価格:1980円+税 発売:2021年7月6日

【第1章】
Linuxとは何か、何ができるのか

Linux(リナックス)というオープンソースOSを使うと、多数のアプリケーションを稼働できる実用的なコンピューティング環境を無償で構築できます。第1章では、Linuxの特徴や利用のメリット、アプリケーションの入手方法、周辺機器の対応状況などを解説します。また、本書で取り扱うUbuntu(ウブントゥ)というLinuxディストリビューションの概要についても紹介します。

【第2章】
Ubuntuをインストールして使ってみよう

第2章では、「Ubuntu 20.04 LTS」というUbuntuの長期サポート版の最新版をインストールする方法と、基本的な使い方、標準アプリの利用方法を紹介します。初めてUbuntuを使う人にも分かりやすいように、Ubuntuの画面を多数掲載しています。古い長期サポート版の「Ubuntu 18.04 LTS」と比べた場合の新旧デスクトップの違いや、Ubuntu 20.04 LTSの変更点についても詳しく解説します。

【第3章】
Linux遊び方大全88

第3章では、楽しく遊びながらLinuxパソコンを使いこなせるように、全部で「88」の遊び方を紹介します。「AI」や「ゲーム」「Python」といった注目のジャンルから、「ハードウエア」「コマンド」「サーバー」といった定番のジャンルまで、幅広い遊び方を取りそろえています。気になったジャンルから試してみてください。

【第4章】
お宝Ubuntuアプリ100

Ubuntuでフリーソフトを探したり、インストールしたりするのに便利なのが、標準でインストールされる「Ubuntu Software」というアプリケーション管理ツールです。このツールを使ってインストールできるアプリケーションの数は約7000個。第4章では、その中から便利な「お宝Ubuntuアプリ」を100個厳選して、カテゴリー別に紹介します。

【第5章】
WindowsのアプリをLinuxで使う

第5章では、WindowsのアプリをLinuxでも使う方法を紹介します。Part1では、Linux版も提供されているWindowsの人気ソフトについて紹介します。Part2では、Linux上にWindowsアプリの実行環境を作るソフト「Wine」の導入方法や利用方法を解説します。Part3では、バックグラウンドでWindowsリモートデスクトップ環境を動かして、その上でWindowsアプリを動作させる「WinApps」を使う方法を紹介します。

【巻末付録】
最初に覚えておきたいUbuntuコマンド39

【コラム】
■コマンドの使い方を表示する「man」コマンド
■コマンド入力に便利なシェルの機能
■リモート操作に便利な「SSH」

【付録DVD】
「インストール不要!Ubuntu 20.04.1 LTSスグ使えるDVD」

●詳細目次は<こちら>

●読者限定サイトと訂正・補足は<こちら>






2021年7月9日の訂正
巻末付録 最初に覚えておきたいUbuntuコマンド39(p.166~p.169)

 p.169で解説しているコマンド「rmdir」の「実行例2」は、説明とは異なり実際にはフォルダーやファイルが削除されません。この目的には、p.168で解説しているコマンド「rm」の「実行例2」で紹介した方法を利用してください。

 なお「--ignore-fail-on-non-empty」オプションは、削除対象に指定したフォルダーが空でないときに表示されるエラーを、非表示とするためのオプションです。

お詫びして訂正いたします。

訂正・補足情報は随時更新致します。