3-10-1.自動陸運
  • 3-10-2.無人海運
  • 3-10-3.無人空運
  • 3-10-4.出荷予測サービス
  • 3-10-5.需要予測サービス
  • 3-10-6.物流ネットワーク最適化サービス
  • 3-10-7.ピッキング効率化サービス
  • 3-10-8.ドローンによる在庫棚卸し
  • 3-10-9.自律型庫内物流ロボット
3-11.インテリジェントマーケティング
  • 3-11-1.店舗における購買行動解析
  • 3-11-2.屋外における購買レコメンデーション
  • 3-11-3.店舗における接客ロボット
  • 3-11-4.eコマースにおけるサイト分析
  • 3-11-5.eコマースにおける購買レコメンデーション
  • 3-11-6.拡張現実による販売促進ソリューション
  • 3-11-7.広告物への拡張現実導入サービス
3-12.インテリジェントカスタマーサービス
  • 3-12-1.完全自動オペレーターシステム
  • 3-12-2.オペレーター回答候補支援システム
  • 3-12-3.eコマースにおける接客ボット
3-13.インテリジェントファイナンス
  • 3-13-1.完全自動トレーディング
  • 3-13-2.アナリストエージェントによる投資支援
  • 3-13-3.信用診断知的サポート
  • 3-13-4.エージェントによるファイナンシャルプラン支援
  • 3-13-5.ATM紙幣増減予測システム
  • 3-13-6.音声認証や生体認証による自動決済システム
3-14.インテリジェントセキュリティ
  • 3-14-1.テロ発生予測システム
  • 3-14-2.災害情報支援システム
  • 3-14-3.自律型軍事ロボット
  • 3-14-4.自律型レスキューロボット
  • 3-14-5.自律型極限環境ロボット
3-15.インテリジェントエデュケーション
  • 3-15-1.パーソナライズドアダプティブラーニング
  • 3-15-2.パーソナライズドカリキュラム設計支援
  • 3-15-3.パーソナライズドキャリア設計支援
  • 3-15-4.複合現実を使った企業研修支援
3-16.インテリジェントポリシング
  • 3-16-1.治安解析システム
  • 3-16-2.スマートセンシングによる不審者特定システム
  • 3-16-3.自動投稿監視システム
  • 3-16-4.サイバー攻撃自動検知システム
  • 3-16-5.情報漏洩防止システム
3-17.次世代ビジネスインテリジェンス
  • 3-17-1.フロントオフィス業務意思決定支援システム
  • 3-17-2.バックオフィス業務支援システム
  • 3-17-3.法務・財務意思決定支援
  • 3-17-4.弁護士業務支援
3-18.インテリジェントメディアエンターテインメント
  • 3-18-1.音楽プレイリストカスタマイズサービス
  • 3-18-2.音楽自動制作サービス
  • 3-18-3.ゲーム自動制作サービス
  • 3-18-4.画像自動制作サービス
  • 3-18-5.ストーリー自動制作サービス
  • 3-18-6.字幕・吹き替え自動生成サービス
  • 3-18-7.バーチャルシネマ
  • 3-18-8.バーチャルコンサート
  • 3-18-9.バーチャルスポーツ観戦サービス
  • 3-18-10.バーチャルゲームコンテンツ提供サービス
  • 3-18-11.バーチャルコンテンツ配信サービス
  • 3-18-12.バーチャルコンテンツ開発プラットフォーム
3-19.インテリジェントトラベル
  • 3-19-1.インテリジェントトラベルコンシェルジュサービス
  • 3-19-2.トラベルエージェントボット
  • 3-19-3.仮想現実による観光促進支援
  • 3-19-4.空港知能化システム
  • 3-19-5.拡張現実によるナビゲーション
  • 3-19-6.同時通訳アプリ
  • 3-19-7.自動翻訳アプリ
3-20.次世代機能開発
  • 3-20-1.新材料探索受託サービス
  • 3-20-2.材料構造解析/シミュレーションソフトウエア提供サービス

第4章既存産業への影響

  • 4-1.自動車・輸送機器産業への影響
  • 4-2.電子・電気・機械産業への影響
  • 4-3.IT・メディア・コンテンツ産業への影響
  • 4-4.医療・美容・健康産業への影響
  • 4-5.素形材・化学産業への影響
  • 4-6.衣料・インテリア・雑貨産業への影響
  • 4-7.農業・食品産業への影響
  • 4-8.インフラ・建築・エネルギー産業への影響
  • 4-9.流通・サービス産業への影響
  • 4-10.金融・保険・不動産産業への影響

第5章2024年新規産業創出に向けて求められる機能・技術

  • 5-1.自動運転
  • 5-2.インテリジェントファクトリー
  • 5-3.インテリジェントマニュファクチュアリング
  • 5-4.インテリジェントホーム
  • 5-5.インテリジェントメディカルケア
  • 5-6.次世代介護・福祉
  • 5-7.インテリジェントインフラストラクチャー
  • 5-8.インテリジェントガバメント
  • 5-9.インテリジェントファーミング
  • 5-10.インテリジェントロジスティクス
  • 5-11.インテリジェントマーケティング
  • 5-12.インテリジェントカスタマーサービス
  • 5-13.インテリジェントファイナンス
  • 5-14.インテリジェントセキュリティ
  • 5-15.インテリジェントエデュケーション
  • 5-16.インテリジェントポリシング
  • 5-17.次世代ビジネスインテリジェンス
  • 5-18.インテリジェントメディアエンターテインメント
  • 5-19.インテリジェントトラベル
  • 5-20.次世代機能開発

