価格:1426円+税 発売:2016年12月13日

最新のLinuxを付録DVDに収録!
簡単にパソコンを再活用できます。

 パソコンの買い替えやWindows XPのサポート切れなどで、古いパソコンが余っていないでしょうか。本書では、そうしたパソコンにインストールして再活用できる「Linux(リナックス)」という基本ソフト(OS)の使い方を基礎の基礎から紹介します。

 最初に「Linuxとは何か?」というところをしっかり学んでから、具体的な使い方を一つずつ見ていきます。Windowsユーザーがつまずきやすいポイントもしっかり説明しているので、初心者でも心配無用。Linuxで使えるオフィスソフト「LibreOffice」をはじめ、役立つフリーソフトを数多く紹介します。USBメモリーやキーボード、マウスの活用テクニックも取り上げます。

 付録DVD-ROMには、2016年10月に登場した人気のLinux「Ubuntu 16.10 日本語 Remix」を収録。DVDドライブを搭載したパソコンなら、簡単にLinuxを試したりインストールしたりできます。





Ubuntu 16.10で、起動時に日本語を入力できない不具合について

 Ubuntu 16.10では、一部のパソコンで日本語入力ソフトが起動しないことがあります。この現象はUbuntu 16.10のバグによるもので、2017年2月の時点では完全には直っていないようです。

 Ubuntuを最新の状態にアップデートした後でも改善されないときは、インプットメソッドの「Fcitx」を手作業で起動して回避してください。画面左上のDashボタンを押し、「fcitx」と入力するとペンギンのアイコンが二つ出てきます()。このうち、「Fcitx」をクリックすると、画面右上のインジケーター(情報表示欄)に、キーボードのアイコン、または日本語変換ソフトのマーク(あ)が表示されるはずです。

図 DashでFcitxを起動する
[画像のクリックで拡大表示]