建築の「今」を知る、未来を見通すあなたの“建築力”を高める実務情報が満載!プロが選ぶ建築の総合情報誌 日経アーキテクチュア 建築の「今」を知る、未来を見通すあなたの“建築力”を高める実務情報が満載!プロが選ぶ建築の総合情報誌 日経アーキテクチュア

日経アーキテクチュアとは

 日経アーキテクチュアは、一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけではなく、建築界を取り巻く社会・経済動向や経営ノウハウなど、建築に関わる情報を幅広くタイムリーにお届けする総合情報誌です。

 写真や図表を豊富に使い、月2回の発行でタイムリーに最新動向をお伝えします。

 「仕事に直接、役立つ実用情報」にとどまらず、「建築の面白さ」や「建築と社会の関係」をお伝えする記事が満載です。

日経アーキテクチュアの8つの重点テーマ

建築のプロが必要とする情報を発信します。

1. 最新プロジェクト 2. 法制度 
3. 事故・災害・トラブル対策 4. 設計技術・新手法 
5. コスト管理 6. 顧客ニーズ 
7. 仕事術 
8. 業界動向・社会問題

総合情報誌である日経アーキテクチュアが役立つ理由

建築に関わる実務者の責任は年々重くなり、かつその内容は複雑さを増しています。

そうしたなかで業務を受注し、トラブルに巻き込まれずにプロジェクトを実現するには、法制度、建築技術、一般社会の関心など、まずは様々な領域の最新動向を「広く」知ったうえで、自分の得意とする領域について「深く」知っている必要があります。

複雑さを増す現在の法制度・生産体制のなかで、単に得意領域を深めるだけでは、業務開始後に思わぬトラブルに巻き込まれることが避けられません。またその領域の将来性を相対的に見定めることができません。

そうした情報は、ウェブや作品誌、ノウハウ情報誌など、単一目的のために読むメディアではなかなか得にくいものです。

日経アーキテクチュアは、建築実務者が「リスクヘッジ」のために知っておくべき情報を、厳選しお届けしています。

定期購読のお申し込み

デジタルサービスが充実したプランはこちら

編集方針

6つの視点で、建築の「いま」と「これから」を毎号、分かりやすくお伝えします。

① 年間300超のプロジェクトを掲載

超高層から戸建まで。デザイン、ディテール、構造などの情報から運用まで。話題のプロジェクトの全貌を解明します

特集イメージ
設計で日々直面する課題に解決策を提示

設計に関わる注目の話題が満載。建材のスマートな選び方、納まりから技術、コストまでを網羅しています。

法制度への対応策を実務視点で分かりやすく

相次ぐ法の施行や改正、制度変更の詳細をタイムリーにお届け。実務での素早い対応が可能になります。

特集イメージ
事故やトラブルの原因と対策がわかる

なかなか表には出てこないからこそ参考になる、雨漏りや設備トラブル、施工中の事故、訴訟までも詳報。

海外の最新建築から新たな刺激を得る
特集イメージ

注目プロジェクトや海外のデザイン・技術トレンド、海外で活躍する日本人建築家の情報も満載です。

⑥ 進化を続けるトップランナーの視点に迫る

独自の切り口で建築の「いま」を問い、「これから」を提案します。

定期購読のお申し込み

デジタルサービスが充実したプランはこちら

定期購読者の方がご利用いただける主なサービス

1. スマホで・タブレットで・パソコンで…いつでもどこでも読めるデジタルサービス

現場でタブレット!事務所でパソコン!移動中はスマホ!

雑誌記事が「WEB」で読める!

雑誌の掲載記事をすべてお読みいただけます。 HTML形式のため、専用アプリは不要。ブラウザでご覧いただけます。

※発行日の概ね1週間後からのご利用となります。

2. お得な「セミナー読者特価」

「日経アーキテクチュア」は、「教育研修」「トレンド」「技術解説」など、実務に役立つ様々なジャンルのセミナーを多数開催。定期購読者なら、お得な読者特価で受講できます。

※一部対象外のセミナーがあります。

定期購読のお申し込み

デジタルサービスが充実したプランはこちら