※目次は変更になる場合があります。

著者からのメッセージ

人工知能の技術的な進化は著しく、あらゆる産業でこれまでの常識が覆される日が近づいています。その影響を受けずにビジネスを展開することは不可能です。新たなチャンスや脅威に機敏に対応するためにも、AIの活用は避けて通れません。
では、自社の事業にAIをどう活用すればよいのか。今、最も必要とされているのが「AIビジネスクリエーター」です。企業として何に取り組むかを決められなければ、どんなにアルゴリズムや技術に詳しくてもAIは活用できません。そして、質の高い意思決定・戦略策定には「質の高い情報」が不可欠です。
本レポートは、AIによって生まれる新市場、既存産業への影響、AIによる新商品開発や業務置き換えのロードマップなど、AIの潮流を理解し、次の戦略を描くための情報を網羅しています。経営企画や新規事業開発、製品開発などの部門で「AIビジネスクリエーター」としての役割を果たす様々な立場の方に、必ずやお役立ていただける1冊と自負しております。ぜひご活用ください。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
Strategic Impact Unit Augmented Intelligence & Innovation Leader アソシエートパートナー
園田 展人

監修園田 展人

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
Strategic Impact Unit Augmented Intelligence & Innovation Leader アソシエートパートナー、早稲田大学 客員教授

キヤノン株式会社、株式会社日本総合研究所を経て、現職。
大企業に対して、「プラットフォームビジネス構想・開発」「AI/データアナリティクス戦略策定・組織設計・実行支援」「エマージング・テクノロジー起点の経営戦略ロードマップ策定」「ゲーム・チェンジング・テクノロジーの洞察を活用したR&Dテーマ創造」「オープンイノベーション型の組織設計・人材育成」「リアルテック系コーポレートベンチャーキャピタル設立・運営支援」などのサービスを手掛ける。また、政府機関に対して科学技術政策・産業政策の提言を手掛ける。
主要著書に「人工知能の未来2020-2024」「人工知能 世界のテクノロジー 企業2019」「ロボットの未来2019-2028」「モビリティの未来2019-2028」「IoTの未来2018-2027」「自動運転の未来2016-2020」「自動運転ビジネス2017」「文系でもわかる人工知能ビジネス」「世界トップ企業のAI戦略」「VR/AR/MRビジネス最前線」(全て日経BP)がある。

著者(代表)目黒 文子

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
Strategic Impact Unit Augmented Intelligence & Innovation マネージャー、早稲田大学 招聘研究員

Johns Hopkins University, School of Advanced International Studies(SAIS)修了。
グローバルに展開しているAI@EYのJapanリード。米国国防総省(DOD)・国防高等研究企画局(DARPA)のAI研究動向、AIリスクガバナンスのグローバル動向に精通している。
主要著書に「人工知能の未来2020-2024」「人工知能 世界のテクノロジー 企業2019」「ロボットの未来2019-2028」「モビリティの未来2019-2028」「IoTの未来2018-2027」「自動運転の未来2016-2020」「自動運転ビジネス2017」「文系でもわかる人工知能ビジネス」「世界トップ企業のAI戦略」「VR/AR/MRビジネス最前線」(全て日経BP)がある。

誌面サンプル読めます /

第3章 2024年におけるマーケットへの影響 新規産業の創出「インテリジェントファクトリー」
第4章 既存産業への影響 「素形材・化学産業への影響」より抜粋

「オンラインサービス」なら、
検索も図表のダウンロードもできる!

※ご利用にはオンラインサービスセットのご購入が必要です。

テキスト検索
レポート閲覧
がすぐできる

入力したキーワードと関連するテキスト情報を瞬時に検索し、一覧表示。また、目次に沿ってレポートを閲覧することもできます。

入力した検索ワードの関連キーワード
関連企業
が分かる

日経BP独自の機械学習エンジンで、入力した検索ワードに関連する「キーワード」や「企業」の検索結果を表示します。

図表の解説文を分析図表だけ
探せる

入力したキーワードと関連する図表だけをサムネイルで一覧表示。図表をクリックして、詳細情報にアクセスできます。

出典や説明文も一緒にボタン一つ
パワポに出力

検索したテキスト情報や図表などのコンテンツは、ボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。

  • ※オンラインサービスセットご購入の場合は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。
  • ※ご利用には手続きが必要です。書籍納品時に案内書を同封しますので、手続きをお願いします。弊社にて利用登録が完了しましたらメールでお知らせします(最大1週間かかる場合があります)。
    ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。
  • ※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。nbpm.jp/osiからお問い合わせください。
  • ※コンテンツご利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。
  • ※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
    例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など
  • ※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。

人工知能の未来
2020-2024

  • ■監修:園田 展人 著者(代表):目黒 文子
  • ■価格 書籍のみ:600,000円+税
       書籍+オンラインサービス:900,000円+税
  • ■2019年12月18日発行
  • ■レポート:A4判、736頁
  • ■発行:日経BP
  • レター・パンフレット(PDF)ダウンロード

オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

商品の内容や購入に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。
法人対応窓口の日経BPマーケティングにて承ります。