価格:2900円+税 発売:2020年8月6日

 本当に業務に役立つAI、すなわち「儲かるAI」の作り方を解説する本です。「儲かるAI」を作るのに欠かせない「AIの目利き」の力を、Pythonで実習しながら身に付けます。

 「儲かるAI」を作れるかどうかは、現場の業務担当者がAIの技術要素をどれだけ押さえられているかが鍵になります。「その業務の課題は本当にAIで解決できるのか」「AIのどの処理方式なら適用できそうか」「どんな学習データが必要か」といった感覚が欠かせません。

 本書ではPythonを使い、実データを使ってAIプログラムを作ります。「営業の見込み客を絞り込む」「天候などに基づいて売り上げを予測する」といった5種類の業務が対象です。こうした実業務を対象に「営業やマーケティングを劇的に変えるAIプログラム」を作ることで、AIの目利きの力を身に付けます。

 実業務を対象にAIプログラムを作ることは、データサイエンティストを目指すエンジニアにも、もちろん役立ちます。現場の業務担当者からAIエンジニアまで、必携のAI入門書といえます。

 すべての実習に対象に、Notebook形式のPythonコードを用意して<GitHub>で公開しています。具体的な業務に適用できるシステムのひな型になるものです。Pythonコードは煩雑なインストール作業なしに、クラウド(Google Colaboratory)で動かせます。

●詳細目次は<こちら>




 本書で利用するNotebookファイルなどと、訂正・補足情報については、著者のGitHubサイトで提供しています。下記のリンクにアクセスしてください。

著者のGitHubサイト